« 2011年4月25日 | トップページ | 2011年4月27日 »

2011年4月26日

2011年4月26日 (火)

金融商品取引法違反:容疑で「井上工業」関係先を家宅捜索(26日)

東証2部に上場していた建設会社「井上工業」(群馬県高崎市、破産手続き中)が行った増資で、引受先になった投資ファンドなどが関東財務局への報告を怠っていたとして、警視庁組織犯罪対策3課と証券取引等監視委員会は26日、井上工業の関係先計約30カ所を金融商品取引法違反容疑で捜索した。

 捜査関係者によると、井上工業は08年9月、約18億円の増資を実施。その際、投資ファンドなどの井上工業株の保有割合が5%を上回ったにもかかわらず、関東財務局に報告書を提出しなかった疑いが持たれている。同法は同一株の保有割合が5%を超えた場合の報告を義務づけている。

 関係者は「18億円のうち15億円は井上工業が用意した自己資金で架空増資の疑いがある」と指摘している。

 組対3課は09年7月にも同社の関係先を特別背任容疑で捜索するなど、資金の流れを捜査している。

Msn_s1_7 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110427k0000m040106000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

弟に拳銃や刀突きつけ、1080万円脅し取る(26日)

兵庫県警飾磨署は25日、弟に拳銃を突きつけて約1080万円を脅し取ったなどとして、姫路市広畑区城山町、無職山本泰治被告(45)を銃刀法違反(所持)と恐喝の両容疑で逮捕し、送検したと発表した。

 山本被告はこの日、銃刀法違反の罪で地検姫路支部に起訴された。恐喝容疑については、脅し取った金をもう1人の弟(40)に譲っているため、すでに脅迫罪で起訴されており、山本被告は「弟に対して不満があった」と容疑を認めている。

 発表によると、山本被告は昨年12月12日、父親の法事で兄弟3人が同市的形町の実家に集まった際、弟(42)に拳銃や日本刀(刃渡り42・6センチ)を突きつけ、空き家になっている実家の維持管理費を要求。次の法事が催された今年2月11日に約1080万円を脅し取るなどした疑い。弟が同12日に同署に相談したことから発覚した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「転換社債を買えばもうかる」詐欺グループを摘発 警視庁(26日)

「転換社債を買えばもうかる」と嘘のもうけ話をもちかけて、女性から現金計50万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課などは26日、詐欺の疑いで、東京都板橋区南町の自称・私書箱経営、大沢勝容疑者(42)ら4人を逮捕した。同課によると大沢容疑者は容疑を否認しているという。

 同課によると、女性が振り込んだ口座には計148人から、約3億6千万円の振り込みがあるといい、同様の手口による被害とみられる。

 逮捕容疑は2月上旬、群馬県高崎市の無職女性(75)方に証券会社関連のリサーチ会社社員を名乗って電話をかけ、「日比谷産業という会社がもうすぐ上場する。上場前に転換社債を買えば上場後に利益が出る」と嘘をついて、女性から現金50万円をだまし取ったとしている。

 同課によると、大沢容疑者らは女性に「2月25日の新聞で上場したという記事が出る」と話して信用させたが、実際には掲載されなかったことから女性がだまされたことに気づき、4月に大塚署に被害届を提出したという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110426/crm11042620050014-n1.htm

Msn_s1_6

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ナイジェリア人ら2人を偽造カード詐欺容疑で逮捕 愛知県警(26日)

愛知県警は26日、詐欺などの疑いで同県あま市上萱津、ナイジェリア人の無職、ケメ・ヘンリー・チジオケ容疑者(37)と、名古屋市中区新栄、店員、勝村知子容疑者(36)を逮捕した。

 2人の逮捕容疑は2月中旬ごろ、名古屋市の家電量販店で偽造カードを使い、ノートパソコン1台(約9万円)をだまし取った疑い。県警によると、チジオケ容疑者は「記憶にない」と否認。勝村容疑者は認めている。

