« ボランティア「仕事ない」 需給ミスマッチ深刻(24日) | トップページ | 東京都、乳児の水道水摂取制限を解除(24日) »

2011年3月24日 (木)

秋葉原無差別殺傷、加藤被告に死刑判決 東京地裁(24日)

東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大被告(28)の判決公判が24日、東京地裁で始まり、村山浩昭裁判長は死刑(求刑同)を言い渡した。

 最大の争点は加藤被告の責任能力の程度。検察側は「犯罪史上まれに見る凶悪重大事件。改善更生を期待するのは困難だ」として死刑を求刑。精神障害にも罹患しておらず、3日前から犯行を準備していたことなどから、「完全責任能力を有していたのは明らか」と主張した。

 加藤被告は動機について、インターネット掲示板に登場した「なりすましや荒らしで、居場所が失われたと考えた」などと説明。弁護側は「この強いストレスで行動制御能力が低下し、心神耗弱か心神喪失だった」と減刑を求めた。

 昨年1月から始まった公判には、検察、弁護側から計42人が証人として出廷。遺族らも被害者参加制度に基づき法廷で意見陳述し、死刑を求めた。

 起訴状によると、加藤被告は平成20年6月8日、秋葉原の交差点にトラックで突入し、3人をはねて殺害し、ダガーナイフで4人を刺殺。さらに10人にけがを負わせたとされる。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110324/trl11032415010002-n1.htm

 

« ボランティア「仕事ない」 需給ミスマッチ深刻(24日) | トップページ | 東京都、乳児の水道水摂取制限を解除(24日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原無差別殺傷、加藤被告に死刑判決 東京地裁(24日):

« ボランティア「仕事ない」 需給ミスマッチ深刻(24日) | トップページ | 東京都、乳児の水道水摂取制限を解除(24日) »