« 2011年4月11日 | トップページ | 2011年4月13日 »

2011年4月12日

2011年4月12日 (火)

地主かたり2600万円詐取 自称会社役員ら逮捕 大阪府警(12日)

他人の土地の所有者に成り済まし、手付金名目で計2600万円をだまし取ったとして、大阪府警曽根崎署は12日、詐欺の疑いで大阪市福島区福島1、自称会社役員、真鍋栄二(46)、兵庫県芦屋市山芦屋町15、自称会社員、才田久城(45)の両容疑者を逮捕した。

 同署によると、2人は逮捕容疑について「話したくない」と供述している。

 逮捕容疑は平成21年5~7月、大阪市にある土地の所有者に成り済まし、知人の男性医師(52)に約1億円で売却すると約束。手付金名目で同年7月に2千万円、同年9月に600万円をだまし取った疑い。

 両容疑者が土地の所有者でないと知った男性が昨年12月、大阪府警に告訴していた。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110412/crm11041220350023-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

4千万円だまし取られる 77歳女性、長男装った男に(12日)

埼玉県警東入間署は12日、同県ふじみ野市の無職女性(77)が1~2月、長男を名乗る男から電話で金を求められ、計4170万円をだまし取られたと発表した。同署が捜査している。

 東入間署によると、女性方に1月25日、「携帯電話と財布をなくした」と長男を装う電話があり、27日に「会社の金を投資に使い込んだ。800万円どうにかしてほしい」と求められた。

 女性は同額を引き出し、自宅に来た宅配業者に成り済ました男に渡した。その後も金の要求が続き、2月16日までに計14回、指定された銀行口座に計3370万円を振り込んだ。

 4月11日に会社員の長男(50)が帰省して発覚。12日に同署に届けた。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110412/crm11041221070024-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

神世界霊感商法事件でサロン経営の女3度目の逮捕(12日)

「神世界」の霊感商法事件で、サロンを経営していた女が「会社の業績をアップさせる」などと嘘を言って、顧客から金をだまし取った疑いで再逮捕されました。これで3度目の逮捕となります。

 神世界グループのヒーリングサロンを経営していた杉本明枝容疑者(47)は、サロンの顧客だった会社役員の男性から490万円をだまし取った詐欺の疑いで再逮捕されました。さらに、同じ容疑で元サロンスタッフの男(56)も逮捕されています。警察によると、杉本容疑者らは顧客男性に対し、「会社の業績をアップさせるには、特別祈願が必要」などと言って、金を払わせていたということです。杉本容疑者は警察の調べに対し、「だますつもりもだましたこともありません」と供述し、容疑を否認しています。

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210412050.html2009_1229_211958annlogo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12、13日単位・レベル)

これでは眠れない

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

1104121127491

東日本大震災から1ヶ月の11日は午後5時16分ころ福島県と茨城県で震度6弱の地震があった。そして11日夜から12日朝にかけて震度3級の地震が相次ぎ、携帯に届くメール便で寝ることができなかった。実際に揺れている震災地の方々を思うと心が痛みます。

 カメラマンの現役時代は、伊豆沖地震から十勝沖地震、宮城県沖地震など大地震の被災地に飛び込み仕事をすることが多かった。仕事をしていると不思議と恐怖感はなかったが、定年退職した今、振れるたびに恐ろしさを感じる。

 それにしても、なんでこんなに地震が多いのか。携帯に残った受信記録を見ると11日は0時07分に宮城県沖を震源とする震度3の地震を振り出しに、0時50分の福島県会津の震度2と続き、17時16分には福島県浜通りを震源とする震度6弱の地震。さらに17時17分震度5弱と立て続けに揺れた。このためいわき市では3月11日以来、初の死者が出ている。結局、このたった1日で78回の地震があった。

 12日には0時21分の茨城県北部の震度3を振り出しに、7時26分には長野県北部を震源とする震度5弱、14時07分には福島県浜通り震源の震度6弱も記録。12日の特徴は千葉県東方沖を震源とする地震が活発化、長野県北部の13回を含めて午前0時から18時まど54回の揺れを感じている。

