« 余震、M8級にも警戒必要 地下の力のかかり方に変化(12日) | トップページ | 立教大生殺害事件から15年 (12日) »

2011年4月12日 (火)

闇サイト殺人:12日に控訴審判決…名古屋高裁(12日)

名古屋市千種区の派遣社員、磯谷利恵さん(当時31歳)が07年8月、闇サイトで集まった男3人に殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われた堀慶末(よしとも)(35)と川岸健治(44)両被告の控訴審判決が12日、名古屋高裁で言い渡される。1審名古屋地裁判決(09年3月)で1人だけ無期懲役とされた川岸被告の自首の評価が最大の焦点。

 磯谷さん殺害への関与の度合いについて、1審判決は両被告と死刑が確定した神田司死刑囚(40)を同等と認定。一方で川岸被告の自首を「事件解決に寄与した度合いは相当程度高い」と評価し、死刑を言い渡した他の2人と量刑に差を付けた。これに対し検察側は「自己保身のためで、過大評価すべきではない」と主張している。

 また控訴審では弁護側が両被告の心理鑑定結果を証拠請求し、堀被告について「同調する傾向や受動的な態度が強い」、川岸被告について「軽度の知的障害がある」と指摘。両被告の関与は神田死刑囚と比べて従属的だとし、堀被告には無期懲役、川岸被告には自首の評価を加えて有期刑を求めている。検察側は事件の残虐性を強調し、控訴審でも両被告に死刑を求めている。【式守克史】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110412k0000m040167000c.html

 

« 余震、M8級にも警戒必要 地下の力のかかり方に変化(12日) | トップページ | 立教大生殺害事件から15年 (12日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 闇サイト殺人:12日に控訴審判決…名古屋高裁(12日):

« 余震、M8級にも警戒必要 地下の力のかかり方に変化(12日) | トップページ | 立教大生殺害事件から15年 (12日) »