« 2011年4月15日 | トップページ | 2011年4月17日 »

2011年4月16日

2011年4月16日 (土)

ペットと震災乗り越える 市川市「一家」受け入れ避難所(16日)

福島第一原発事故で避難を余儀なくされたが、ペットと一緒に過ごせる避難所が少なく“避難難民”となっている人たちを、市川市が市の教育施設「少年自然の家」で受け入れている。原発から十キロ圏内の福島県富岡町に住む樋口広子さん(45)も犬一匹、猫二匹と身を寄せた。二匹の愛猫は、避難のため一度は置き去りにした命だった。 (宇田薫)

 今月初旬、自然の家の建物脇のテントで、樋口さんの腕に抱かれた雌猫のミューが獣医師の健康診断を受けていた。顔がこわばるミューを、樋口さんは苦笑しながら、そっとなでた。

 樋口さんはパート先のホームセンターで被災。夜になって、情報を得ようと町役場に行くと近隣の避難所へ向かうバスが出ていた。「うちには三匹の動物がいる。避難所は受け入れてくれないだろう」。夫と自宅に帰った。翌日、友人から「原発が爆発した」と聞き、「すぐに帰る」つもりで、洗面器いっぱいの水と餌を自宅に置き、持病のある雌犬ライムだけを連れて同県川内村の避難所へ移った。だが屋内に動物は入れず、犬は車内に残したまま夜を明かした。

 間もなく自宅が避難対象区域になった。猫のことが頭をよぎったが、夫に「連れて行っても動物たちは車中生活。逆にかわいそう」と諭され、あきらめた。「二匹の命を救えなかった」。携帯電話に連絡をくれた知人にそう言って泣いた。

 福島市の妹宅に身を寄せていた際、知人からペットの同行避難ができる施設が千葉にあると聞いた。車を走らせ、自衛隊の検問を通って自宅へ戻った。ドアを開けると二匹が待っていた。洗面器も餌の袋もからっぽだった。「生きてて良かった。ごめんね」。夫は仕事で東北に残ったが、先月末に長女(21)と自然の家へ移った。ペットはテント内のケージで飼われ、水や餌の心配もない。滞在期限は今月末までと短いが、樋口さんは「三匹の居場所があるだけで、奇跡のよう」と話す。

 自然の家には現在、原発から三十キロ圏内の三世帯六人と犬猫計九匹が暮らす。市が施設を提供し、動物愛護団体でつくる「緊急災害時動物救援本部」がペットをケアしている。

 被災地で飼い主と生き別れになったペットのニュースを見聞きするたび、心を痛めるという樋口さん。「ペットも人も一緒に震災を乗り越えられる環境がもっと増えてほしい」と願っている。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20110416/CK2011041602000057.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

死亡確認 1万3666人に(16日)

東日本大震災でこれまでに死亡が確認された人は1万3666人に上り、警察に届け出があった行方不明者を合わせると2万7934人となっています。

警察庁によりますと、今回の大震災でこれまでに死亡が確認された人は、東北地方では、宮城県で8328人、岩手県で3945人、福島県で1330人、青森県で3人、山形県で2人となっています。関東地方では、茨城県で23人、千葉県で18人、東京で7人、栃木県と神奈川県でそれぞれ4人、群馬県で1人、北海道で1人となっていて、今月7日と11日の余震による死者も含めて1万3666人に上っています。また、警察に家族などから届け出があった行方不明者は合わせて1万4268人で、死亡した人と合わせると2万7934人となっています。一方、仙台市の行方不明者については、家族などからの届け出が重複していないか調査中のため、集計に含まれていないということです。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110416/k10015355581000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性押し倒しはいていた下着奪う 強盗容疑で九大院生を逮捕(16日)

福岡県警博多署は16日、女性がはいていた下着を奪ったとして、強盗容疑で九州大大学院の院生、黒瀬雄太容疑者(22)=福岡市東区箱崎2丁目=を逮捕した。同署によると「女性の下着が欲しかった」と話している。

 逮捕容疑は3月19日未明、福岡市博多区のマンション駐輪場で、このマンションに住む派遣社員の女性(25)を押し倒し、下着(千円相当)を奪った疑い。博多署によると、黒瀬容疑者と女性に面識はなかった。

 九州大広報室は「誠に遺憾。事実関係を確認した上で適正に対処したい」としている。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110416/crm11041619460009-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自宅敷地に父の死体遺棄 容疑で男逮捕 青森・田子町(16日)