 2日間を通して最も多かったのは、福島県浜通りを震源とする地震で2日間で53回を数えている。これらの地震は3月11日の地震の余震とは言い切れず、メカニズムの違う地震が含まれており、今後5年間は続くのではと分析する学者もいる。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 家庭や家族に起因する事件簿http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

 【メール警視庁】

Bye1

現在、武蔵野市内の複数の高齢者宅に、武蔵野署生活安全課のサクライ、マエダを名乗り「逮捕した者からあなたの個人情報が漏れていることがわかりました。キャッシュカードなどを変える必要があります。銀行名、暗証番号を教えてください。これから伺います。」というウソの電話が入っています。

振り込め詐欺犯人は、同一地域の多数の方に電話をかけますので、絶対にだまされないでください。

また、皆さんの家族、知人に武蔵野市内の方がいらっしゃれば、このメールの内容を教えてあげてください。

○警察官や金融機関、税務署の職員等が、通帳やキャッシュカード、現金を受け取ったり、暗証番号を聞き出すことは『絶対に』ありません!

○不審な電話が入ったら、すぐ110番してください!

○被害者の9割以上が60歳以上の方ですので、武蔵野市内の60歳以上の登録者の方には、受信時間帯に関係なく送信させていただきました。
 写真は12日11時23分頃の 震源地 千葉県東方沖を震源とする最大震度3規模 マグニチュード4.4の各地の震度図

 

リンクhttp://www.bouhannavi-blog.com/XP/fd7186.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

マンションから無修正わいせつDVD約3万枚押収 警視庁(12日)

無修正のわいせつDVDを販売目的で持っていたとして、警視庁万世橋署はわいせつ図画販売目的所持の現行犯で、埼玉県川口市西川口、無職、箱崎哲也容疑者(44)と東京都品川区西五反田、無職、都沢俊介容疑者(34)を逮捕した。

 同署によると、都沢容疑者は台東区台東のDVD販売店で客から注文を受けると、店から約500メートル離れたマンションに待機中の箱崎容疑者に携帯メールで連絡。都沢容疑者は店外で箱崎容疑者からDVDを受け取った後、店に戻り客に売っていた。

 同署はマンションから約3万枚の無修正のわいせつDVDを押収。一日約7~8万円の売り上げがあったとみている。

 逮捕容疑は、10日、台東区台東のマンションに、販売目的でわいせつDVD約3万枚を持っていたなどとしている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110412/crm11041213260011-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

可視化対象第1号か 小切手2億4000万着服容疑で逮捕 東京地検特捜部(12日)

小切手約2億4千万余を着服したとして、東京地検特捜部は12日、業務上横領の疑いで、郵便事業昭島支店業務企画室課長代理、櫛原也寸志(やすし)容疑者(45)を逮捕した。

 特捜部の逮捕事件の取り調べでは、今年3月18日以降、録音・録画(可視化)の試行対象となっており、今回の事件が初めて適用されるとみられる。

 特捜部の調べによると、櫛原容疑者は郵便物の集荷や集金業務をしていた同支店で、平成21年1月ごろから今年2月ごろまでの間、顧客から郵便料金の支払いとして受け取った小切手計約280枚(額面計約2億4100万円)を着服した疑いが持たれている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110412/crm11041216060014-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東日本大震災:別人の遺体引き渡す 既に火葬 宮城県警(12日)

宮城県警が、東日本大震災で犠牲になった遺体を、誤って別の親族に引き渡していたことが関係者への取材で分かった。遺体は既に火葬されたが、県警は遺骨を保管し、所持品などから改めて身元の特定を進めるという。

 関係者によると、県警は宮城県山元町の沿岸部に近い雑木林で発見した遺体の身元を3月17日、「同町に住む男性(78)」と特定した。遺体安置所での確認作業では、行方不明者を捜している4人連れが遺体の腹にあった手術の痕などから「親族だ」と判断。この遺体は、4人連れに引き渡され、同23日に同県亘理町で火葬されたという。

 しかし、県警は後日、78歳男性名義のホームセンターの会員カードや、腹に手術の痕がある別の高齢男性の遺体を発見し、同25日に78歳男性の親族に改めて連絡。県警は、高齢男性の遺体のDNA鑑定をして「78歳男性」と特定した。12日にも遺体を親族に引き渡す。【須藤唯哉】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110412k0000e040095000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元小学臨時講師、校舎での強制わいせつ容疑(12日)