 県警によると、県内では昨年9月~今年2月に計20件、約700万円の同様の被害があり、関連を調べる。2人の関係先から外国人名義の偽造カード7枚を押収した。だまし取ったパソコンはリサイクルショップに売ったという。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110426/crm11042620080015-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(26、27日単位・レベル)

「中の下」のニュース価値

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201104261018000

警視庁公安部外事3課が管理している国際テロ対策に関する内部資料が流出した事件は、26日で発生から半年を迎えるが、流出元の特定に向けた捜査は難航していると読売新聞電子版が報道した。

 同電子版によると流出した資料は、外事3課の三つの係が管理していたもので、多くが作成途中だったことが新たに判明したものの、流出ルートについては、特殊なソフトが使われていたため、特定を断念したというのだ=以上読売新聞電子版。

 実は、この内部資料だが、これまでの報道によると捜査協力者の名前が記されているなどから、重要極秘資料のように報道されていた。

 しかし、この捜査協力者なる者は、捜査員が聞き込みでたった1回ぐらい接触した参考人程度で、いわゆる、〝情報屋〟という協力者とは別で、国際的に信用を失うような重要な人物ではなかった。

 さらに、誤字・脱字が多く、警視庁保管の機密資料がそのまま流失したとは思えず、報道にもあるが、模写している途中だったことも考えられる。

 ある関係者は「情報といっても重要度から言えば『中の下』か『下の上』程度のもの。重要情報は別のところにあるんですよ。」と漏らしていた。漏洩者はそれを知ってか、知らずか……日本の平和のためには、大騒ぎはしないほうがよいのでは?

 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 家庭や家族に起因する事件簿http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

 写真は 満開のシャクナゲ=東京都・武蔵野市

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

息子装い電話、現金詐取未遂の暴力団員逮捕(26日)

 「小切手の入ったカバンを落としたので、金を用意してほしい」などとウソを言い、高齢者から金をだまし取ろうとしたとして、暴力団組員の男が逮捕された。

 警視庁によると、逮捕された指定暴力団・稲川会系の暴力団組員・古市悟容疑者(41)は22日、東京・多摩市に住む男性(71)に息子を装って電話をかけ、「小切手の入ったカバンを落としたので金を用意してほしい」などとウソを言い、現金200万円をだまし取ろうとした疑いが持たれている。古市容疑者は現金を受け取りに行った際、警戒していた警察官に詐欺未遂で現行犯逮捕されたという。

 警視庁の調べに対し、古市容疑者は容疑を否認している。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2011/04/26/07181677.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

わいせつ容疑:医療行為装い女性患者に 東京の院長逮捕(26日)

診察と称して女性患者にわいせつ行為をしたとして、警視庁捜査1課と大崎署が、東京都品川区の「中川メンタルクリニック」院長、中川茂昭容疑者を強制わいせつ容疑で25日に逮捕していたことが捜査関係者への取材で分かった。中川容疑者は「医療行為だった」などと容疑を否認しているという。

 捜査関係者によると、逮捕容疑は2月、同クリニックの診察室で、医療行為を装って20代の女性患者の全身を触るなどしたとしている。女性が大崎署に告訴していた。【内橋寿明】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110426k0000e040083000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

堀江貴文被告の上告棄却…懲役2年6月確定(26日)

ライブドア(現LDH)事件で、証券取引法(現・金融商品取引法)違反(有価証券報告書の虚偽記載、偽計・風説の流布)罪に問われた元社長、堀江貴文被告(38)の上告審で、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は堀江被告側の上告を棄却する決定をした。懲役2年6月とした1、2審判決が確定し、近く収監される見通し。決定は25日付。

関連記事

記事本文の続き 堀江被告は一貫して無罪を主張。弁護側は上告趣意書で「誤った会計処理方法との認識はなかった。2審判決には重大な事実誤認があり、実刑も重すぎる」などと指摘したが、同小法廷は5人の裁判官全員一致の意見で、「上告理由にあたらない」と退けた。

