« 命をかけ津波通報、宮城・岩沼市の若手職員(19日) | トップページ | 「会えると信じていた」20時間漂流の女性、家族と再会(19日) »

2011年3月19日 (土)

警視庁、屋内退避圏内の患者搬送へ(19日)

【東日本大震災】

 東京電力福島第1原発事故で屋内退避地域となった福島県南相馬市の大町病院の入院患者を移送するため、警視庁は19日、機動隊員ら約20人とバスなどを派遣した。

 同病院は屋内退避指示が出ている20~30キロ圏内にある。病院によると、寝たきりや重症などで自力での移動が難しい高齢者ら約140人が入院している。

 そのうち比較的症状が軽い65人ほどを、警視庁の大型バスで約30キロ西の県立川俣高校に一時的に移送。その後、群馬県内の病院に搬送する。http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

Head_logo1_2

 

« 命をかけ津波通報、宮城・岩沼市の若手職員(19日) | トップページ | 「会えると信じていた」20時間漂流の女性、家族と再会(19日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁、屋内退避圏内の患者搬送へ(19日):

« 命をかけ津波通報、宮城・岩沼市の若手職員(19日) | トップページ | 「会えると信じていた」20時間漂流の女性、家族と再会(19日) »