« 原発10キロ圏内で初の捜索活動 10人の遺体発見(14日) | トップページ | 福島から避難の子供「放射線うつる」といじめか(14日) »

2011年4月14日 (木)

被災地訪問の両陛下、被災者をお見舞い(14日)

天皇、皇后両陛下が14日、東日本大震災の被災地を初めて訪問された。

 大型連休前後には、岩手、宮城、福島の3県も見舞われる予定だ。

 この日の訪問先となった千葉県旭市は、当時震度5強の揺れと津波に襲われた。避難所で、天皇陛下は「津波はどうでしたか」「家は」と一人一人に丁寧に尋ねられた。避難所の公民館で陛下に声をかけられた遠山英夫さん(69)は「最初の被災地として来ていただき感謝している」と話した。

 飯岡保健センターに避難している小野芳子さん(74)は、長男正和さん(36)と共に津波にのみ込まれたが、2人とも救助された。「皇后さまに『よく頑張りましたね』と優しく言っていただき、感激した」と笑顔をみせた。

 

« 原発10キロ圏内で初の捜索活動 10人の遺体発見(14日) | トップページ | 福島から避難の子供「放射線うつる」といじめか(14日) »

皇室関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/51388706

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地訪問の両陛下、被災者をお見舞い(14日):

« 原発10キロ圏内で初の捜索活動 10人の遺体発見(14日) | トップページ | 福島から避難の子供「放射線うつる」といじめか(14日) »