青森県警三戸署は16日、同居の父親の遺体を埋めたとして、死体遺棄容疑で、青森県田子町山口、無職、岩間明宏容疑者(40)を逮捕した。

 逮捕容疑は9日ごろ、父親の峰雄さん(66)の遺体を自宅敷地に埋めた疑い。遺体に目立った外傷はなく、同署が司法解剖して死因の特定を進める。

 同署によると、明宏容疑者は峰雄さんと2人暮らし。15日夜、明宏容疑者が親族に連れられて出頭、供述通り遺体が見つかった。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110416/crm11041620230010-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(16、17日単位・レベル)

強姦事件

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201104121433000

 女性の後を付けて押し入り、現金を強奪したうえ、強姦したとして警視庁捜査1課は16日、東京都世田谷区祖師谷3丁目の自称アルバイトの男(25)を強盗強姦(ごうかん)などの疑いで逮捕した。逮捕容疑は今月初め、都内の30代女性宅に押し入り、「騒いだら殺すぞ」と脅して現金約1万1千円を奪ったうえ、性的暴行を加えた疑い。

 男はほかに、都内や神奈川、大阪、奈良各府県内で2006年2月から、同じ手口で計約10件の犯行を繰り返したと話しているという。そのうち数件の現場に残されたDNA型が男のものと一致している=讀賣新聞電子版

 このような事件は悲惨な事件になる危険性を孕んでいる。私が担当していた昭和62年か63年だったが、東京の環状8号線沿いで、独身女性の後を付けて強姦する事件が相次いだことがあった。

 そのうちの一人が、玄関のドアを開けた途端に「声をだすな」と刃物を突きつけられた。女性はひるまず、玄関に置いてあった電話で110番にダイヤル。男は女性の首(喉)を切って逃走した。110番には、次第にかすれていく女性の声が録音されていた。

 警察庁がまとめた今年1~3月の強姦事件発生状況によると一番多いのは東京で38件、2位が大阪の22件、3位が埼玉県の17件、以下千葉県、愛知県、兵庫県と続きいずれも12件だった。

 この罪種の事件は、検挙率が高く全国平均では95.6㌫。今回リストアップされた埼玉県は129.4㌫、愛知県は116.7㌫、東京が97.4㌫、千葉県が83.3㌫となっている。

 とにかく、統計上で凶悪犯と言われている罪種が殺人、強盗、放火、強姦。このなかで2つの罪種を同時に犯すのだから、凶悪犯のなかでも凶悪犯だろう。故に今回の逮捕は価値があり、殺人に至らなかったのは幸いである。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 家庭や家族に起因する事件簿http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

写真は「乱れ咲」=武蔵野市

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官の殉職22人に いまだ8人不明(16日)

警察庁は16日、東日本大震災で、福島県警双葉署の古張文夫巡査部長(53)の死亡を発表した。殉職者は22人目で、8人が依然、行方不明。

 警察庁によると、古張巡査部長は住民の避難誘導のためパトカーで出動し、津波に巻き込まれた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110416/dst11041615490024-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

野球賭博:元琴光喜が相撲協会提訴…解雇処分不服として(16日)

野球賭博に関与したとして昨年7月に日本相撲協会を解雇された元大関琴光喜の田宮啓司氏(35)は16日、処分を不服として東京地裁に同協会を提訴したことを明らかにした。内容は大関としての地位確認を求めているとみられ、田宮氏は「(訴えたのは)ごく最近の話だ。詳しいことは弁護士に任せている」と話した。

 田宮氏は昨年6月、野球賭博関与の上申書を提出すれば厳重注意にとどめるという相撲協会の指示に従って申告したが、それ以前の同協会理事会の場で関与を否定したことを重く見られ、結局は解雇が決定。他の関与力士は昨年7月の名古屋場所を謹慎休場した後、けん責の軽い処分にとどまった。

 田宮氏は昨年9月、力士としての地位保全を求めた仮処分を東京地裁に申請したが、同12月に却下されていた。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110416k0000e040070000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「救助に来た」と被災者宅に侵入容疑(16日)

宮城県警は16日、住所不詳、会社員岩間啓修容疑者(36)を住居侵入の疑いで緊急逮捕した。

 石巻署の発表によると、岩間容疑者は同日午前1時45分頃、東日本大震災の津波で被災した石巻市の無職男性(72)方に侵入した疑い。

 2階で寝ていた男性が、階段を上がってきた岩間容疑者に気づき、「何だ」と声をかけると、「救助に来た」と話したという。岩間容疑者は逃走したが、男性の110番で駆け付けた署員らが民家近くにいる同容疑者を見つけた。

