« 2011年4月4日 | トップページ | 2011年4月6日 »

2011年4月5日

2011年4月 5日 (火)

5市町の不明者含まれず 警察庁、今後増加も(5日)

警察庁は5日、仙台市など宮城県内の4市町と岩手県山田町の行方不明者については、両県警での集計ができておらず、これまでの同庁の被害まとめの中に含まれていないことを明らかにした。

 同日午後8時の警察庁のまとめによると、死者は12都道県の1万2431人、不明者は6県の1万5153人で、死者・不明者は計2万7584人。5市町の不明者が集計されていないことから、今後さらに増えるとみられる。

 5市町の4日までの死者数はそれぞれ、仙台市473人▽宮城県東松島市802人▽同県南三陸町379人▽同県山元町569人▽岩手県山田町503人。

 5日午後8時現在で、被害が大きい3県の死者は宮城が7571人、岩手3643人、福島1157人。不明者は宮城6312人、岩手4502人、福島4335人。3県で検視が終わった遺体は1万2231体、うち1万115体の身元が確認されている。

 原発事故の影響などによる避難も含め、北海道から静岡県まで18都道県に設置された約2300カ所の避難所に約16万人が身を寄せている。

 総務省消防庁によると、5日午前11時現在で損壊した建物は約21万棟で、うち全壊は約4万1千棟、半壊は約9700棟。岩手県陸前高田市では5日、被災地初の仮設住宅の抽選が行われた。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040501001090.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「お前を許さない」 人材派遣会社で女性総務部長刺した派遣社員逮捕 警視庁(5日)

5日正午ごろ、東京都墨田区吾妻橋の人材派遣会社で、「男が社内でトラブルになっている」と社員から110番通報があった。男が総務部長の女性(47)を千枚通しで刺したため、男性社長(62)が取り押さえた。女性は病院に搬送されたが、命に別条はないといい、警視庁本所署員が殺人未遂の現行犯で逮捕した。

 逮捕されたのは埼玉県鴻巣市栄町、派遣社員、五代儀(いよぎ)隆容疑者(62)。同署によると、五代儀容疑者は「女性に恨みがあり、刺した」と容疑を認めている。五代儀容疑者は同社に派遣社員として登録しており、給料の支払いをめぐってトラブルになっていたという。

 同署の調べによると、五代儀容疑者は同日午前11時55分ごろ、社長室に入り、女性に対し「お前を許さない」などと言って女性の腹部を千枚通しで刺した。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110405/crm11040517510011-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

男女4遺体:ロープつながれ川に…福井(5日)

5日正午ごろ、福井県坂井市三国町南本町3の九頭竜(くずりゅう)川と竹田川の合流地点で、水面に人の頭のようなものが見えているのを近くの住民が発見し、県警に通報した。県警が水中を捜索したところ、腰をロープ(太さ約1センチ)でつながれた男女計4人の遺体が見つかり、引き揚げた。県警坂井西署は事件と自殺の両面から、死因や身元などを調べている。

 同署の調べでは、見つかったのは50~60代の男女各1人と、30~40代の男性2人。普段着姿で、腰の部分に石の重りがあった。目立った外傷はなく、死後2~3週間とみられるという。

 近所の住民によると、3月20日ごろ、発見現場近くの岸壁に富山ナンバーの軽自動車が駐車してあり、同月下旬ごろ、警察官からこの車について事情を聴かれたという。【安藤大介】

Logo_mainichi_s1_5 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110406k0000m040100000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

届かぬ善意 義援金1000億円超 配分めど立たず(5日)

【東日本大震災】

 東日本大震災で集まった義援金が、総額1千億円を突破した。善意の輪は拡大していて、政府も5日、独自の義援金窓口を開設するなど、受け入れ態勢も充実しつつある。ただ被災者には、まだほとんど配分されていないのが現状だ。「義援金配分委員会」の設置が進まないためで、国が配分の基準作りに乗り出すことになった。寄付者の思いは「早く、必要な人へ」。国民の善意はいつ行き渡るのか…。先行きは不透明だ。

■「今困っている人に」

 「具体的な希望はないが、今困っている人に使ってもらいたい」

 カジュアル衣料「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングでは、グループ全体や従業員から計4億円、同社の柳井正会長兼社長が個人で10億円を義援金として拠出する。このうち12億円はすでに日本赤十字社日赤)に支払い済みだ。「日本全体の問題として復興に協力し、立て直すしかない」と同社は寄付の意図を説明する。

