« 女子高専生殺害、一緒に倒れていた少年を逮捕(25日) | トップページ | 駐在所のお巡りさん、最後まで住民守った…(25日) »

2011年3月25日 (金)

国旗国歌訴訟:教諭の処分取り消し請求、東京高裁も棄却(25日)

学校行事で日の丸に向かって起立し、君が代を斉唱するよう義務付けた東京都教育委員会の通達や校長の職務命令に従わず、停職処分を受けた都内の公立学校教諭2人が、処分取り消しなどを求めた訴訟の控訴審で、東京高裁は25日、1審・東京地裁と同様、請求を棄却する判決を言い渡した。加藤新太郎裁判長は「職務命令は憲法が保障する思想・良心の自由を侵害せず、処分も裁量権の範囲内」と述べた。

 加藤裁判長は「停職は重大な不利益処分」としつつ、2人が同趣旨の行為で繰り返し処分されていたことなどを踏まえて都の対応を適法とした。一方で「処分は極めて合理的とは評価できず、都の裁量権の範囲の上限だ」とも指摘した。

 原告は根津公子さん(60)と河原井純子さん(61)=昨年3月に定年退職=で、06年3月に停職3カ月と1カ月の懲戒処分を受けた。河原井さんが04年に受けた戒告処分については、東京高裁の別の裁判長が処分を取り消す判決を言い渡しており、最高裁で改めて処分の適否が争われる見通し。【和田武士】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110326k0000m040015000c.html

 

« 女子高専生殺害、一緒に倒れていた少年を逮捕(25日) | トップページ | 駐在所のお巡りさん、最後まで住民守った…(25日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国旗国歌訴訟:教諭の処分取り消し請求、東京高裁も棄却(25日):

« 女子高専生殺害、一緒に倒れていた少年を逮捕(25日) | トップページ | 駐在所のお巡りさん、最後まで住民守った…(25日) »