« サイト運営会社社長を逮捕 架空広告費で脱税容疑(9日) | トップページ | 入試ネット投稿:仙台の予備校寮を家宅捜索 京都府警(9日) »

2011年3月 9日 (水)

山口組系暴力団が渋谷区のビルを事務所使用? 取得経緯に問題 警視庁が実態把握へ(9日)

東京都内の業者が所有する渋谷区のビルの部屋が昨年末以降、指定暴力団山口組山健組系暴力団の事務所として使用されている疑いがあることが8日、ビル関係者への取材で分かった。現在の所有業者の取得経緯に問題があったとして、元の所有業者が所有権移転の無効を訴え東京地裁に提訴。他の入居者も騒音被害を訴えるなどすでにトラブル化している。各地で暴力団事務所の使用差し止めの動きが広がる中、警視庁は実態把握に動き出した。

 問題となっているのは、JR渋谷駅から西に数百メートルの渋谷区南平台町にある11階建てビルの5、6階部分。昨年9月に豊島区の不動産賃貸業者から港区の土地売買業者に所有権が移った。しかし、移転後間もない同10月、取得経緯に不正があり所有権移転は無効だとして、元の所有者だった豊島区の業者が、現在の所有者の港区の業者を相手取り、所有権移転登記の抹消を求める民事訴訟を東京地裁に起こした。

ところが、同12月に入り5、6階部分に暴力団関係者が出入りするようになり、昼夜を問わず内装工事を開始。他の入居者が騒音被害を訴えたほか、大量のゴミが放置されるなどのトラブルが相次いだ。関係者によると、すでに複数の所有者が退去を始めているという。

 現在のところ、ビルに暴力団を示す看板は掲げられておらず、該当する郵便受けには現在の所有業者の会社名のみが明記されている。また、訴訟の中で現在の所有業者側は「暴力団が事務所として使用している実態はない」と主張している。

 しかし、関係者が入手した資料によると、事務所として使用しているとみられる暴力団の組長が配下の組員に宛てた破門状には、このビル5階が事務所の住所として記されている。

 ビル関係者は現在、暴力団追放運動推進都民センターや弁護士らに相談して対応を検討。警視庁も現在の所有業者と山口組との関係や取得経緯などを注視している。

 山口組をめぐっては、銃刀法違反罪で服役中の山口組組長、篠田建市受刑者(69)=通称・司忍=の出所を今年4月に控えている。このため、全国の警察が警戒を強めている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110309/crm11030902010003-n2.htm

 

« サイト運営会社社長を逮捕 架空広告費で脱税容疑(9日) | トップページ | 入試ネット投稿:仙台の予備校寮を家宅捜索 京都府警(9日) »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山口組系暴力団が渋谷区のビルを事務所使用? 取得経緯に問題 警視庁が実態把握へ(9日):

« サイト運営会社社長を逮捕 架空広告費で脱税容疑(9日) | トップページ | 入試ネット投稿:仙台の予備校寮を家宅捜索 京都府警(9日) »