 ソフトバンク孫正義社長は、個人で100億円を寄付するという。具体的な時期は未定だが、日赤と中央共同募金会(募金会)へ寄付するほか、NPO(民間非営利団体)やボランティア団体にも寄付し、早急な活動を支援する予定だ。

 他にもアイドルグループAKB48が5億円、米大リーグ・マリナーズイチロー選手も1億円を義援金として寄付するなど、支援の輪は広がっている。

■「義援金」と「支援金」

 被災地を救おうと集まった善意は寄付先によって、「義援金」と「支援金」の2つに大きく分かれる。

 「義援金」は、都道府県単位で設置される「義援金配分委員会」を通じ、全額が被災した世帯へ分配される。これまでに日赤に約980億円、募金会に約180億円集まっているが、地方自治体が直接義援金を受け取るケースもあり、総額はさらに上積みされることになる。

 また政府も5日、専用の義援金窓口を設置して受付を開始。寄付の受け皿を広げるための措置で、内閣府は「過去の災害でもあまり例がない」としている。

 一方、「支援金」は主にNPOやボランティア団体あてのもの。利用方法は団体によって異なり、寄付金の一部が団体の運営費や経費に回る場合もある。

 現在、分配が難航しているのが義援金だ。自治体が組織する義援金配分委員会が支給額などを決めるが、被害の全体像が判然としないことや、自治体機能が打撃を受けていることから、設置の動きが鈍い。

 ようやく今月1日になって委員会が立ち上がったのが福島県。県に直接寄せられた義援金から、避難世帯に5万円ずつ配分することを決めた。約6万5千世帯に約32億5千万円を割り当てる。ところが、いつ配分を開始するか白紙。しかも「これは県に直接送られてきた義援金のみで、日赤などからの分は協議も進んでいない」(同県)。

 死者が7500人を超えるなど最大の被害が出ている宮城県も「救助作業などを優先していて、委員会が立ち上がる時期も未定」という状況だ。

■「政治主導」で分配

 配分されない義援金について、枝野幸男官房長官は「国の方で一定の役割を果たさないと前に進まない」と、国主導で基準作りなどに乗り出す姿勢を示した。ただ、義援金を所管する厚生労働省は「現在調整中」として、まだ具体的な対策は見えていない。

 さらに1世帯当たりの額も問題になる。義援金は「公平分配」が原則。被害が拡大すればするほど、支給額は少なくなる。阪神大震災は全半壊家屋約25万戸を記録したが、1世帯当たりの義援金支給額は平均約40万円にとどまった。

 自治体関係者は「阪神と比べて、被害の範囲が広い。額がいくらか、被災者に行き渡るのはいつか。まったく想像がつかない」と漏らしている。http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

Head_logo1_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

昨年の外国人入国者、944万人で過去最多(5日)

2010年に日本を訪れた外国人の入国者数(確定値)は944万3696人と、前年に比べ186万2366人(24・6%)の大幅増で、過去最多となった。

 法務省が5日、発表した。アジアでの景気回復と、昨年7月からの中国人の個人観光ビザ発給要件の緩和などが要因とみられる。国・地域別では、韓国が約269万人(前年比46%増)、中国(香港を除く)が約166万人(同34%増)、台湾が約131万人(同23%増)などの順。一方、日本人の出国者数は、前年比119万1540人(7・7%)増の1663万7224人で、円高による海外旅行需要の増加などを背景に、4年ぶりに増加した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

病院で発砲、組幹部死亡 佐賀・伊万里、元組長けが(5日)

5日午後1時10分ごろ、佐賀県伊万里市二里町(にりちょう)八谷搦(はちやがらみ)の山元記念病院の職員から「駐車場で拳銃の発砲音がした」と110番通報があった。佐賀県警によると、指定暴力団・九州誠道会系の組幹部ら男性2人が銃撃され、1人が死亡、1人がけがを負った。犯人とみられる男は車で逃走しており、県警は殺人と銃刀法違反の容疑で行方を追っている。

 県警によると、死亡したのは、九州誠道会系の浜ノ上勝則・組幹部(57)=長崎県大村市=で、死因は胸部を撃たれたことによる失血死。弾は左胸をほぼ真正面から背中に向け貫通していたという。

