« 2011年4月18日 | トップページ | 2011年4月20日 »

2011年4月19日

2011年4月19日 (火)

高齢者狙い連続ひったくり 大阪の少年7人を逮捕・補導(19日)

大阪市内で高齢者ばかりを狙って7件のひったくりを繰り返したとして、旭署は窃盗の疑いと、窃盗や強盗致傷の非行事実で府内の12~14歳の少年計7人を逮捕、補導したと、19日発表した。少年らは「遊ぶ金がほしかった」と容疑を認め、「おばあさんなら力も弱いし、追いかけられても捕まらないと思った」と供述しているという。

 逮捕容疑と非行事実は、昨年12月18日から今年1月19日にかけ、7回にわたり、歩いていた63~83歳の女性の後方から自転車で近づき、バッグなどをひったくり、うち1人については転倒させて頭に軽いけがをさせたとしている。被害総額は約60万円だった。

 同署によると、7件のうち5件は同市旭区内で、少年らは「旭区は高齢者が多いと思った」と話しているという。

Msn_s1_8 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110419/crm11041918420013-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

窃盗容疑で男性を誤認逮捕、謝罪 三重県警(19日)

三重県桑名市内のコンビニエンスストアで昨年10月に窃盗事件があり、桑名署が誤って窃盗容疑で同市内の廃品回収業の男性(28)を逮捕していたと県警が19日、発表した。

 県警によると、窃盗事件の被害届を受けた桑名署が、防犯カメラの映像や知人の証言などから今月12日に男性を逮捕。男性は「他人の財布や現金を盗んだことはありません」と否認しており、映像を精査した結果、別人と判明、18日に釈放したという。

 県警刑事企画課の大西秀樹課長は「捜査上の裏付けが不十分だった。誤って逮捕した男性にはご迷惑をおかけし心からおわび申し上げる。指導教養を徹底し再発防止に努める」と陳謝した。

 事件は、昨年10月8日午後5時20分ごろ発生。ファミリーマート桑名安永店のトイレで、愛知県知立市の男性会社員(31)がかばんを置き忘れ、約10分後に戻ると現金約1万円とクレジットカードなどが入った財布がなくなっていた。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110419/crm11041919340014-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

無登録で貸金業 弘道会系組幹部を逮捕(19日)

無登録で貸金業を営んだなどとして、警視庁組織犯罪対策4課は19日、貸金業法違反と出資法違反の疑いで、神奈川県伊勢原市小稲葉、指定暴力団山口組弘道会系組幹部、柏木真次容疑者(41)を逮捕した。同課によると、柏木容疑者は容疑を認めている。

 柏木容疑者は平成20年8月以降、多重債務者ら少なくとも50人に金を貸し、約600万円の利息を回収したとみられ、同課は暴力団の資金源になっていた可能性があるとみて調べる。

 逮捕容疑は20年8月~今年1月、貸金業の登録をせずに計5人に約50万円を貸し付け、法定金利(一日当たり0・3%)の約3倍にあたる利息計約160万円を受け取ったとしている。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110419/crm11041920140015-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

買収容疑で運動員2人逮捕 大分県議選めぐり県警(19日)

大分県警は19日、同県議選をめぐり公選法違反(買収)の疑いで、同県別府市鶴見、会社役員、牧野好晃容疑者(48)と、同県宇佐市安心院町、会社員、中西福一容疑者(59)をそれぞれ逮捕した。

 牧野容疑者の逮捕容疑は、10日から13日頃にかけて、別府市選挙区で当選した自民党、牧野浩朗氏の運動員数人に選挙運動の報酬として現金数万円を渡したという。

 中西容疑者は中津市選挙区で当選した自民党の大友一夫氏の運動員。逮捕容疑は10日頃、大友氏の選挙運動をした報酬として運動員数人に計数十万円を渡したとしている。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110419/crm11041921350016-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自宅で発電機 CO中毒相次ぐ(19日)

