« 米大使館「深刻なデマ流れ続けている。日本の指示に従って」(13日) | トップページ | 「3日以内にM7以上の余震発生確率70%」と気象庁(13日) »

2011年3月13日 (日)

東日本大震災:マグニチュード9.0に修正 世界最大級(13日)

気象庁は13日、東日本大震災のマグニチュード(M)が世界観測史上最大級の9.0だったと明らかにした。これまでのM8.8から修正した。被災地では発生から3日目を迎え、甚大な被害は深刻さを増している。死者・行方不明者は2000人を超えた。福島第1原発の半径20キロ圏内から、この日新たに18万人が避難へ。宮城県登米市で朝、震度5弱を観測するなど余震も続いた。

 各警察本部がまとめた死者は801人、行方不明者は678人。警察庁や宮城県警によると、宮城県内でほかに400~500人の遺体があるほか、同県東松島市で新たに200人以上の遺体を発見。岩手県によると、陸前高田市でもがれきの下から多数の遺体が見つかった。

 宮城県によると、12日夜の段階で、女川原発の施設のほか、石巻市と女川町の小学校や病院、旅館などで約4400人が孤立している。

 福島県は13日、浪江町で新たに918人と連絡が取れなくなり、計1167人と連絡が取れないと発表。岩手県は大槌町の町長や職員と連絡が取れていない。町役場が大津波に押し流され、町長らは建物内にいたとみられている。総務省消防庁によると、同県大船渡市の特別養護老人ホームで30人が津波に流された。

 住民約1万人と連絡が取れない宮城県南三陸町や、住民約2万3000人中5900人の避難を確認した陸前高田市では、引き続き安否確認を進めている。警察庁によると、同市では市街地の約5000世帯が水没しているという。

 警察庁などによると、震災の建物崩壊や津波などによる避難は、宮城、岩手など6県で35万人以上となった。

 気象庁は、東北の太平洋沿岸に出していた津波警報を注意報に切り替え、津波警報の出ている地域はなくなった。

 政府は、激甚災害指定を行う政令を12日に閣議決定したと発表。自衛隊の災害派遣を10万人態勢とする。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110313k0000e040049000c.html

 

« 米大使館「深刻なデマ流れ続けている。日本の指示に従って」(13日) | トップページ | 「3日以内にM7以上の余震発生確率70%」と気象庁(13日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災:マグニチュード9.0に修正 世界最大級(13日):

« 米大使館「深刻なデマ流れ続けている。日本の指示に従って」(13日) | トップページ | 「3日以内にM7以上の余震発生確率70%」と気象庁(13日) »