校舎内で小学生にわいせつな行為をしたとして、京都府警捜査一課などは12日、強制わいせつ容疑で京都府亀岡市大井町土田、元市立小学校講師、斎藤智由容疑者(31)を逮捕した。斎藤容疑者は「わいせつな行為をしたことはない」と容疑を否認しているという。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は1月21日昼ごろ、勤務先の校舎内で女児=当時(9)=の体を触るなどのわいせつな行為をしたとしている。

 亀岡市教育委員会によると、斎藤容疑者は臨時採用で昨年4月から小学校に勤務し、昨月末に契約が切れたという。同会は「誠に遺憾。子供のケアを第一に優先して対応したい」としている。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

市課長、人事異動でわめき暴力…係長級へ降任(12日)

人事異動に反発して同僚職員を殴るなどしたとして、大阪府交野市は11日、男性職員(58)を停職3か月の懲戒処分とし、課長から係長級へ降任させたと発表した。

 市によると、水道局お客様サービス課長だった男性職員は、3月28日に内示された星田出張所長への異動(1日付)に反発。わめきちらしたりしたほか、休暇を取っていた29日に酒が残った状態で職場に現れ、部下の女性に暴言をはき、側頭部を平手で殴ったという。

 市は30日付で男性職員を自宅待機させ、内示を取り消した上で、同課付課長とし、星田出張所長には別の職員をあてた。処分期間が明けた後、改めて異動を行うとしている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2歳児の口にパン詰め意識失わせる 虐待容疑で母逮捕(12日)

2歳の長男の口にパンを押し込み意識不明の重体にさせたなどとして、警視庁は、東京都町田市成瀬台2丁目、主婦名取理枝容疑者(28)を傷害などの疑いで逮捕したと12日発表した。

 捜査1課によると、名取容疑者は7日午後、自宅で、長男の口にパン片を押し込んで詰まらせるなどの暴行を加え、低酸素脳症で重体にさせた疑いがある。また、1月中旬、川崎市麻生区の知人宅で、長男の顔を平手で殴った疑いがある。長男の意識は戻っていない。名取容疑者は容疑を否認しているという。

 名取容疑者が7日夕、119番通報。救急隊が到着した際、長男は口とのどにパンを詰まらせており、心肺停止状態だった。名取容疑者は「パンを食べさせていたら、トイレに行っているうちに詰まらせた」と説明したという。

 長男の顔や背中にはあざがあるといい、警視庁はほかにも暴行を受けていなかったか調べている。

Logo2_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

闇サイト殺人、一審死刑の被告に無期判決 名古屋高裁(12日)

名古屋市で2007年、会社員磯谷(いそがい)利恵さん(当時31)が男3人に拉致、殺害された「闇サイト殺人事件」の控訴審判決で、名古屋高裁(下山保男裁判長)は12日、一審・名古屋地裁判決を破棄し、死刑判決を受けた堀慶末(よしとも)被告(35)に無期懲役を言い渡した。無期懲役とされた川岸健治被告(44)については、被告、検察側双方の控訴を棄却した。

 一審判決は、被害者が1人でも、残虐な殺害方法や、凶悪化しやすいネット犯罪の防止を重視。3人の役割や刑事責任に違いはないと認定した。その上で、川岸被告が自首したことが事件の解明に寄与したことを考慮し、極刑を回避した。神田司死刑囚(40)は控訴を取り下げ、死刑が確定している。

 控訴審では、弁護側が新たに両被告の犯罪心理鑑定を提出し、「両被告の犯罪傾向は進んでおらず、矯正は十分可能」とした。検察側は「鑑定の証拠能力は極めて乏しい」と指摘し、「遺族の処罰感情は最大限に考慮されるべきで、死刑しかない」と主張していた。

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

運転手遺体タクシーで運ぶ 熊本の強盗殺人30歳無職男(12日)

