« 首都圏の私鉄 ほぼ平常どおり(13日) | トップページ | 米大使館「深刻なデマ流れ続けている。日本の指示に従って」(13日) »

2011年3月13日 (日)

自衛隊10万人態勢に、首相指示 被災者救出で(13日)

菅直人首相は東日本大震災の被災者救出のため、自衛隊の派遣態勢を10万人規模に増強するよう北沢俊美防衛相に指示した。北沢氏は13日午前の防衛省災害対策本部会合で折木良一統合幕僚長らに増派の準備を急ぐよう指示した。防衛省によると、10万人態勢は過去最大規模の自衛隊活動となる。

 北沢氏は14日に被災地入りする。会合後、記者団に「12日夜までに6万5千人態勢となったが、一両日中に10万人態勢を整える」と述べた。

 北沢氏は対策本部会合で、ヘリによる救助活動効率化に向け、陸海空3自衛隊別だった指揮系統を陸上自衛隊東北方面総監部(仙台市)に一元化し統合任務部隊を設置する方針を表明。「依然として孤立し、救助を待っている人たちがいる現実は極めて重い」と救出活動に全力を挙げる決意を強調した。

47newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011031301000140.html

 

« 首都圏の私鉄 ほぼ平常どおり(13日) | トップページ | 米大使館「深刻なデマ流れ続けている。日本の指示に従って」(13日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊10万人態勢に、首相指示 被災者救出で(13日):

« 首都圏の私鉄 ほぼ平常どおり(13日) | トップページ | 米大使館「深刻なデマ流れ続けている。日本の指示に従って」(13日) »