« 備蓄用のガソリン 盗難相次ぐ(18日) | トップページ | 計画停電:信号消灯で交通事故相次ぐ 神奈川や埼玉(18日) »

2011年3月18日 (金)

東京消防庁も原発に139人のハイパーレスキュー隊投入 特殊車両で放水へ(18日)

東京消防庁は18日午前、東日本大震災で被害を受けた東京電力福島第1原発の放射性物質(放射能)漏洩(ろいえい)を食い止めるため、ハイパーレスキュー部隊など緊急消防援助隊139人を現地に派遣した。同日午前7時半ごろに福島県いわき市に到着。特殊車両で放射線量を計測するなどし、東京電力と安全対策を協議した上で同日午後にも放水活動を始める見通しだ。

 東京消防庁によると、部隊の主な車両は、地上22メートルから放水が可能な屈折放水塔車▽石油貯蔵施設や工場火災に対応し、毎分5トンの放水が可能な大型化学車▽海や河川から送水できる遠距離大量送水車▽NBC(核・生物・化学)災害に対応する特殊災害対策車▽40メートル級のはしご車-など計30台。現場の状況を見極め、使用する車両を決めるとみられる。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110318/dst11031810490033-n1.htm

 

« 備蓄用のガソリン 盗難相次ぐ(18日) | トップページ | 計画停電:信号消灯で交通事故相次ぐ 神奈川や埼玉(18日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京消防庁も原発に139人のハイパーレスキュー隊投入 特殊車両で放水へ(18日):

« 備蓄用のガソリン 盗難相次ぐ(18日) | トップページ | 計画停電:信号消灯で交通事故相次ぐ 神奈川や埼玉(18日) »