熊本市のタクシー運転手一安秀男さん(63)が殺害され売上金が奪われた事件で、逮捕された無職の小糸誠次容疑者(30)が、一安さんを熊本県菊池市の野菜集荷場で殺害後、自らタクシーを運転して約8キロ離れた同県合志市の遺体発見現場まで運んでいたとみられることが12日、熊本県警への取材で分かった。

 県警によると、小糸容疑者が遺棄現場に到着したのは6日午前6時ごろとみられ、その直後、小糸容疑者に似た男が近くを歩いているのを複数の住民が目撃していた。県警は小糸容疑者が現場から徒歩で逃走したとみている。

 一安さんは勤務中の6日未明から所在が分からなくなり、同日午後、合志市の車両置き場に放置されたタクシーのトランク内で遺体が見つかった。

Msn_s1

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110412/crm11041210090002-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

玩具投げ6歳長男失明 傷害容疑で父親を逮捕 「騒いだので腹立った」(12日)

長男(6)に玩具を投げ付け左目を失明させたとして、警視庁練馬署は12日までに、傷害の疑いで東京都練馬区春日町の会社員、小黒高之容疑者(36)を逮捕した。

 捜査関係者によると、小黒容疑者は「テレビを見ていたら騒いだので腹が立ってやった」と容疑を認めている。長男は小学校に入学直前だった。

 逮捕容疑は、3日午後6時ごろ、自宅で長男に怪獣の玩具を投げ付け、角膜裂傷などの重傷を負わせたとしている。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

70代女性を殺害容疑、女を逮捕 秋田 交際相手の母か(12日)

12日午前7時半ごろ、能代市轟の民家から「人を殺した」と110番通報があった。駆けつけた警察官が、出血して倒れている70代の女性を見つけたが、すでに死亡していた。能代署は、現場にいた40代の女を殺人容疑で緊急逮捕した。殺された女性は、女が交際していた男性の母親とみられる。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元主任検事に実刑判決 証拠改ざん事件 懲役1年6カ月(12日)

大阪地検特捜部が押収したフロッピーディスク(FD)のデータが改ざんされた事件で、証拠隠滅罪に問われた元主任検事前田恒彦被告(43)=懲戒免職処分=の判決が12日、大阪地裁であった。中川博之裁判長は、前田元検事に懲役1年6カ月(求刑懲役2年)の実刑判決を言い渡した。

 検察側は先月17日の論告求刑で「法と証拠に基づいて正義を実現する刑事司法の根幹を揺るがした」と指摘し、証拠隠滅罪の法定刑(2年以下の懲役または20万円以下の罰金)で最も厳しい刑にすべきだと主張。判決が実刑を選択するかどうか注目されていた。

 前田元検事は2009年、自称障害者団体が郵便割引制度の適用を受けるための偽の証明書が厚生労働省から発行された事件の捜査を担当。厚労省の村木厚子元局長(無罪判決確定)を虚偽有印公文書作成・同行使罪で起訴した後の7月中旬、元局長が事件に関与したとする捜査の見立てに合わせるため、FD内の証明書が最後に上書きされた日時を改ざんしたとして起訴された。

 改ざん事件は昨年9月21日に朝日新聞の報道で表面化し、最高検が同日中に前田元検事、翌10月に事件当時の特捜部長の大坪弘道(ひろみち)被告(57)=犯人隠避罪で起訴、懲戒免職処分=と副部長の佐賀元明(もとあき)被告(50)=同=をそれぞれ逮捕。法相が事件後に「検察の在り方検討会議」を設置し、同12月には大林宏検事総長(当時)が引責辞職した。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

緊急消防援助隊 総務相に報告(12日)

東京電力の福島第一原子力発電所で放水活動を行った消防隊員らが、片山総務大臣に現地での活動を報告しました。片山総務大臣は「皆さんの果敢で献身的な行動は多くの国民が感動し、感謝している」と述べて、労をねぎらいました。

総務省を訪れたのは、先月、福島第一原発3号機の使用済み燃料を保管するプールに放水活動を行った、東京消防庁や横浜市消防局、それに川崎市消防局の隊員たちです。

 最初に、東京都隊総隊長として部隊を率い、先月で退職した東京消防庁前警防部長の佐藤康雄さんが「関係機関の協力があり、任務を達成することができた」などと述べて、現地での活動を報告しました。これに対し、片山総務大臣は「大変危険な作業だったが、皆さんの果敢で献身的な行動は多くの国民が感動し、感謝している」と隊員たちの労をねぎらいました。