停電が続く自宅で生活している人たちが、発電機を使っているうちに一酸化炭素中毒になり、病院に運ばれるケースが宮城県内で相次いでいることが分かり、医療関係者が注意を呼びかけています。

宮城県石巻市では、18日夜、親戚どうしの8人が、発電機を1階の玄関で動かしながら2階で過ごしていたところ、急に全員がめまいや頭痛などを訴えて仙台市の東北大学病院に運ばれました。8人は命に別状はありませんでしたが、いずれも一酸化炭素中毒と診断されました。8人のうちの1人で、20代の女性は「きのうは少し寒かったので、誰かが窓を閉めてしまったのかと思う。めまいと頭痛がして意識を失いそうになった」と話していました。東北大学病院によりますと、停電が続くなか、自宅で過ごしている被災者が発電機を使っているうちに一酸化炭素中毒になるケースが宮城県内では相次ぎ、震災のあと15人が入院し、このうち2人が意識不明の重体になっているということです。東北大学病院の久志本成樹教授は「避難所から自宅に戻る被災者も増えているので、発電機を使う場合は窓を閉めきらず、十分な換気を行うようにしてほしい」と呼びかけています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110419/k10015420781000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

きずな隊、被災者の相談内容に変化も (19日)

被災者のサポートを目的に宮城県に派遣された警視庁の「きずな隊」が取材に応じ、被災者達の相談内容に変化が出ていることなど、活動の様子を語りました。

 「運転免許証再交付の手続きについて教えてほしいという相談が多かった」(警視庁生活安全部 高野真弘警部)

 「『話を聞いてもらえただけで楽になった』と言われ、私でも役に立てたと思いました」(警視庁生活安全部 土田信子巡査長)

 警視庁の「きずな隊」は先月末から宮城県の避難所を回り、被災者の心のケアにあたっています。

 避難生活はすでに1か月以上に及び、相談内容も親族の安否確認から免許証の再交付や「金庫が流されてしまった」などという、生活に関わるものに変わってきているということです。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4704240.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

栃木・鹿沼市児童6人死亡事故 家宅捜索で病院の診察券押収、病気の有無も調べる(19日)

栃木・鹿沼市で18日、クレーン車が登校中の児童の列に突っ込み、6人が死亡した事故で、運転手の柴田将人容疑者(26)が、当時の状況について、「居眠りをしていた」と供述していることがわかった。
19日の家宅捜索で、警察は、病院の診察券を押収しており、本人の血液採取を行い、事故につながる病気の有無についても調べを進めている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00197763.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(19、20日単位・レベル)

非常識極まりない

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201104170934000

自治体までもが、こんな差別的行動をするとは信じられない。こんな状態で日本国民が一丸になり、東北復興ができるのか甚だ疑問である。

 今回、差別的な行動をとったのは茨城県つくば市だ。福島第一原発の事故で福島県から避難して転入する人たちに、放射能汚染の有無を確認する検査を受けた証明書の提示を求めたというのだ。

 市側は「市民に無用な不安を与えない目的だった」と説明しているが、なんと市民課長名で3月17日に、福島からの転入者にスクリーニング検査を求めることに決め、担当する窓口へ通知。窓口の担当職員が、転入者に消防本部や保健所で検査を受け、証明書をもらうように指示していた=読売新聞電子版

 千葉県船橋市に避難してきた子供が、地元の子供たちから「放射能がうつる」などといじめを受けたり、一部の旅館やホテルが福島県民の宿泊予約を拒否したほか、ガソリンスタンドまでも〝差別的〟な張り紙をするなど、もはや、単なる「認識不足」だけでは済まされない状況にある。復興は物質だけではないからだ。

 業を煮やした玄葉光一郎国家戦略担当相が19日午前の閣僚懇談会で、福島第1原発事故後不適切な事例が起きているとして「各閣僚は業界への指導など、できることを精いっぱい行ってほしい」と述べ、差別的な取り扱いの是正に協力を求めたという。

