« 死者・行方不明者1万9399人 警察庁まとめ(20日) | トップページ | 1歳長男、首絞められ死亡…35歳母親を逮捕(20日) »

2011年3月20日 (日)

南三陸町の戸籍データ消失、法務局保存分も水没(20日)

東日本巨大地震で被災した宮城県南三陸町で、戸籍の全データが津波で消失した可能性が高いことが19日、明らかになった。

 法務省は戸籍法に基づき、町に戸籍の作り直しを求める方針だが、作業は困難を極めそうだ。今後、戸籍の全国ネットワーク化など、戸籍制度の見直しに向けた議論も起こりそうだ。

 南三陸町は戸籍を電子化して保存していたが、今回の地震で庁舎全体が壊滅状態となった。データは仙台法務局気仙沼支局(宮城県気仙沼市)でも保存していたが、同支局のシステムも津波で水没。他の法務局や自治体とデータを共有する仕組みはなく、同町の戸籍データは完全消滅した可能性が高くなった。今回の地震で、戸籍を管理する自治体と法務局両方のデータが消滅したのは同町だけだという。

 消失の場合、同町に本籍を置く人は戸籍を証明する手だてがなくなる。銀行口座などの相続には一般的に戸籍謄本・抄本が求められるが、消失すれば提出できず、旅券や免許証も発行できなくなる恐れがある。

 

« 死者・行方不明者1万9399人 警察庁まとめ(20日) | トップページ | 1歳長男、首絞められ死亡…35歳母親を逮捕(20日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南三陸町の戸籍データ消失、法務局保存分も水没(20日):

« 死者・行方不明者1万9399人 警察庁まとめ(20日) | トップページ | 1歳長男、首絞められ死亡…35歳母親を逮捕(20日) »