 県警は盗み目的で侵入したとみているが、岩間容疑者は「入っていない」と容疑を否認。「津波で自宅が被災し、勤務先の会社で寝泊まりしていた」と話しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

車に衝突されたバイク、歩道に乗り上げ3人死傷(16日)

16日午前10時50分頃、名古屋市中区大須の信号交差点で、バイクと乗用車が衝突、バイクの男性が間もなく死亡した。

 バイクは弾みで歩道に乗り上げ、信号待ちをしていた歩行者の男性と自転車の女性にぶつかり、2人はけがをして病院へ搬送された。

 愛知県警中署は、乗用車を運転していた瀬戸市山手町、無職寺師照子容疑者(63)を自動車運転過失致死傷容疑で現行犯逮捕した。死亡した男性は20歳代とみられ、同署で身元を確認している。

 現場は同市中心部の繁華街で、当時、買い物客らでにぎわっていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

福島で防護服投棄相次ぐ 20キロ圏内入り脱ぎ捨てか(16日)

 東京電力の福島第一原発近くから延びる福島県田村市の国道沿いに、使用済みとみられる防護服などが相次いで投棄されていたことがわかった。普通ゴミとして扱えない市は、東電に回収を求めるなど対応に苦慮している。

 原発から西に約30キロの田村市都路町岩井沢の国道288号脇。6日、「タイベックスーツ」と呼ばれる防護服や手袋、マスクが散乱しているのを周辺をパトロール中の市職員が見つけた。防護服は使われた形跡があり、10枚前後あった。市がいったん回収し、その後、東電の関連会社に渡した。この国道沿いでは12日にも使用済みの防護服が散乱しているのが見つかり、市は東電に回収を求めた。

 投棄された防護服は、原発構内で働く作業員が使っているのと同種のため、市は東電に「以後、こういうことがないよう徹底してもらいたい」と注意した。

 東電によると、放射能に汚染された防護服などは、事故対応の拠点である「Jヴィレッジ」(同県楢葉町)で着脱するのがルールで、「原発作業員が道路に投げ捨てることはあり得ない」(東電福島地域支援室)。だが市からの申し入れもあり、社員や関連業者に注意を喚起したという。

 国道288号は、第一原発のある双葉町から田村市を経て郡山市に通じる。このため市は、誰かが原発から半径20キロの避難指示圏に入る時に着ていた防護服などを、圏外に出てから脱いで捨てた可能性が高いとみている。避難指示圏への立ち入りは制限されているが、一部の住民が出入りをしている。

 市は288号沿いのパトロールを強化する考えだが、担当者は「普通のゴミと同じように扱うわけにはいかない。東電に対応してもらうしかない」と話す。

 市内では12日以降も、原発から三十数キロ離れた、288号につながる道路沿いに、カッパや手袋が詰まったポリ袋や靴が捨てられているのが見つかった。近くに住む男性(74)は「むやみにさわれない。放射能に汚染された衣服を投げ捨てるなんて、地元のことは何も考えていないのか」と憤る。(石松恒)

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

どこで電話しとんじゃい…電車で女子高生に刃物(16日)

電車内で電話していた女子高生をカッターナイフで脅したとして、大阪府警浪速署は15日、自称・建設作業員月川孝之容疑者(52)(大阪市大正区)を暴力行為等処罰法違反の疑いで現行犯逮捕した。

 「車内マナーの悪い人が多く、平素から腹が立っていた」と供述しているという。

 発表によると、月川容疑者は同日午後6時10分頃、JR大阪環状線の車内で、携帯電話で会話中の高校1年女子生徒(15)にカッターナイフを突きつけ、「どこで電話しとんじゃい。殺すぞ」と脅迫した疑い。別の乗客が110番し、次の停車駅の芦原橋駅で駆けつけた署員が取り押さえたという。女子生徒にけがはなかった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童ポルノサイト強制遮断、21日開始 まず大手5社(16日)

 児童ポルノを掲載しているサイトを強制的に遮断する「ブロッキング」について、大手ネット関連企業などでつくる一般社団法人・インターネットコンテンツセーフティ協会(本部・東京都千代田区、事務局・ヤフー)は15日、今月21日のスタートを想定していることを明らかにした。最初から参加するプロバイダーは大手の5社程度の見込みだが、徐々に増えるとみている。

 今回のブロッキングでは、幼児の性交場面などの画像が一つでもあれば、そのサイト全体を遮断して閲覧できないようにする。同協会が対象となるサイトを判断してリストを作成し、提供を受けたプロバイダー側で遮断する。 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

Logo2_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

義援金入った募金箱の盗難約20件 東京(16日)