 こんな〝非国民〟は二度と生まれないようみんなで監視しよう。発見した場合は「密告」し、市中引き回しのうえ打ち首獄門に処さなければならない。

 東京・世田谷区の宝石店で、1億円相当の貴金属が盗まれる窃盗事件が発生した。18日午後6時半すぎ、世田谷区用賀のスリランカ人が経営する宝石店から、「金庫の商品が盗まれている」と通報があったという。経営者は東日本大震災の発生でスリランカに一時帰国し、1カ月ぶりに日本に戻り、盗まれているのに気がついた。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 家庭や家族に起因する事件簿http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

 【メール警視庁】 4月19日(火)、午後3時30分ころ、武蔵野市吉祥

Bye1

寺北町5丁目の路上で、公然わいせつ事件が発生しました。(犯人(男)の特徴については、黒色っぽいTシャツ、徒歩)

写真は武蔵野市 ハナミズキ

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

車ひったくり、引きずられ女性けが 大阪・ミナミ(19日)

19日午前4時50分ごろ、大阪市中央区島之内の路上で、歩いて帰宅していた近くの飲食店員の女性(43)の後方から乗用車が近づき、助手席の男が窓から手を伸ばして女性の手提げバッグ(現金約3万1千円など在中)を奪った。女性は約2メートル引きずられて転倒し、腕や足に打撲などのけが。南署が強盗致傷事件として捜査している。

 同署によると、車に乗っていたのは2人組の男で、助手席の男は年齢20歳くらいという。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110419/crm11041913340007-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

45歳の組幹部「仕事ないが持ち家ほしい」 ローン詐欺で逮捕(19日)

住宅ローン名目で金融機関から約3600万円をだまし取ったとして、大阪府警捜査4課は19日、詐欺容疑で、山口組山健組系幹部、山下正高容疑者(45)=大阪市住之江区北島=を逮捕したと発表した。府警によると「仕事はないがどうしても家がほしかった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、平成20年5月、山下容疑者が知人の経営する警備会社の社員であるように装って、金融機関(堺市堺区)に住宅ローンを申請。3580万円の融資を受けたとしている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110419/crm11041914050009-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

男性刺され死亡、防犯カメラに争う様子 (19日)

兵庫県西宮市で男性が刃物で刺されて死亡しました。防犯カメラには、この男性がほかの人と争っているような様子が映っていて、警察が関連を調べています。

 警察によりますと、午前3時前、西宮市の路上で「男性が血を流して倒れている」と通行人から通報がありました。

 警察が駆けつけたところ、住所不詳の三浦一夫さん(47)が首や腹などを刺され、あおむけに倒れていて、まもなく死亡が確認されました。近くには凶器とみられる包丁が落ちていたということです。

 「(午前2時すぎに)男の人の声は聞きました。『おい』みたいな、叫んでいる」(近所の人)

 警察は、通報直前の午前2時半頃に三浦さんが倒れていた場所を映した防犯カメラの映像をすでに入手。映像には、三浦さんとみられる人物がバイクに乗って現れた後すぐ、複数の人が追いかけるように現れ、もみ合っているような様子が映っています。警察は、この映像の解析を進めるなど事件との関連を調べています

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4704191.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・世田谷区の宝石店で1億円相当の貴金属が盗まれる 窃盗事件とみて捜査(19日)

東京・世田谷区の宝石店で、1億円相当の貴金属が盗まれているのがわかり、警視庁は窃盗事件とみて捜査している。
18日午後6時半すぎ、世田谷区用賀にあるスリランカ人が経営する宝石店から、「金庫の商品が盗まれている」と通報があった。
男性経営者によると、東日本大震災の発生でスリランカに一時帰国し、1カ月ぶりに日本に戻り、商品が盗まれているのに気がついたという。
発覚当時、店の入り口や金庫は施錠されていたことから、警視庁は窃盗事件とみて調べている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00197748.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

