« 放射線量測定の研修会に参加 青森県職員が盗撮か(16日) | トップページ | 義援金入った募金箱の盗難約20件 東京(16日) »

2011年4月16日 (土)

ボートをミニバイク牽引疑いで捜査 民主党長島議員、道交法細則違反か(16日)

民主党の長島一由衆院議員(神奈川4区)が震災後の公務の合間、趣味のボートを海に浮かべるため、ミニバイクで牽引(けんいん)した問題で、神奈川県警が道路交通法の施行細則違反の疑いで捜査していることが15日、捜査関係者の話で分かった。ボートを運ぶトレーラーを、脆弱(ぜいじゃく)なロープ状のもので牽引したことが同細則に抵触する恐れがあり、近く処分の可否を判断する。

 関係者や地元住民によると、長島氏は4月2日と4日、同県逗子市の自宅から葉山町の海岸までの約600メートルを、排気量50cc以下のミニバイクを使って、船外機付きの2人乗りボートを牽引した。

 県公安委員会が定める道交法施行細則では、牽引するための装置のない車両での牽引や、交通量の多い道路での牽引を禁じている。違反者には2万円以下の罰金か、反則金3千円(違反点数1点)が科される。

 住民らが撮影した写真や証言によると、長島氏は牽引装置のないミニバイクの後部にロープ状のものでボートトレーラーをくくりつけて牽引。これが同細則に抵触する恐れがある。また、長島氏が牽引した道路は路線バスの走る県道で、普段は交通量も多いことから、牽引時の混雑状況などを慎重に調べている。

 長島氏は牽引について、産経新聞の取材に「ミニバイクでリヤカーを牽引することは認められている」「(同細則に)抵触はしていない」などと回答。自らのブログにも同様の記載をした。こうした国会議員としての発言が、専用装置のない車両での牽引の横行を招く恐れがあるほか、ボートトレーラーの製造メーカーからもクレームが出ていたことから、事態の収拾に向け捜査に乗り出したとみられる。

 長島氏は震災で党の福島県対策室の副責任者を務めているが、海岸で修理のためのボートいじりをしているのを住民に見つかり、「緊急時になぜ」などと批判を浴びていた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110416/crm11041602000001-n1.htm

 

« 放射線量測定の研修会に参加 青森県職員が盗撮か(16日) | トップページ | 義援金入った募金箱の盗難約20件 東京(16日) »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボートをミニバイク牽引疑いで捜査 民主党長島議員、道交法細則違反か(16日):

« 放射線量測定の研修会に参加 青森県職員が盗撮か(16日) | トップページ | 義援金入った募金箱の盗難約20件 東京(16日) »