東日本大震災の義援金の入った募金箱が盗まれる事件が、東京都だけで約20件相次いでいることがわかった。

 警視庁によると、文京区のファミリーレストランで6日、店にあった募金箱が盗まれていたことがわかった。義援金約3000円が入っていたという。この他にも、募金箱が盗まれる事件は、11日までに江戸川区など都内で約20件相次いでいる。

 警視庁は、窃盗事件として捜査している。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2011/04/15/07181022.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ボートをミニバイク牽引疑いで捜査 民主党長島議員、道交法細則違反か(16日)

民主党の長島一由衆院議員(神奈川4区)が震災後の公務の合間、趣味のボートを海に浮かべるため、ミニバイクで牽引(けんいん)した問題で、神奈川県警が道路交通法の施行細則違反の疑いで捜査していることが15日、捜査関係者の話で分かった。ボートを運ぶトレーラーを、脆弱(ぜいじゃく)なロープ状のもので牽引したことが同細則に抵触する恐れがあり、近く処分の可否を判断する。

 関係者や地元住民によると、長島氏は4月2日と4日、同県逗子市の自宅から葉山町の海岸までの約600メートルを、排気量50cc以下のミニバイクを使って、船外機付きの2人乗りボートを牽引した。

 県公安委員会が定める道交法施行細則では、牽引するための装置のない車両での牽引や、交通量の多い道路での牽引を禁じている。違反者には2万円以下の罰金か、反則金3千円(違反点数1点)が科される。

 住民らが撮影した写真や証言によると、長島氏は牽引装置のないミニバイクの後部にロープ状のものでボートトレーラーをくくりつけて牽引。これが同細則に抵触する恐れがある。また、長島氏が牽引した道路は路線バスの走る県道で、普段は交通量も多いことから、牽引時の混雑状況などを慎重に調べている。

 長島氏は牽引について、産経新聞の取材に「ミニバイクでリヤカーを牽引することは認められている」「(同細則に)抵触はしていない」などと回答。自らのブログにも同様の記載をした。こうした国会議員としての発言が、専用装置のない車両での牽引の横行を招く恐れがあるほか、ボートトレーラーの製造メーカーからもクレームが出ていたことから、事態の収拾に向け捜査に乗り出したとみられる。

 長島氏は震災で党の福島県対策室の副責任者を務めているが、海岸で修理のためのボートいじりをしているのを住民に見つかり、「緊急時になぜ」などと批判を浴びていた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110416/crm11041602000001-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

放射線量測定の研修会に参加 青森県職員が盗撮か(16日)

JR横浜駅のエスカレーターで女子高生のスカートの中を盗撮したとして、青森県の職員の男が現行犯逮捕されました。男は、福島第一原発の事故に伴って開催された放射線量測定の研修会に参加した帰りでした。

 神奈川県迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、青森県農林水産部の職員・井川慶之介容疑者(32)です。15日午後5時半ごろ、JR横浜駅中央通路の上りエスカレーターで、17歳の女子高生のスカートの中にデジタルカメラを差し向けた疑いが持たれています。警戒中の警察官が現行犯逮捕しました。井川容疑者は、福島第一原発の事故に伴い、横浜市内で開催された放射線量を測定する研修会に参加し、宿泊先のホテルに帰る途中でした。警察の調べに対し、「女子高生が好きだった」などと容疑を認めています。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210416000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネットカフェに強盗、5万円奪い逃走 (16日)

警視庁によりますと、15日午後1時すぎ、東京・新宿区歌舞伎町のインターネットカフェに刃物を持った男が押し入り、女性店員らを脅したうえ、レジにあった現金5万円を奪って逃走しました。店員や客にけがはありませんでした。

 逃げた男は年齢30歳から40歳くらい、黒っぽいジャンパーにマスクを着用していたということで、警視庁は強盗事件として行方を追っています

Logo1 http://news.tbs.co.jp/20110415/newseye/tbs_newseye4701219.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

選挙違反:福井県議ら逮捕 供応買収容疑(16日)

福井県警捜査2課などは15日、自民党公認で当選した県議、谷口忠応(ただお)容疑者(65)=福井市金屋町=と、運動員の会社役員、末定清二容疑者(70)=同市安田町=を公職選挙法違反(供応買収)容疑で逮捕した。2人の容疑は、市内の飲食店で2月10日夜、十数人に対し、投票や票の取りまとめなどの見返りとして1人数千円分の飲食接待をした、とされる。

 10日投開票の県議選福井市選挙区(定数12)には15人が立候補し、谷口容疑者は8番目に多い得票で3選された。【橘建吾、安藤大介】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110416k0000m040138000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