尾上親方を酒気帯び運転容疑で書類送検へ(19日)

 大相撲の尾上親方(41)=元小結、浜ノ嶋=が東京都港区の路上で、警視庁高輪署に道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで取締を受けたことが19日、同署への取材で分かった。同署は、同容疑で書類送検する方針。

 同署によると、尾上親方は18日午後10時ごろ、同区高輪の路上に止まった乗用車内にいるところを署員に発見された。酒臭かったため、署員が飲酒検知したところ、酒気帯び運転の基準を上回る値が出た。

関連記事

記事本文の続き 同署によると、車は3車線の真ん中の車線に止まっていたという。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

共犯者ら2人口封じ殺害、死刑確定へ…上告棄却(19日)

宮崎県西都市などで1999年、交通保険金詐欺事件の共犯者ら2人を殺害したとして殺人などの罪に問われ、1、2審で死刑判決を受けた元会社員渕上幸春被告(42)の上告審判決が19日、最高裁第3小法廷であり、田原睦夫裁判長は被告の上告を棄却した。

 死刑が確定する。

 判決によると、渕上被告は99年3月、口封じのため、同市内で詐欺事件の共犯だった男性(当時47歳)の首を強く圧迫して殺害。同年9月には、宮崎市の産業廃棄物保管施設で、詐欺の事情を知っていた税理士の男性(同)をトラックでひくなどして殺害した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

牛3千頭・豚3万匹、原発20キロ圏に…餓死か(19日)

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、避難指示区域(原発の20キロ圏内)に牛約3000頭、豚約3万匹、鶏約60万羽が取り残されたことが19日、福島県の調べでわかった。

 避難指示から1か月以上が過ぎ、すでに多数が死んだとみられる。生き残っている家畜について、畜産農家らは「餓死を待つなんてむごい。せめて殺処分を」と訴えるが、行政側は「原発問題が収束しないと対応しようがない」と頭を抱えている。

 県によると、20キロ圏内は、ブランド牛「福島牛」の生産地や大手食品メーカーの養豚場などがあり、畜産や酪農が盛んな地帯。しかし、東日本大震災発生翌日の3月12日、同原発1号機が爆発し、避難指示が出たため、畜産農家や酪農家は即日、家畜を置いて避難を余儀なくされた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

夜に後ろから羽交い締め、女性21万円奪われる 兵庫・尼崎(19日)

18日午後10時半ごろ、兵庫県尼崎市尾浜町の市営住宅1階の階段付近で、5階に住んでいる無職女性(57)が、後方から近づいてきた男に羽交い締めにされ、現金約21万円入りのかばんを奪われた。女性は首に軽傷。尼崎北署が強盗致傷事件として捜査している。

 同署によると、男は黒っぽい服装。女性は買い物帰りで、所持金は生活費だったという。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110419/crm11041910480003-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

闇サイト殺人:遺族が陳情書 死刑回避で検事総長らに(19日)

名古屋市千種区の派遣社員、磯谷(いそがい)利恵さん(当時31歳)が07年、闇サイトで集まった男3人に殺害された事件で、名古屋高裁が12日の判決で堀慶末(よしとも)(35)、川岸健治(44)両被告に無期懲役を言い渡したことを受け、磯谷さんの母富美子さん(59)は19日、最高裁に上告するよう求める陳情書を笠間治雄検事総長と藤田昇三・名古屋高検検事長に郵送した。上告期限は26日。

 高裁判決は「被害者1人の事件で死刑がやむを得ないとまで言えない」と極刑を回避したが、富美子さんは陳情書で「被害者1人であっても(死刑判決は)遺族にとっては大きな意味があります」と訴えている。

