« 祭壇に児童ら84人の写真 宮城・石巻で四十九日供養(28日) | トップページ | ネット違法情報、情報提供数が過去最多(28日) »

2011年4月28日 (木)

犯罪性不明の遺体、遺族承諾なしに解剖を提言(28日)

 警察庁の有識者研究会は28日、司法解剖や行政解剖の対象外になっている犯罪死かどうか不明の遺体を、遺族の承諾なしに、例外なく解剖できる新制度の創設を提言した。

 犯罪死を病死や事故死と見誤ることを防ぐためで、都道府県ごとに国の解剖専門機関を設置して対応するとしている。同庁は近く、新制度導入のための法整備に向け、厚生労働省と協議を始める。

 全国の警察が昨年扱った遺体は17万1025体(交通事故を除く)。犯罪に巻き込まれた疑いが濃厚な遺体は司法解剖されるが、それ以外は、死因が特定できなくても解剖の対象外だった。伝染病や中毒死などを公衆衛生上の観点で調べる行政解剖と合わせても、解剖率は、19・3%に上るドイツなど、欧米主要国よりも低い11・2%にとどまる。

 

« 祭壇に児童ら84人の写真 宮城・石巻で四十九日供養(28日) | トップページ | ネット違法情報、情報提供数が過去最多(28日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/51515591

この記事へのトラックバック一覧です: 犯罪性不明の遺体、遺族承諾なしに解剖を提言(28日):

« 祭壇に児童ら84人の写真 宮城・石巻で四十九日供養(28日) | トップページ | ネット違法情報、情報提供数が過去最多(28日) »