 堀江被告は異議申し立てができるが、これまでに変更された例はない。

 1、2審判決によると、堀江被告はライブドアの平成16年9月期連結決算で、自株売却益や架空利益を不正に計上し、約53億円を粉飾。同年10~11月、関連会社が買収する出版社の価値を過大に評価し、関連会社の虚偽の業績を発表した。

 1審東京地裁は19年3月、部下だった元取締役らの証言の信用性を認め、「一般投資家を欺き、企業利益のみを追求した犯罪で、まったく反省もしていない」などと実刑判決を言い渡した。2審東京高裁も20年7月、「成長を装った粉飾は、高額でなくても犯行結果が大きいと評価した1審判決は是認できる」と指摘し、控訴を棄却した。

 18年の東京地検特捜部によるライブドア事件の捜査では堀江被告ら計7人が起訴され、元取締役ら5人の有罪が確定している。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元交際相手怖くて…4階から女性飛び降り、重傷(26日)

26日午前5時45分頃、愛知県岩倉市東新町の岩倉団地で、「女性が4階から落ちた」と119番があった。

 同市消防本部の救急隊が駆けつけると、敷地内に女性が倒れており、病院に搬送したが頭や骨盤の骨折などの大けが。

 県警の発表によると、女性は団地の4階に住む20歳代のブラジル人で、一時、意識がなかったが、その後、回復した。「元交際相手の男が勝手に部屋に入って来て、怖くなったのでベランダから飛び降りた」と説明しているという。

 県警は、一緒にいたブラジル人の男で同県豊田市大清水町、職業不詳ダ・ロッシャ・リベイロ・イザイアス容疑者(48)が刃物を持っていたため、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕して事情を聞いている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

義援金窃盗「水島支所募金箱も」 容疑の男が供述(26日)

倉敷市のファストフード店で東日本大震災の募金箱を盗んだとして窃盗容疑で逮捕された同市福田町古新田、無職谷道守容疑者(24)が、3月に市水島支所(同市水島北幸町)であった募金箱の盗難について「自分がやった」と供述していることが25日、県警への取材で分かった。

 県警によると、谷道容疑者は同店系列店で数件発生している募金箱盗難への関与も一部認めており、慎重に裏付けを進めている。

 同支所1階玄関近くに設置されていた募金箱は段ボール製で、3月23日午前に盗まれた。1万円程度が入っていたとみられる。

 谷道容疑者は翌24日、同店カウンターにあった現金約1万円入りのプラスチック製募金箱を、持参したバッグに隠して持ち出したとして、窃盗容疑で逮捕された。

2010_0123_11120247newslogo1_2

http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2011042521474730/

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

さばきやすく高く売れる…カーナビ窃盗190件(26日)

 京都府警捜査3課と西京署などは25日、駐車中の車からカーナビゲーション(カーナビ)などを盗んだとして窃盗容疑などで逮捕した住所不定、無職鶴見順被告(34)(公判中)ら2人が、一昨年10月からの1年間に京都など3府県でカーナビ盗190件を含む227件(被害総額約2100万円)の犯行を自供、全件を裏付け、うち11件(被害額計約120万円)を立件して捜査を終結したと発表した。

 多くは、運転席などの小さな三角窓を割って解錠して盗み出しており、府内では昨年、この手口での被害が急増していた。

 他の逮捕者は、京都市伏見区の無職男(37)(執行猶予付き有罪判決が確定)。発表では、2人は共謀して一昨年10月~昨年9月、3府県の月決めや店舗の駐車場で、車からカーナビなどを盗んだ疑い。190件の内訳は、京都171件、滋賀10件、大阪9件だった。

