カテゴリー

« 釈放の中国人船長「起訴相当」 尖閣衝突事件(19日) | トップページ | つくば市、福島からの転入者に放射能検査要求(19日) »

2011年4月19日 (火)

クレーン車運転手「居眠りしていた」死者6人に(19日)

栃木県鹿沼市樅山町の国道293号で18日朝、集団登校中の同市立北押原小学校の児童の列に12トンクレーン車が突っ込み、児童5人が死亡した事故で、重傷だった同市上殿町、6年生の熊野愛斗君(11)が収容先の病院で午後、死亡した。

 死因は外傷性ショック。この事故による死者は計6人となった。

 捜査関係者によると、鹿沼署に自動車運転過失傷害の疑いで逮捕された同県日光市大沢町、運転手柴田将人容疑者(26)は「居眠りをしていた」と供述。「ドンと何かにぶつかったのは覚えているが、人をはねたかは覚えていない」とも話しているという。柴田容疑者は、午前7時40分に勤務先の建設会社を出て600メートルほど走ったところだった。学校まで200メートルだった。

 

« 釈放の中国人船長「起訴相当」 尖閣衝突事件(19日) | トップページ | つくば市、福島からの転入者に放射能検査要求(19日) »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クレーン車運転手「居眠りしていた」死者6人に(19日):

« 釈放の中国人船長「起訴相当」 尖閣衝突事件(19日) | トップページ | つくば市、福島からの転入者に放射能検査要求(19日) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