 一連の放水作業の現場責任者を務めた東京消防庁の高山幸夫さんは「やはり、現場での最大の障害が恐怖心だった。まだ、原発の事故が終わっていないので、福島県民のことを考えると心が痛い。再出動の要請があれば、また、勇気ある隊員たちと立ち向かいたい」と話していました。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110412/k10015249341000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

立教大生殺害事件から15年 (12日)

東京のJR池袋駅のホームで立教大生が殺害された事件は11日で発生から15年となり、遺族や捜査関係者がビラを配るなどして改めて情報提供を呼び掛けました。

 この事件は96年4月11日、JR池袋駅のホームで当時・立教大学の4年生だった小林悟さん(当時21)が男と口論になり突き飛ばされ、頭を強く打つなどして殺害されたものです。

 事件発生から15年となった11日、悟さんの父・邦三郎さんや捜査関係者らおよそ60人が現場となったJR池袋駅でビラを配るなどして、改めて情報提供を呼び掛けました。

 警視庁によりますと、犯人の男は身長180センチくらい、小太りのがっちりした体格で、右の目じりに穴状の傷が3個あるということです。

 この事件は警察庁が「捜査特別報奨金」の対象に指定していて、情報提供者に最高で300万円が支払われることになっています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4697895.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

闇サイト殺人:12日に控訴審判決…名古屋高裁(12日)

名古屋市千種区の派遣社員、磯谷利恵さん(当時31歳)が07年8月、闇サイトで集まった男3人に殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われた堀慶末(よしとも)(35)と川岸健治(44)両被告の控訴審判決が12日、名古屋高裁で言い渡される。1審名古屋地裁判決(09年3月)で1人だけ無期懲役とされた川岸被告の自首の評価が最大の焦点。

 磯谷さん殺害への関与の度合いについて、1審判決は両被告と死刑が確定した神田司死刑囚(40)を同等と認定。一方で川岸被告の自首を「事件解決に寄与した度合いは相当程度高い」と評価し、死刑を言い渡した他の2人と量刑に差を付けた。これに対し検察側は「自己保身のためで、過大評価すべきではない」と主張している。

 また控訴審では弁護側が両被告の心理鑑定結果を証拠請求し、堀被告について「同調する傾向や受動的な態度が強い」、川岸被告について「軽度の知的障害がある」と指摘。両被告の関与は神田死刑囚と比べて従属的だとし、堀被告には無期懲役、川岸被告には自首の評価を加えて有期刑を求めている。検察側は事件の残虐性を強調し、控訴審でも両被告に死刑を求めている。【式守克史】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110412k0000m040167000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

余震、M8級にも警戒必要 地下の力のかかり方に変化(12日)

11日夕に起きたマグニチュード(M)7.0の地震は、1カ月前の東日本大震災(M9)の余震と見られる。M7以上の余震は5回目。専門家は「余震域周辺でM8級の地震も起こりうる」と注意を促している。

 今回の余震は陸側のプレート(岩板)の内部で起きた。本震はプレート境界で起きるタイプ、最大震度6強だった7日の余震は海のプレートの内部で起き、様々な余震が続いている。今回は地殻が引っ張られて起きる「正断層型」と呼ばれる地震だ。日本で多い、押される力で起きる「逆断層型」と逆だ。

 気象庁によると、茨城県北部から福島県南部の浅い陸域では過去30年ほど、中規模以上の地震がない空白域。島崎邦彦東京大名誉教授(地震学)は「本震以降、東西方向に引っ張られる正断層型の余震が起きている。今回は規模も大きく、従来は起きないと考えられていた」と話す。

 活発な余震は、本震後の大規模な地殻変動の影響とも指摘される。東京大地震研究所の古村孝志教授は「震源域の南端周辺は、地下の力のかかり方が大きく変わり、多数の余震が起こっている」とみる。気象庁は、余震域以外でも従来は地震が起こりにくい場所で地震が起きやすくなった可能性があると警告する。

