« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 福島からの避難者への心ない行動が人権侵害につながりかねないと法務省が緊急メッセージ(22日) »

2011年4月22日 (金)

殺人罪の被告を保釈決定、仙台高裁が取り消し(22日)

 東京都中野区で1999年、男性(当時31歳)が殺害された事件で殺人罪に問われ、東日本大震災により裁判員裁判の審理が中断した当時19歳の男性被告(32)の保釈を仙台地裁が決定した問題で、仙台高裁(飯渕進裁判長)は22日、地裁の決定を取り消し、保釈請求を却下した。

 震災で公判が無期限延期となったことなどから、被告の弁護士が18日、「拘置が不当に長期に及び、証拠調べがほぼ終了しており、証拠隠滅の恐れがない」などと保釈を申請し、地裁が20日に保釈を認めた。

 一方、仙台地検は「証拠隠滅の恐れは残り、逃亡の恐れも高い。拘置が不当に長期に及んでいるとは言えない」などとして20日に抗告した。

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 福島からの避難者への心ない行動が人権侵害につながりかねないと法務省が緊急メッセージ(22日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/51465884

この記事へのトラックバック一覧です: 殺人罪の被告を保釈決定、仙台高裁が取り消し(22日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 福島からの避難者への心ない行動が人権侵害につながりかねないと法務省が緊急メッセージ(22日) »