« パトカーが追跡の車、壁に衝突し2人死亡 静岡・御前崎(11日) | トップページ | 夫が自宅に一時立てこもり…子ども3人保護(11日) »

2011年4月11日 (月)

避難所の不衛生、寒さ…震災関連死疑い282人(11日)

東日本大震災が発生し、11日で1か月。

 避難所の寒さや衛生状態の悪さから持病が悪化するなどして亡くなる「震災関連死」の疑い例が、岩手、宮城、福島3県で少なくとも282人に上ることが、読売新聞の災害拠点病院などのアンケート調査でわかった。被害が甚大だった岩手沿岸の病院では未回答のところも多く、人数がさらに膨らむのは必至だ。避難所の劣悪な状況はあまり改善されておらず、専門家は「関連死が拡大する速度は、阪神大震災や中越地震の時と比較にならない」と警告している。

 調査は、災害拠点病院と主な2次救急指定病院の計113病院に、3月末までに被災した影響で持病悪化や新たな発症で亡くなった患者数を聞いた。56病院から回答があり、3県24病院が該当ケースがあるとしている。282人の内訳は、宮城214人、福島63人、岩手5人。大半が高齢者とみられる。

 

« パトカーが追跡の車、壁に衝突し2人死亡 静岡・御前崎(11日) | トップページ | 夫が自宅に一時立てこもり…子ども3人保護(11日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 避難所の不衛生、寒さ…震災関連死疑い282人(11日):

« パトカーが追跡の車、壁に衝突し2人死亡 静岡・御前崎(11日) | トップページ | 夫が自宅に一時立てこもり…子ども3人保護(11日) »