 また、一緒にいた同会系の田中安孝・元組長(66)=佐賀県多久市=が首に軽いけがを負った。2人は他の男性3人とともに、同病院に入院している同会系の元組長(69)を見舞った後、病院を出て乗用車に乗るところだった。

 撃った男は40代くらいで白髪の長髪、黒っぽいジャンパーに青いジーンズ、白いスニーカーを履いていたという。発砲後、白い軽乗用車の助手席に乗り込み、東方向へ逃走したという。県警組織犯罪対策課は、運転手役と2人で犯行に及んだとみて調べている。

 現場となった山元記念病院は、JR伊万里駅から北西へ約600メートル。近くには国道204号が通り、レストランや商店などが集まる市中心部にある。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ヨネクラジムから現金盗んだ疑い 元ボクサーを逮捕(5日)

東京都豊島区目白の「ヨネクラボクシングジム」(米倉健司会長)で3月3日、現金が入ったアタッシェケースが盗まれた事件で、警視庁は5日、豊島区西池袋4丁目、無職菊地秀治容疑者(34)を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。

 目白署によると、見学者を装ってジムを訪問した菊地容疑者は、3月3日午後9時から約30分間に、練習場の床に置かれた米倉会長のアタッシェケースを持ち去った疑いがある。ケースには、会員から集めた月謝や米倉会長の財布の現金が計約79万円あり、預金通帳なども入っていたという。

 当時、ジムでは約60人が練習しており、所属の男性プロボクサー(24)らが、アタッシェケースを抱えて逃げる菊地容疑者を目撃していた。

 菊地容疑者は元プロボクサー。「アタッシェケースをこじ開け、中にあった財布から10万円を取り出し、ケースごと公園に捨てた」と供述しているという。

 ヨネクラボクシングジムは、メルボルン五輪日本代表で元日本フライ級チャンピオンの米倉会長が1963年に開設。ガッツ石松さんや大橋秀行さんら世界王者5人が輩出している。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(5、6日単位・レベル)

現場を知らない検事

【治安つぶやき】
212

 東日本大震災の後、福島地検が福島県内の警察署で勾留していた容疑者31人を処分保留で釈放したうちの1人が、釈放後に建造物侵入容疑で逮捕されていたという。

 逮捕されたのは、福島市渡利、無職の38歳の女。女は同市内のコンビニの事務室に侵入、経営者に見つかり建造物侵入容疑で現行犯逮捕されたもので、震災前の3月10日、同市内のコンビニで店員の財布を盗んだとして窃盗容疑で逮捕されていた。震災後の14日に福島地検が処分保留で釈放した。

 釈放された31人の中には強盗や殺人などはなかったが、性犯罪の強制わいせつの犯人も含まれている。特に性犯罪と窃盗の再犯率は4割と言われるほど高いのに、野放しにしてしまった地検の行為は許せるものではない。

 読売新聞電子版によると、この福島地検の釈放問題で江田法相は、5日の閣議後の記者会見で、「(被災者の)皆さんから見ると、大変な不公平感を持つのは、よく理解ができる。あまりうれしくないことだった」と述べたという。実に素人的コメントである。

 岩手県警では、沿岸の4警察署に留置・勾留していた容疑者十数人を地震直後に内陸側の警察署に移送しているではないか。逮捕する苦労を実感しているからできるのであって、ようやく捕まえた被疑者をいとも簡単に釈放した検察は許されない。

 ところで、また震災便乗事件が発生した。

 福島第1原発の事故に便乗して、「放射性物質に効く」などとうたい、無許可で医薬品を販売していた疑いで、神戸市の自営業の男らが警視庁に逮捕された。

 50歳の自営業の男と従業員の29歳の女で、2人は、大震災の直後に、「体内の被ばく対策に効く。体内の放射性物質を吸収し、6時間後に排せつします」などとして無許可で医薬品として、「プレミアムゼオライト」を販売した。同薬は「医学的、科学的根拠は確認されていない」とされている。

 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 家庭や家族に起因する事件簿http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

「5万円用意しろ」と脅迫→千円しかなく激怒…後輩を監禁、強盗容疑で元暴走族総長ら逮捕(5日)

暴走族結成をめぐりトラブルになった後輩を脅して現金を奪ったなどとして、警視庁少年事件課は強盗と逮捕監禁の疑いで、不良グループ「怒羅権」(ドラゴン)元総長の少年(19)ら4人を逮捕した。いずれも容疑を認めている。