 府警は、犯行現場の目撃情報などから2人を割り出し、昨年9月下旬に逮捕。2人は、京都や大阪のリサイクルショップに1台3万~5万円で転売、鶴見被告は調べに「カーナビはさばきやすく、高く売れる。覚醒剤を買いたかった」などと供述。鶴見被告は覚醒剤取締法違反(使用)でも起訴された。共犯の男は、鶴見被告から金をもらって手伝っていたという。

 府内では、昨年1~9月にカーナビ盗被害が約1600件発生、前年同期の3倍に急増したが、2人の逮捕後は減少傾向に転じ、今年は3月末までに167件で前年同期より6割減。府警は、発生の動向から、2人と関連するグループがいる可能性もあるとみている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁公安内部資料、流出ルート特定を断念(26日)

国際テロ対策に関する警視庁公安部の内部資料流出事件は、26日で発生から半年を迎えるが、流出元の特定に向けた捜査は難航している。

 流出した資料は、外事3課の三つの係が管理していたもので、多くが作成途中だったことが新たに判明したものの、流出ルートについては、特殊なソフトが使われていたため、特定を断念した。同庁捜査員や警察庁職員ら約400人からも事情を聞いたが、有力な情報は得られていないという。

 捜査関係者によると、流出した資料を作成・保管していたのは、外事3課の六つある係のうち、課員の配置などを担当する係と、イスラム系外国人の動向などを調査する二つの係。現在保管されている資料は「Families」となっている英語のスペルが、流出資料では「Familys」と誤って記されているなどの誤字、脱字が見つかっているほか、他の警察本部などに提供する際に入れる識別番号もないことなどから、警視庁は、多くが、正式文書になる前の段階の資料だったと判断した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽の性的不能治療薬、飲んだ男性が一時意識障害(26日)

奈良県は26日、同県内の40歳代の男性が昨年6月、性的不能治療薬「シアリス」の模造薬を飲んで一時的に意識障害を起こし、救急搬送されたと発表した。

 男性は回復したが、模造薬には正規品と比べて10~2・5倍にあたる有効成分50ミリ・グラムを含むという表示があったという。厚生労働省によると、偽シアリスの健康被害の確認は初めてといい、注意を呼びかけている。

 県によると、男性は模造薬をインターネットで購入。服用の数時間後にけいれんなどを起こし、搬送先の県立医大病院(奈良県橿原市)で脳の静脈に血栓が確認されたという。

 シアリスは国内では日本イーライリリーが製造販売し、日本新薬が発売。日本新薬広報部は「偽物は血圧降下など予期せぬ健康被害が出る恐れがあり、注意してほしい」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

毒リンゴ漫画、掲載の米紙がおわび 「日本人傷つけた」(26日)

国際英字紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューンは25日付紙面で、日本の原発事故を揶揄(やゆ)した21日付掲載の一こま漫画について、「日本人と多くの人々を傷つけた。適切な判断を怠り、遺憾に思う」とするおわび記事を掲載した。

 漫画は「放射能の日本」の見出しがついた新聞を手にした白雪姫が、毒リンゴを差し出す魔女風の女性に「日本から来たの?」と問いかける絵柄。在ニューヨーク総領事館が同紙を傘下に持つニューヨーク・タイムズ社に「日本の食品に根拠のない不安をあおりかねない」と抗議していた。(ニューヨーク=田中光)

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

サイレン鳴らし緊急走行中のパトカーと軽自動車が衝突 運転の19歳女性けが (26日)

26日午前5時20分ごろ、福岡県久留米市櫛原町の市道交差点で、久留米署のパトカーが佐賀県の女性会社員(19)の軽乗用車と出合い頭に衝突した。女性は打撲で軽傷。パトカーを運転していた同署警備課の男性巡査(24)にけがはなかった。

 久留米署によると、パトカーは信号無視で逃走中のミニバイクを追跡するため、赤色灯をつけ、サイレンを鳴らして緊急走行。赤信号の交差点を直進しようとした際、左から進入してきた軽乗用車の側面に衝突した。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110426/dst11042608590010-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