 名古屋市千種区で陳情書を投函(とうかん)した富美子さんは記者団に「母親として、どうしてもあきらめることができないので最後まで闘ってほしい」と話した。【沢田勇】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110419k0000e040042000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上で首や腹から血、男性死亡…殺人事件で捜査(19日)

19日午前2時40分頃、兵庫県西宮市小松西町の市道で、通行人から「男性が血を流して倒れている」と110番があった。

 甲子園署員が首や腹から血を流して倒れている男性を発見。男性は約30分後、搬送先の病院で死亡が確認された。現場付近で血が付いた包丁が見つかっており、同署は殺人事件とみて捜査を始めた。

 発表によると、男性は40~50歳代。黒色のジャンパーとズボン姿ではだしだった。同署が身元の確認を急いでいる。現場は、阪神甲子園駅東約1キロの住宅街。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ぼくイケメン」狩野英孝さん、ネタ帳盗まれる(19日)

お笑いタレントの狩野英孝さん(29)が16日に新幹線で置き引きに遭い、山口県警山口南署に被害届を出していたことがわかった。

 県警によると、名古屋駅―岡山駅間で眠っていたところ、現金約30万円入りの財布が入ったかばんを盗まれた。

 狩野さんの公式ブログなどによると、新幹線には、山口市内で17日にあったお笑いイベントに出演するために乗車。盗まれたかばんにはネタ帳や自宅の鍵も入っていた。狩野さんはブログに「盗んだ現金全部あげますが、ちょっとでいいんで募金してください」とつづっている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

部屋で倒れ妻が死亡、夫重体…心中の可能性(19日)

18日午後9時35分頃、栃木県佐野市多田町、田中利雄さん(75)宅から「娘夫婦が包丁で刺されている」と119番があった。

田中さんの長女で同市田沼町、会社員松島裕子さん(40)と、夫で同所、無職松島立昌さん(43)の2人が2階の部屋で腹から血を流して倒れており、裕子さんは間もなく死亡、立昌さんも意識不明の重体。

 県警佐野署は現場の状況から殺人事件とみて捜査しているが、部屋には内鍵がかかっており、外部から侵入した形跡がないことなどから、心中の可能性があるとみて調べている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童6人死亡「全国の通学路、安全確認を」 文科相(19日)

 高木義明文部科学相は19日朝の閣議後記者会見で、栃木県で児童6人が死亡した事故を受けて、「あまりにも悲しい出来事が起きた。学校教育上、安全は最も大事な問題で、全国の学校関係者に対して改めて通学路の点検や安全確認をお願いしたい」と話した。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

6児童死亡「居眠りなら会社も責任」 国家公安委員長(19日)

栃木県で児童6人が死亡した事故について、中野寛成国家公安委員長は19日の閣議後会見で「(逮捕された運転手が)居眠りだったということであるならば、雇っている会社の監督責任も当然でてくる。日ごろの過労の積み重ねがあったのか、前日の本人の生活がどうなったのか、背景を含めてしっかりと取り調べをしないといけない」と述べた。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

緊張の中で児童が学校に登校 クレーン車事故(19日)

通学路で児童6人がはねられ死亡した栃木県鹿沼市の市立北押原小学校では、前日の事故の記憶も鮮明な19日早朝、保護者や住民約20人が通学路に出て、登校する児童を見守った。警察が検問をするなど、付近は緊張した雰囲気に包まれた。

関連記事

記事本文の続き 学校正門から約200メートルの現場は大粒の雨。保護者らは午前7時半ごろから集まり、5~10人のグループで集団登校する児童に「おはよう」と声を掛けた。うつむいたまま、上級生に手を引かれる児童もいた。

 保護者が車で送り届ける姿も。栃木県警の警察官が通学路に面した道路で車を止め、事故の目撃者がいないかを確認していた。

 児童の父親の一人は「子どもの安全のため当面は続けていきたい」。近所の舟橋和四郎さん(79)は「近くで以前も児童が犠牲になる事故があった。もう2度と起こらないでほしい」と話した。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