 被害者の都立高校2年の男子生徒(17)は、今回逮捕された少年2人と一緒にタクシーの釣り銭箱を盗んだなどとして、今年1月に逮捕。同課の調べに、元総長に脅された際も同様の手口で現金を盗んで渡したと説明している。

 元総長らの逮捕容疑は昨年11月7日夜、男子生徒を目隠しして両手を縛り車に監禁し、1千円を奪ったなどとしている。

 事件当日、元総長は「1時間以内に5万円用意しろ」と男子生徒を脅し、暴行を加え約2万円を強奪。その後、少年が1千円しか用意できなかったことに怒り、さらに約2万4千円を脅し取った疑いも持たれている。

 元総長は、暴走族結成を計画した男子生徒の「後見人」に名乗り出たが、結成が暗礁に乗り上げ男子生徒が連絡を絶ったため、腹を立てて襲ったという。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110405/crm11040513270006-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

区役所で男性職員刺す 神戸、生活保護相談に不満(5日)

5日午前9時35分ごろ、神戸市中央区雲井通の同市中央区役所の市民対応窓口で、男が男性職員(53)を刃物で刺した。男性職員は左脇腹を負傷し、病院に搬送されたが、命に別条はないという。別の職員数人が男を取り押さえ、駆けつけた兵庫県警葺合署員が殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。「殺すつもりはなかった」と殺意を否認しているという。

 逮捕されたのは、同区内に住む無職の男(21)。葺合署によると、男は同市から受給した生活保護費を落としたとして、4日に区役所に電話で相談していた。その際の対応に不満があったとみられ、同署が詳しい動機を調べている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110405/crm11040513280007-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

薬事法違反:「体内被ばくに効く」と偽り天然鉱物販売(5日)

福島第1原発事故に便乗し、天然鉱物である「ゼオライト」を体内被ばくに効く医薬品として販売したとして警視庁生活環境課は5日、いずれも神戸市灘区宮山町1の健康食品販売業、梅若文孝容疑者(50)と従業員の千葉なつみ容疑者(29)を薬事法違反(医薬品の無許可販売など)容疑で逮捕した。東日本大震災が起きた3月11日以降、東京や福島などの1000人以上にネット販売し総額2400万円を売り上げたとみられる。

 逮捕容疑は3月25日、茨城県守谷市の主婦(48)に「プレミアムゼオライト」という商品3本(計90ミリリットル)を1万5000円で販売したなどとしている。

 梅若容疑者らは08年以降、米国から輸入したゼオライトを「Design for Life」などの社名で販売。震災後にネットで「体内の放射性物質を吸着し排せつする」と宣伝し始めたが、生活環境課は「医学的、科学的根拠は確認されていない」としている。【村上尊一】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110405k0000e040080000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団:愛知県が施設貸す 県警は予約取り消し打診(5日)

愛知県が10年11月、同県一宮市の公共施設を忘年会会場として予約した相手が暴力団であるとの情報を県警などから得ながら、そのまま貸し出していたことが分かった。施設を所管する県労働福祉課は「暴力団と断定できず、直ちに暴力団の利益につながるとの判断に至らなかった」と釈明している。

 県によると、この施設は尾西勤労青少年福祉センター(尾西グリーンプラザ)。09年12月に県外を住所地とする企業名で、多目的ホールの利用申し込みがあった。利用名目は忘年会開催だったという。

 開催日の直前に同センターに「この企業は暴力団だ」との匿名の電話があり、県警からも同種の情報提供があった。県警は施設側に予約の取り消しを打診。しかし、施設側から相談を受けた県労働福祉課は「開催日まで時間が少ない」などと判断して予約を取り消さず、忘年会は予定通り開かれたという。

 今月1日に施行された県暴力団排除条例は、公共施設の利用を暴力団に許可しないことができると規定。さらに県は県警と3月に公共施設からの暴力Logo_mainichi_s1_2団排除について合意している。【加藤潔】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110405k0000e040094000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

観覧車から3歳児が10メートル下に転落 命に別条なし(5日)

福岡県太宰府市の「だざいふ遊園地」で3日午後、観覧車に乗っていた同県大野城市の女児(3)がゴンドラから10メートル下の地面に転落した事故が起きていたことが5日、分かった。女児は頭部に打撲を負ったが、命に別条はないという。

