« 牡鹿半島、東へ5メートル動く 東日本大震災で京大解析(16日) | トップページ | 早稲田大が被害届を取り下げ 「未成年による単純な不正行為」(16日) »

2011年3月16日 (水)

警視庁の放水車で4号機の冷却検討 警察庁(16日)

警察庁は16日、政府の指示を受け、火災を繰り返している福島第1原発4号機の使用済み核燃料貯蔵プールを冷却するため、警視庁機動隊の高圧放水車を使って放水が可能か検討を始めた。現在、周辺の放射能濃度を測定し、水が届く位置まで近づくことが可能か調べるとともに、放水車のルートの確保を進めている。

 4号機をめぐっては、15日と16日に相次いで火災が発生。建屋の屋根はおおむね残っているものの、北側と西側の側壁に大きな穴が開いた状態になっている。貯蔵プールの冷却機能が失われ、冷却水の蒸発が進んでいるとみられている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110316/dst11031620280090-n1.htm

 

« 牡鹿半島、東へ5メートル動く 東日本大震災で京大解析(16日) | トップページ | 早稲田大が被害届を取り下げ 「未成年による単純な不正行為」(16日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁の放水車で4号機の冷却検討 警察庁(16日):

« 牡鹿半島、東へ5メートル動く 東日本大震災で京大解析(16日) | トップページ | 早稲田大が被害届を取り下げ 「未成年による単純な不正行為」(16日) »