講談社が詐欺で北の湖元理事長の告訴状提出(19日)

大相撲の八百長問題に関連して、日本相撲協会などに起こされた複数の損害賠償訴訟で敗訴が確定した講談社は19日、「八百長は存在しない」などと訴訟で虚偽の主張をして裁判所をだまし賠償金を得たとして、詐欺罪で北の湖元理事長ら5人の告訴状を警視庁捜査2課に提出した。

 ほかの4人は、いずれも八百長に関与したとして協会に引退届を提出して受理された元竹縄親方(元幕内春日錦)、元幕内豊桜、元同十文字、元同安壮富士。

 告訴状などによると、同社が発行する「週刊現代」は、平成19年に大相撲の八百長疑惑を10週連続で報じた。これに対し、協会と北の湖理事長(当時)、力士32人は同社を相手取り、名誉棄損による損害賠償計約8億円を求める3件の訴えを起こし、いずれも同社の敗訴が確定した。判決を受けて、週刊現代は記事の取り消し広告を掲載。北の湖元理事長は約755万円、ほかの4人はそれぞれ約25万円の賠償金を受け取っているという。

 同社は、「八百長は存在しない」とした訴訟での協会側の主張を「訴訟詐欺そのもの」などと批判している。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自宅に放火未遂、住人の男子高生逮捕 栃木(19日)

18日、栃木・宇都宮市の自宅に火をつけようとしたとして、私立高校3年の少年(17)が現住建造物等放火未遂の疑いで逮捕された。少年の自宅では、今月だけで他にも3回、資材置き場の屋根が燃えるなどの火事が起きていた。

 警察によると、少年は18日午前7時前、自宅1階のカーテンに火をつけ、家を燃やそうとした疑いが持たれている。火は母親がすぐに気づいたため、燃え広がらなかった。

 警察の調べに対し、少年は容疑を認めているということで、警察は、動機などを詳しく調べる方針。

2010_0318_173406banner011_2 http://www.news24.jp/articles/2011/04/19/07181215.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

トイレの汚水槽に乳児遺棄、19歳少女逮捕(19日)

今年1月、大阪・東大阪市でトイレの汚水槽に乳児の遺体が捨てられていた事件で、警察は18日、19歳の母親を逮捕した。

 死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、専門学校に通う東大阪市の少女。警察によると、この少女は、今年1月上旬までに自宅のトイレの汚水槽に女児の遺体を捨てた疑いが持たれている。女児は、生まれた時にはすでに死亡していたが、DNA鑑定の結果、この家に住む少女が母親であることがわかり、警察が逮捕した。

 警察の調べに対し、少女は「妊娠したかもしれないが、わからない」と容疑を否認している。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2011/04/19/07181208.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

DNA鑑定で7年前の犯行発覚 強姦致傷容疑で電力会社社員逮捕 仙台(19日)

専門学校生の女性を道路上で押し倒して強姦したとして、宮城県警仙台北署は18日、強姦致傷容疑で、仙台市青葉区国見の大手電力会社社員、遠藤嘉章容疑者(36)を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は平成16年5月10日午後11時ごろ、仙台市青葉区の路上で、帰宅途中の専門学校生=当時22歳=を押し倒し強姦し、下半身に全治3日の傷害を負わせたとしている。

 同署によると、遠藤容疑者は最近、都内で強制わいせつの疑いで逮捕され、体液をDNA鑑定したところ容疑が発覚した。16年当時、現場周辺は強姦未遂など数件の同種事案があり、同署が余罪を調べている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110418/crm11041822580013-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

震災支援など偽る迷惑メール(19日)

「被災地支援のため」というタイトルの電子メールが届き、本文を確認したところ、震災と関係ない有料サイトに誘導されたなど、震災に便乗した迷惑メールに関する相談が後を絶たないとして、国民生活センターは、心当たりのないメールは開かないよう、注意を呼びかけています。