関連記事

記事本文の続き 福岡県警筑紫野署は、女児が転落した状況などを詳しく調べている。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

震災で釈放・逮捕、法相「検察の判断に疑問符」(5日)

江田法相は5日の閣議後の記者会見で、東日本大震災後に福島、仙台両地検が勾留中の容疑者を釈放した問題について、「(被災者の)皆さんから見ると、大変な不公平感を持つのは、よく理解ができる。あまりうれしくないことだった」と述べた。

 釈放された女が福島県警に逮捕されたことについては、「こういう事案が起きると釈放の判断が、適切だったかどうかに大きな疑問(符)が付く。検察の所管大臣として大変残念だ」と語った。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

遊漁船から転落、客死亡・船長不明…和歌山沖(5日)

 5日午前6時15分頃、和歌山県美浜町日ノ御埼沖約8キロの紀伊水道で、同県由良町大引の遊漁船「海臨丸」=大森善樹船長(59)、約10トン=の釣り客から、「船長と男性釣り客1人が海中へ転落した」と118番があった。

 田辺海上保安部の巡視船などが2時間半後、転落した釣り客の堺市南区、大池

●悟

(

かずのり

)

さん(67)を引き上げたが、搬送先の病院で死亡が確認された。大森船長は行方不明。船にはほかに釣り客2人がいた。(●は竹かんむりに弄)

 同保安部などの発表によると、現場でいかりを下ろす作業をしていた大森船長が、足にロープが絡まって海に落ち、助けようとした大池さんも転落したという。2人は救命胴衣を着用していなかった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性が乗っていた車見つかる 茨城女性殺害(5日)

茨城・北茨城市の川で殺害された女性の遺体が見つかった事件で、女性が乗っていた車が、女性が勤務する会社から約1キロ離れた駐車場で鍵がかかった状態で見つかった。

 この事件は、北茨城市の綱木川で3日、首に絞められた痕がある状態で茨城・日立市の会社員・菊地華波さん(20)の遺体が見つかったもの。警察によると、菊地さんは2日朝、日立市の勤務先に車で出勤し、午後3時半頃に退社した後、行方がわからなくなっていた。車は、会社から約1キロ離れた駐車場で、鍵がかかった状態で見つかった。

 死因は首を絞められたことによる窒息で、警察は殺人と遺体遺棄の疑いで調べている。

Banner011_2 http://www.news24.jp/articles/2011/04/05/07180119.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

原発が建つ全国24の市町村が申し入れ(5日)

御前崎市など全国24の市町村が福島原発事故の収束や原発の緊急安全対策などを経済産業省に申し入れた。

申し入れを行ったのは原発が建つ全国24の市町村で組織する「全国原子力発電所所在市町村協議会」で、御前崎市の石原茂雄市長など19人が経済産業省を訪れた。要請書では福島第一原発事故の被害拡大を防ぐことや全国の原発の緊急安全対策などを国が責任を持って行うよう求めている。

要請書を受け取った松下忠洋経済産業副大臣は「国の原子力政策の中で発生した事故で重大な責任を感じている。1日も早く収束するよう国として全力を挙げる」と述べた。石原市長も改めて、国の対応を求めた。協議会はこの後、緊急役員会を開いた。

協議会の会長を務める福井県敦賀市の河瀬市長が「所在地として夢にも思わなかったことが現実的に起きている。何ができるのかしっかり検討していきたい」と挨拶し今後の活動について協議した。

Banner011

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【地震】双葉町の避難住民に自転車100台を贈る(5日)

埼玉県加須市に集団で避難している福島県双葉町の住民に、自転車100台が贈られました。

 双葉町から避難している人:「皆さんにこんなにして頂いて、何と言っていいか分かりません」
 これらの自転車は埼玉県上尾市から無償で提供されたもので、4日に加須市の避難所に届けられました。上尾市によると、レンタサイクル事業が先月末で終わったため、使わなくなった自転車を避難している人に役立ててもらおうと提供したということです。双葉町は「できるだけ早く、町民の方々に使ってもらいたい」としています。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210405002.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東日本大震災:スーパーの募金箱盗んだ児童ら補導 福岡(5日)

 福岡県警早良署は4日、スーパーに設置されていた東日本大震災の募金箱を盗んだとして、福岡市内の小学6年の兄弟(いずれも11歳)と、友人の中学2年の男子生徒(13)を補導し、窃盗の非行内容で児童相談所に通告した。同署によると全員「自分たちがやりました。すみませんでした」と話しているという。

