« 覚せい剤密輸、容疑のスペイン人逮捕 (8日) | トップページ | 輸入医薬品を無許可で販売した疑い 業者ら5人逮捕(8日) »

2011年3月 8日 (火)

コンロの火が服に燃え移り、女性大ヤケド(8日)

東京・国分寺市の住宅で7日朝、調理中のコンロの火が服に燃え移り、女性が右腕などに大ヤケドをした。

 警視庁などによると、7日午前7時前、国分寺市内藤にある住宅で、41歳の女性が台所でパンを焼こうとオーブントースターに手を伸ばしたところ、手前にあったコンロの火が、着ていたパジャマに燃え移ったという。女性は右腕や脇腹に大ヤケドをしたが、命に別条はない。

 東京消防庁によると、火が服に燃え移る火事は09年までの5年間で、東京都内で約400件起きている。製品評価技術基盤機構(=NITE)も「服に火が燃え移る事故は、特に冬場に多く起きている」と注意を呼びかけている

Banner011 http://www.news24.jp/articles/2011/03/07/07177355.html

 

« 覚せい剤密輸、容疑のスペイン人逮捕 (8日) | トップページ | 輸入医薬品を無許可で販売した疑い 業者ら5人逮捕(8日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンロの火が服に燃え移り、女性大ヤケド(8日):

« 覚せい剤密輸、容疑のスペイン人逮捕 (8日) | トップページ | 輸入医薬品を無許可で販売した疑い 業者ら5人逮捕(8日) »