取り調べ初の「可視化」一部実施 東京地検特捜部(16日)

東京地検特捜部が、業務上横領容疑で逮捕した郵便事業会社職員への取り調べの中で、初めて録音・録画を実施したことが分かった。大阪地検特捜部の不祥事を受けた特捜部改革の一環。取り調べの「全過程」ではなく「一部」を録音・録画したという。

 録音・録画したのは、12日に逮捕された同社昭島支店の課長代理・櫛原也寸志容疑者(45)の取り調べ。特捜部の調べでは、2009~11年に顧客から郵便料金の支払いとして受け取った小切手約280枚(額面合計約2億4100万円)を着服した疑いがある。

 最高検は2月末に、東京、大阪、名古屋の各地検特捜部が逮捕した容疑者の取り調べの「一部」の録音・録画を試行する方針を公表。その後、今月8日には江田五月法相が「一部」に加えて「全過程」でも試行するよう指示し、最高検も従う方針を表明している。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

福岡のラブホテル、殺されたのは派遣型風俗店員(16日)

14日午後11時30分頃、福岡市中央区平尾のラブホテル「VILLA」から、「女性が部屋で倒れていて息をしていない」と110番があった。

 女性の首にはひものようなものが巻かれており、搬送先の病院で約1時間後に死亡が確認された。福岡県警中央署が殺人事件として捜査している。

 捜査関係者によると、死亡したのは、派遣型風俗店に勤める福岡市博多区の女性(21)。

 女性は14日夜、客の男から呼ばれ、ホテル2階の部屋に入室。同日午後11時頃、男だけがチェックアウトして退室したため、ホテル従業員が室内に入ったところ、女性がベッド横の床の上に倒れていた。

 女性の首を圧迫したような痕があったが、他に目立った外傷はなかった。県警は、この男が事情を知っているとみて捜している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「運転中に携帯ゲーム」JR西運転士を懲戒解雇(16日)

 JR西日本奈良電車区所属の男性運転士(27)が今月4日、奈良線新田(しんでん)(京都府宇治市)-城陽(同府城陽市)間で京都発奈良行き普通電車を運転中に携帯電話を見ていた問題で、同社は15日、この運転士を懲戒解雇した。

 同社は当初、運転士がメールを確認していたなどと発表していたが、その後の社内調査に対し、運転士は「1分間くらい携帯電話でゲームをしていた」と説明したという。

関連記事

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

グーグルやミクシィ 身元確認はネットの時代に(16日)

【東日本大震災】

 「もうされてしまったか…」。宮城県石巻市の実家近くに押し寄せた1メートル以上の津波。3月11日深夜。千葉県松戸市の会社員、大場淳さん(47)は、インターネットの短文投稿サイト「ツイッター」の画像を見て愕然(がくぜん)とした。

関連記事

記事本文の続き 故郷には70歳を超える両親が住んでいる。東日本大震災直後、まったく連絡が取れなくなった。数百回にわたり自宅に電話をかけたが、呼び出し音すら鳴らなかった。最悪の想像が頭をよぎった。

 大場さんはわらにもすがる気持ちで、ネット検索大手グーグルが設置した安否確認サイト「パーソンファインダー」に登録した。

 大場さんは「さほど期待してはいなかった」というが、1週間が経過した3月18日、見知らぬ男性から一報があった。

 「ご両親は石巻市のホテルに避難されているようです」

 連絡してくれたのは、意外にも東京の会社員だった。交流サイト「ミクシィ」を通じて避難所に掲示されていた被災者名簿のデジタルカメラ画像を入手し、パーソンファインダーの登録情報と照合。大場さんに連絡してくれた。会社員は合致した登録者にボランティアで片っ端から連絡していた。

 点になって散らばる情報をネットの善意が結びつけた。ホテルに避難していた両親と連絡を取ることができた。大場さんは「両親はともに携帯電話も持っていない。ネットとも無縁の生活を送っていた。こんな形で健在が分かるとは思わなかった」と喜んだ。

 両親の安否確認後、会社員に電話で謝意を伝えたが、会社員は「良かったですね」とつぶやいてすぐに切った。素顔を見せない“ネット時代の善意”を大場さんは感じた。

 東日本大震災は、インターネットが各家庭にまで普及して以降、初めての超大規模災害となった。震災直後、ネットは点の情報をつなぎ安否確認で威力を発揮。「災害時インフラ」として大きな存在感を示した。災害時、生命すら左右しかねない「情報」の流れは、これまでの大規模災害からどう変化したのか。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月15日 | トップページ | 2011年4月17日 »