カテゴリー

« 救援活動に参加、50歳代の男性陸曹長が死亡(2日) | トップページ | 八百長問題:「灰色」10人見送り 土俵に残る疑惑(2日) »

2011年4月 2日 (土)

海上漂う屋根の上に犬 捜索中の海保が救助 気仙沼沖(2日)

【東日本大震災】

 1日午後4時ごろ、宮城県気仙沼市本吉町の沖合約1・8キロの海上で、漂流していた屋根の上に犬がいるのを、第3管区海上保安本部(横浜)所属の特殊救難隊が見つけ、約1時間後に救出した。

 地元の第2管区海上保安本部(宮城県塩釜市)によると、同救難隊は東日本大震災の行方不明者を捜索するため海上をヘリコプターで飛行中に犬を発見。ヘリコプターから助けようとしたが、犬は海上にあった木材などに飛び移って逃げた。

関連記事

記事本文の続き 隊員3人が救助艇で再度近寄り、最後は救助用の担架に乗ったところを助け出した。

 犬は黒っぽい首輪をつけていたが、飼い主の住所などは書かれていない。海保の巡視船の中でビスケットやソーセージを食べ、おとなしくしているという。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 救援活動に参加、50歳代の男性陸曹長が死亡(2日) | トップページ | 八百長問題:「灰色」10人見送り 土俵に残る疑惑(2日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海上漂う屋根の上に犬 捜索中の海保が救助 気仙沼沖(2日):

« 救援活動に参加、50歳代の男性陸曹長が死亡(2日) | トップページ | 八百長問題:「灰色」10人見送り 土俵に残る疑惑(2日) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