国民生活センターによりますと、先月11日からの1か月間で震災に関する消費者からの相談は7258件に上り、最近は迷惑メールに関する相談が相次いでいるということです。中には、自宅のパソコンに「被災地支援のため」というタイトルのメールが届き、開いたところ、競馬の情報を提供するサイトに誘導する内容だったという相談や、余震の揺れの直後に携帯電話に「地震速報」というタイトルのメールが届き、本文に示されているアドレスにアクセスしたところ出会い系サイトにつながり、1万円を請求されたという相談もあったということです。国民生活センターは、心当たりのないメールは安易に開かずに、不審に感じた場合は、消費生活センターなどに相談するよう呼びかけています。「消費者ホットライン」0570ー064ー370に電話すると、最寄りの消費生活センターなどにつながるようになっています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110419/t10015401591000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:多摩の84歳男性被害 900万円詐取される /東京(19日)

多摩中央署は17日、多摩市内の無職の男性(84)が振り込め詐欺の被害に遭い、現金計900万円をだまし取られたと発表した。

 同署によると、13日午後1時ごろ、長男を名乗る男から男性の自宅に電話があった。男は「インサイダー取引で会社に損害を出したので、補填(ほてん)しなければならない」などと話し、男性に800万円を用意させた。同日午後4時には配達業者を名乗る男が男性宅に現金を受け取りに来たという。また15日にも「あと100万円足りない」との電話があり、口座に振り込むよう頼んできたという。

 16日に男性の長男が帰宅し、振り込め詐欺に遭ったことが発覚。110番通報した。同署は容疑者グループの特定を進めている。【川崎桂吾】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20110418ddlk13040250000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

つくば市、福島からの転入者に放射能検査要求(19日)

茨城県つくば市が、東京電力福島第一原発の事故で福島県から避難して転入する人たちに、放射能汚染の有無を確認する検査を受けた証明書の提示を求めていたことが18日、わかった。

市側は「市民に無用な不安を与えない目的だった」としているが、転入者からの抗議を受け、検査を求めないことにした。

 つくば市によると、市民課長名で3月17日、福島からの転入者にスクリーニング検査を求めることに決め、担当する窓口へ通知した。窓口の担当職員が、転入者に消防本部や保健所で検査を受け、証明書をもらうように指示するなどしていたという。原発事故が起きてから、つくば市には福島県いわき市などからの住民が避難している。

 今月11日、つくば市内の研究機関に就職するため仙台市から転居してきた男性(33)が証明書の提示を求められ、このことを茨城県に訴えたことから問題が発覚した。つくば市の岡田久司副市長は、「放射能汚染について、誤解があったと認めざるを得ない」と釈明した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

クレーン車運転手「居眠りしていた」死者6人に(19日)

栃木県鹿沼市樅山町の国道293号で18日朝、集団登校中の同市立北押原小学校の児童の列に12トンクレーン車が突っ込み、児童5人が死亡した事故で、重傷だった同市上殿町、6年生の熊野愛斗君(11)が収容先の病院で午後、死亡した。

 死因は外傷性ショック。この事故による死者は計6人となった。

 捜査関係者によると、鹿沼署に自動車運転過失傷害の疑いで逮捕された同県日光市大沢町、運転手柴田将人容疑者(26)は「居眠りをしていた」と供述。「ドンと何かにぶつかったのは覚えているが、人をはねたかは覚えていない」とも話しているという。柴田容疑者は、午前7時40分に勤務先の建設会社を出て600メートルほど走ったところだった。学校まで200メートルだった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

釈放の中国人船長「起訴相当」 尖閣衝突事件(19日)

 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、那覇検察審査会は18日、処分保留のまま釈放され、公務執行妨害罪で不起訴(起訴猶予)処分となった中国人の●(=擔のつくり)其雄(せんきゆう)船長(41)について「起訴相当」と議決し公表した。