 地震研の平田直教授は「余震の数は減る見通しだが、引き続きM7級、場合によってはM8級が起こりうる。津波の警戒も必要だ」と指摘する。 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

Logo2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

熊本のタクシー運転手殺人、30歳無職男を逮捕(12日)

熊本県合志

)

市で6日、熊本市のタクシー運転手、一安

)

秀男さん(63)がトランクから遺体で見つかる事件があり、熊本県警は11日夜、住所不定、無職小糸誠次容疑者(30)を強盗殺人の疑いで逮捕した。

 発表によると、小糸容疑者は金を奪おうとして、6日午前5~8時頃、同県菊池市旭志麓の野菜集荷場で、一安さんの首を刃物で刺すなどして殺害した疑い。「殺意はなかった」と供述しているという。

 一安さんは勤務中の6日午前4時頃、配車係と連絡をとったのを最後に車ごと行方不明になった。同日午後、合志市の廃車置き場で一安さんのタクシーが見つかり、捜査員が調べたところ、トランク内から遺体が発見された。遺体には複数の刺し傷があった。

 運転日報には、2万数千円の売り上げが記されていたが、車内にはわずかの紙幣と小銭しか残っていなかった。県警は小糸容疑者が奪ったとみて追及する。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

南三陸町の不明者数、当初見通し大きく下回る(12日)

宮城県は11日、津波で壊滅的被害を受けた南三陸町の行方不明者数について、同日現在で632人と発表した。

 県も町もこれまで同町の行方不明者数を「不明」としていたが、町が行政区長や町内会長に調査票を渡して町民の安否確認を進めた結果、数字がまとまった。

 同町は大震災発生当初、人口約1万7300人のうち、避難所に避難した人を除いた約1万人を「安否が分からない」としていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「国に裏切られた」 計画避難に住民ら怒り(12日)

 「何で今さら」。福島第1原発事故で11日、政府が新たに「計画的避難区域」の対象にすると発表した福島県の飯舘村や葛尾村、浪江町の全域と川俣町と南相馬市の一部。住民らはこれまで高い放射線量の中で不安な生活を続けていた。

関連記事

記事本文の続き 避難の指示もなく「安全」と言い続けた政府が、事故から1カ月もたって出した、あいまいな指示。「国に裏切られた気分だ」。怒りと悲痛な声が上がった。

 1カ月をめどに避難するように求める計画的避難区域に指定された飯舘村。11日午後、村役場で開かれた説明会では住民から強い訴えが飛んだ。「補償はどうなるのか」「いつ戻ってこられるのか」

 経営者の一人は「地域に密着してやってきた。退去すれば信頼を失い、廃業になってしまう。逃げることはできない」と涙を浮かべた。自治会長の細山利文さん(62)は「自主避難とは違い、長期的になる可能性が高い。何百頭も牛を飼っている人もいる。生活の基盤をどうするのか、住民には村からちゃんと説明してほしい」と訴えた。

 菅野典雄村長は「大変残念な状況だ。国などと交渉し、できるだけ村に基盤を残していけるように努力したい」と説明した。

 妻と2人でプラスチック製品の製造業をしている坂本徳さん(60)は「これから工場を見つけて再開したとしても何千万円もかかる。避難するつもりはない」ときっぱり。一方、自動車関係製造業の庄司正良さん(68)は「風評被害で取引先から『大丈夫か』といわれていた。(放射線量の)数値が高くなっているのを見て、避難した方がいいのか考えていたところだった」と頭を抱えた。

 村内で働く女性(52)は「『大丈夫大丈夫』と言いながら結局避難させるのか。これだけの地域が避難対象になったら、福島県はなくなってしまうのではないか」と政府の対応への不満を口にした。

 「計画的避難区域」と、屋内退避や自主的避難を求める「緊急時避難準備区域」の両方に一部が指定された福島県南相馬市は「情報を収集しているところ」と対応に追われた。

 南相馬市で避難生活を送る男性(60)は疲れた様子で、「計画避難とか緊急避難とかいわれても内容がよく分からない。避難所生活にも慣れてきたのに、またドタバタするのは勘弁してほしい」と話した。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月11日 | トップページ | 2011年4月13日 »