衣服で身元特定を、遺族判明まで洗濯し保管 宮城(26日)

宮城県警は26日、身元不明の犠牲者が着ていた泥だらけの衣服を洗濯している様子を公開する。衣服は身元特定の手掛かりにするとともに、遺族が判明するまで、遺品として保管している。

 作業は同県登米市の小学校跡地で22日から行っており、県内の各遺体安置所から預かった約千人分の衣服を洗濯機8台で洗っている。

 県警によると、22日時点で県内の死者8584人のうち、1265人の身元が不明。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110426/dst11042611000014-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

募金箱盗んだ後に「悪いと思って募金した」窃盗容疑で少年2人逮捕(26日)

コンビニに置かれた東日本大震災被災者のための募金箱を盗んだとして、警視庁少年事件課は26日までに窃盗の疑いで、東京都昭島市の都立高校1年の少年(15)と私立高校1年の少年(15)の2人を逮捕した。2人は「すいません。悪いと思って犯行後、何回か募金した」などと供述している。

 逮捕容疑は3月29日午後10時15分ごろ、同市緑町のコンビニエンスストア「ミニストップ昭島緑町3丁目店」で、レジカウンターに置かれていた約1万5000円入りの募金箱を盗んだとしている。

 同課によると、私立高校生の少年が男性アルバイト店員にホットドッグを注文して気をひいている間に、都立高校生の少年が募金箱を盗んだ。盗んだカネは近くの公園で山分けしたという。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110426/crm11042611200004-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

NHK朝ドラなどに出演の俳優、田中実さんが自宅マンションで首つり自殺か(26日)

Crm11042611420005s11

俳優の田中実さん(44)が25日午後、自宅マンションで首をつって死亡していたことが26日、警視庁池上署などへの取材で分かった。同署は自殺の可能性が高いとみて調べている。

 同署などによると、25日午後3時すぎ、東京都大田区下丸子の自宅マンションで家族が見つけ、119番した。病院に運ばれたが、死亡が確認された。

 田中さんはNHK連続テレビ小説「凛凛と」に主演するなど、多くのドラマや映画に出演した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110426/crm11042611420005-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官らに精神的ケア 捜索などのストレス懸念(26日)

東日本大震災で捜索活動などに当たっている警察官らが、凄惨な現場で精神的ショック(惨事ストレス)を受けた恐れがあるとして、警察庁が来月から対策に乗り出すことが26日、分かった。同庁による職員への惨事ストレスケアは初めて。

 警察庁によると、ケアの対象は岩手、宮城、福島の3県警の全ての警察官・警察職員の計約1万500人。問診票を配り、震災対応後の心身の状態についての調査を進めている。惨事ストレスが強い場合、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症する恐れもある。ストレスが強いとみられる職員には来月、委託先の民間機関から臨床心理士らのチームを派遣し、面談を行う。

 3県警では捜索活動や検視、被災者対応に当たった職員などから「眠れない」といった心身の不調を訴える声があり、警察庁に対策の要望が寄せられていた。

 同庁給与厚生課は「職員自身も被災者というケースもあり、早めに手を打つ必要がある」と説明。また被災地へは、他の都道府県警からも警察官らが派遣されており、同庁はケアの対象を広げるかどうかも含め、対策のあり方を検討していく。

 惨事ストレスは、国内では阪神大震災の起きた1995年ごろから注目され、総務省消防庁が2003年、消防士をケアする専門家チームを設置した。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011042601000021.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひき逃げ容疑、23歳会社員逮捕 (26日)

24日、茨城県下妻市で68歳の女性がひきにげされ死亡した事件で、警察は26日未明、出頭してきた23歳の会社員の男を逮捕しました。

 ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、茨城県八千代町に住む会社員・田宮俊和容疑者(23)です。

 警察の調べによりますと田宮容疑者は24日午前1時ごろ、下妻市長塚の路上で運転していた軽乗用車で自転車に乗っていた無職の吉川昌子さん(68)をひき逃げして死亡させた疑いが持たれています。