関連記事

記事本文の続き 議決を受け、那覇地検は再捜査する。再び不起訴としても、検審が再び起訴議決をした場合、船長は強制起訴される。ただ、那覇地検は昨年9月に「日中関係を考慮する」などとして釈放、船長は帰国しており、再捜査には難航が予想される。仮に強制起訴されたとしても、公判が開けるかどうかは不透明だ。

 検審が審査したのは、昨年9月、海上保安庁の巡視船が停船を命じながら追跡した際、漁船を巡視船に衝突させて海上保安官の職務執行を妨害した容疑。

 那覇地検は巡視船の損傷は航行に支障を生じさせるものではなく負傷者がいなかったなどとして起訴猶予としたが、議決では「軽微な損傷とは到底いえない」と指摘。また巡視船の乗組員の証言から「人命を危険にさらす行為であったことを否定できない」とした。

 続いて、船長が尖閣海域の日本領海内で操業していたことを認識していたと供述していることを重視。漁船の乗組員が逃走を制止しようとした際、乗組員に「巡視船に撃つ勇気なんて絶対ない」と述べた点などを挙げ、「警備を軽視し、追跡されても逃走できると考えていたことがうかがえる」と計画性を指摘した。

 また「釈放を指揮した検察官が、被疑者が中国に帰国したので起訴しないと裁定したことは納得できない」と捜査の在り方を批判。衝突の様子を撮影した海保のビデオ映像について「事案の発生を防止し、領海での警備の実情を国民に知らしめるためにも、公開を希望する」と付言した。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「もっと見つけてあげることが…」20キロ圏内、防護服で捜索(19日)

 手つかずのがれきの山、見えぬ敵、わが子と重なる幼き遺体…。福島第1原発から20キロ圏内の福島県南相馬市で今月7日から1週間、行方不明者の捜索を行った警視庁の機動隊員が18日、産経新聞の取材に応じた。防護服を着た未体験の活動を終え去来するのは恐怖や安堵(あんど)ではなく、「もっと(遺体を)見つけてあげることができたんじゃないか」との葛藤だった。

関連記事

記事本文の続き 「お前も来い」。第1機動隊の吉田誠警部補(37)は上司から原発20キロ圏内の捜索の下命を受けた。機動隊員である以上、厳しい現場への出動の覚悟はできていた。だが家庭では妻(35)と3人の子供を抱える父親でもある。不安がないわけではなかった。

 出発前、小4の長男(9)に「しばらく出張に行く。お母さんの言うことを聞いて何かあったら自分がしっかりするんだぞ」と弟と妹の世話を頼んだ。「福島に行く」とだけ告げた妻は任務内容を知っていたようだが、出発の日、普段通りに見送った。「その気配りがうれしかった」

 現地に着くと白い防護服を身につけ線量計が渡された。「ここまでしなければいけないのか…」というのが実感だった。小隊長として約15人の隊員を率いた。中には20歳前後の着任したての隊員もいた。「装備は安全だ心配するな」。隊員のケアにも気を使った。

 位牌(いはい)、アルバム、ランドセル…。がれきから多くのものが見つかった。「アルバムは笑顔の写真が多い。『この写真の人はここから発見されませんように』『無事でいてほしい』と願いながら捜索に当たった」

 1週間の捜索で十数体の遺体を発見した。中には田んぼの中で野ざらしのまま倒れ、顔が泥で汚れた子供の遺体もあった。「自分の子供と重なった。きれいにして一刻も早く親元に戻してあげたい」。毛布でくるみ、そっと手を合わせた。

 帰宅すると末っ子の長女(5)が飛びついてきた。疲れが吹き飛んだ。「全力で捜索したが、まだできたんじゃないかとの思いが残る。また戻って捜索し、少しでも多く、早く遺族の元に返してあげたい」との思いに駆られている。(荒井敬介)

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月18日 | トップページ | 2011年4月20日 »