 3人の非行内容は3日午後4時20分ごろ、同市早良区藤崎2のスーパーで、レジ近くの商品詰め替え台にあった、現金約2100円入りの募金箱を盗んだとしている。同署によると、弟と男子生徒が見張りに立ち、兄が着ていたジャンパーに募金箱をくるんで店外へ持ち出したという。持ちかけたのは実行役の兄で「お金がほしかった」などと話しているという。

 店側が直後に同署へ通報。防犯ビデオには店内をうろつく3人が映っていたという。【丸山宗一郎】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110405k0000m040140000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

福島で釈放の容疑者また逮捕 問われる地検の判断(5日)

【東日本大震災】

 東日本大震災後に福島地検が釈放した窃盗事件の容疑者が、建造物侵入の現行犯で逮捕されていたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。地検は「治安に影響はない」として、福島県警に相談することなく、一方的に釈放していたが、容疑者が再び逮捕されたことで、判断の甘さが指摘されそうだ。

関連記事

記事本文の続き 福島署によると、捕まったのは、福島市渡利の無職、山口淳子容疑者(38)。2日午後4時ごろ、福島市内のコンビニの事務所内に不法に立ち入ったところを、店の経営者にみつかり、その場で取り押さえられたという。

 同署は窃盗目的とみて、調べている。

 福島地検は震災後、警察官の人手不足を理由に、容疑者の安全確保や参考人聴取などの裏付け捜査が困難になったとして、容疑者計31人を「処分保留」で釈放していた。

 一切、相談を受けなかった県警関係者からは「原発の放射能漏れの影響を考慮したとしても、釈放までせずに、勾留場所の変更で十分対応できたのではないか」といった批判の声があがっていた。

 福島地検のほかに、仙台地検も震災後、容疑者計27人を釈放し、被告3人の勾留を取り消しているが、仙台地検のケースは宮城県警の要請を受けての措置だった。

 福島、仙台両地検の釈放人数と罪名は、窃盗24人▽傷害9人▽覚せい剤取締法違反6人▽詐欺・業務上横領9人▽児童買春・児童ポルノ禁止法違反4人▽強制わいせつ1人▽建造物侵入4人▽道交法違反4人。

 裁判員裁判対象の重大事件の容疑者・被告は含まれていないが、住民らは報道されるまで、容疑者らが釈放されたことを知らされておらず、不安が広がっていた。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自衛隊や警察向けの不在者投票開始 派遣の宮城、岩手で(5日)

東日本大震災の被災地に派遣されている全国の自衛官、警察官、消防士らを対象にした統一地方選の不在者投票が4日、仙台市や岩手県遠野市などで始まった。仙台市は7日まで、郵便事情の悪い遠野市は6日まで。事前に請求した用紙を持っていけば、ボランティアでも受け付ける。

 本来はどこの市町村でも投票できるが、今回は派遣人数が多く、被災した自治体は対応が困難なため、総務省と担当省庁が協議し、宮城、岩手両県に臨時の投票場所を設けることになった。総務省の職員30人も応援に入る。

 自衛隊の統合任務部隊によると、宮城県内だけでも、知事選がある北海道や四国、九州などから来ている約1万3千人が投票を予定しているという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

最高裁長官ら、計4200万円の義援金(5日)

最高裁は4日、東日本大震災の被災地支援のため、竹崎博允長官と最高裁裁判官の有志が、日本赤十字社などを通じて義援金計4200万円を寄付すると発表した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

屋根の上の漂流犬、名は「バン」…飼い主と再会(5日)

宮城県気仙沼市沖で今月1日、漂流する屋根の上から救助された犬が4日、収容先の県動物愛護センターで飼い主と再会し、引き取られた。

 センターによると、この犬は、同市在住の女性が家族と飼っていたメスの雑種で2歳の「バン」。海上保安庁の巡視船などに救助されるニュースを見た女性と娘が4日にセンターを訪れ、バンと確認した。家族も被災し、避難所で生活しているという。バンは再会の際、喜びを全身で表すように女性に飛びつき、女性も「再会できて良かった」と話していたという。同センターの鈴木寿郎所長(57)は「飼い主のもとに帰ることができて幸せですね」と喜んでいた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月4日 | トップページ | 2011年4月6日 »