 田宮容疑者は25日、母親に連れ添われて警察署に出頭してきたということで、警察は容疑が固まったとして26日未明に逮捕しました。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4709823.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

公園駐車場で車両火災、1人の遺体 (26日)

 25日夜、栃木県那須町の公園の駐車場で車が燃える火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。警察は、事件と事故の両面から調べを進めています。

 25日午後8時ごろ、那須町大島にある余笹川砂防公園の駐車場で、近くを通りかかった女性から「車が燃えている」と110番通報がありました。

 消防が駆けつけ、火はおよそ30分ほどで消し止められましたが、焼けた車の中から1人の遺体が見つかりました。

 警察によりますと燃えた車は軽乗用車で、遺体はシートを倒した運転席から見つかっていて、性別が分からないほど損傷しているということです。

 警察は身元の確認を急ぐとともに、事件と事故の両面で調べを進めています。(26日01:25)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

村を救った2人のヒーロー 死者ゼロの普代村(26日)

■水門作った村長、津波迫るなか行動した消防士

 過去の津波で多数の犠牲者を出した岩手県普代村は東日本大震災では死者ゼロ、行方不明者1人にとどまった。被害を食い止めたのは高さ15・5メートルもの水門と防潮堤。昭和40~50年代、当時の村長が反対の声を押し切り、建設にこぎつけたものだ。ただ、今回は水門脇ゲートの自動開閉装置が故障し、1人の消防士が水門へ向かい、手動でゲートを閉めた。危機を見越した過去の政治的英断、そして地震直後の献身的な行動が村を守った。(梶原紀尚)

関連記事

記事本文の続き ■もう少し低かったら…

 久慈消防署普代分署の副分署長を務める立臼勝さん(50)は「水門の高さがもう少し低かったら、村にはすごい被害が出ただろう。もちろん私の命もなかった」と振り返る。

 3月11日の地震直後、自動開閉装置の故障を知った立臼さんは、村を流れる普代川の河口から約600メートル上流にある水門に向かって消防車を走らせた。故障したゲートを閉めるには水門上部の機械室で手動スイッチを使うしかないからだ。津波の危機感はあったが、「まさか、あれほど大きな津波がくるとは思っていなかった」。

 機械室に駆け上がって手動スイッチに切り替えると鉄製ゲートが動き、ほっと一息ついた。消防車に乗って避難しようとしたとき、背後から「バキ、バキッ」と異様な音がするのに気付いた。普代川を逆流してきた津波が黒い塊になって防潮林をなぎ倒し、水門に押し寄せてくる音だった。アクセルを踏み込み、かろうじて難を逃れた。

 津波は高さ20メートルを超えていた。水門に激突して乗り越えたが勢いはそがれた。水門から普代川上流にさかのぼってほどなく止まり、近くの小学校や集落には浸水被害はなかった。

 立臼さんは「高い水門をつくってくれた和村さんのおかげ」と話した。

 ■名物村長の“遺言”

 和村さんとは、昭和22年から10期40年にわたり普代村の村長を務めた和村幸得さんのことだ。昭和8年の三陸大津波を経験し、防災対策に力を入れた村長だった。

 村では明治29年の大津波で302人、昭和8年の大津波でも137人の犠牲者を出した歴史があり、和村さんは「悲劇を繰り返してはならない」と防潮堤と水門の建設計画を進めた。昭和43年、漁港と集落の間に防潮堤を、59年には普代川に水門を完成させた。

 2つの工事の総工費は約36億円。人口約3千人の村には巨額の出費で、建設前には「高さを抑えよう」という意見もあった。だが、和村さんは15・5メートルという高さにこだわった。

 普代村住民課長の三船雄三さんは「明治の大津波の高さが15メートルだったと村で言い伝えられていた。高さ15メートルの波がくれば、根こそぎやられるという危機感があったのだろう」と話す。和村さんは反対する県や村議を粘り強く説得し、建設にこぎつけた。

 村長退任時のあいさつで職員に対し「確信を持って始めた仕事は反対があっても説得してやり遂げてください」と語ったという和村さん。三船さんは「当時の判断が村民の命を守ってくれた、とみんな感謝している」と話している。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

母親にパン詰め込まれた長男が死亡 町田署(26日)

長男ののどにパンを詰め込み意識不明の状態にさせたとして、傷害などの容疑で母親の名取理枝容疑者(28)=東京都町田市成瀬台=が逮捕された事件で、警視庁町田署は26日、長男の流紘(るいと)ちゃん(2)が搬送先の病院で25日夜に死亡したと発表した。流紘ちゃんは今月7日の事件発生後、意識不明の状態が続いていた。

関連記事

記事本文の続き 名取容疑者は7日午後、自宅で流紘ちゃんの口にパンを押し込んでのどに詰まらせ、低酸素脳症の傷害を負わせたなどとして、9日に警視庁捜査1課に逮捕されていた。

 町田署によると、25日に流紘ちゃんの容体が悪化し、心臓マッサージを施したところ、血液が気管支にたまり窒息死したという。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ店長、2500万円ひったくられる(26日)

25日午後7時20分頃、大阪市浪速区湊町のコンビニエンスストア「サンクスOCATモール店」の男性店長(41)から、警備員を通じ「強盗に遭った」と110番があった。

 駆けつけた大阪府警浪速署員が店長から事情を聞いたところ、約2500万円入りの手提げかばんを持って店を出た直後、後ろから来た男にひったくられたという。店長にけがはなかった。

 浪速署は窃盗容疑で捜査。発表では、男は1メートル65~1メートル70。黒っぽい服装で帽子をかぶり、南方向に逃げたという。金は店の経営者が別に営む不動産業の金と店の売上金で、入居するビルの「入金機」に預けに行く途中だった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホームレス連続殺傷、元店員に無期懲役を求刑(26日)

 東京都内で2007~09年、ホームレスの男性を相次いで襲撃し、1人を殺害、2人にけがを負わせたとして、殺人と殺人未遂罪に問われた東京都多摩市、元アルバイト店員高本孝之被告(38)の第5回公判が25日、東京地裁立川支部(池本寿美子裁判長)であった。

検察側は「犯行は極めて悪質で結果も重大」として無期懲役を求刑した。弁護側は「殺意はなく、心神耗弱状態だった」として傷害致死と傷害罪の適用を主張し、結審した。

 起訴状によると、高本被告は09年1月、世田谷区でホームレスの男性(当時71歳)の頭を鉄パイプで殴って殺害。このほか07年6月に府中市で、08年6月には国立市でも、ホームレスの男性を鉄パイプで殴ってけがを負わせた、とされる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

九州の指定暴力団理事長を逮捕 警視庁、強要未遂容疑で(26日)

警視庁は25日、指定暴力団九州誠道会(本部・福岡県大牟田市)の理事長、高柳弘之容疑者(44)=住所不詳=を強要未遂の疑いで逮捕したと発表した。

 麻布署によると、高柳容疑者は2009年9月、東京都港区の喫茶店で、都内の広告会社長の男性(44)に「別の会社の広告をおまえの会社に投げるから、バックマージンを寄越せ」などと求め、億単位の現金を払わせようとした疑いがある。高柳容疑者は調べに、黙秘しているという。

 男性は友人の紹介で09年5月ごろ高柳容疑者と知り合ったという。男性が事件の翌月に被害を届け出た。

 九州誠道会は06年、後継争いを発端に、指定暴力団道仁会(本部・福岡県久留米市)から分裂して結成された。その後、両組織の対立が激化し、抗争とみられる事件が福岡県内を中心に相次いでいる。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月25日 | トップページ | 2011年4月27日 »