« 入試投稿、警視庁も捜査へ 偽計業務妨害などの疑い(1日) | トップページ | アルプス・剱岳で富山県警の山岳警備隊員3人が雪崩に巻き込まれる 2人重体(1日) »

2011年3月 1日 (火)

目黒夫妻殺傷:木村容疑者が事件直前現場下見 死角狙う?(1日)

東京都目黒区の無職、大原道夫さん(87)夫妻が殺傷された事件で、福島県いわき市常磐西郷町、自称無職、木村義昭容疑者(65)=殺人容疑などで逮捕=が事件直前に現場の下見をしていたことが分かった。警視庁目黒署捜査本部は、高級住宅街の中で道路から玄関が死角になっている大原さん方に狙いをつけたとみて追及する。事件直前の木村容疑者の行動は、喫茶店にいたこと以外は詳しく分かっていなかった。

 捜査本部によると、木村容疑者は1月10日朝に上京し、午後1時ごろには東京メトロ恵比寿駅に到着。事件までの約3時間は周辺で過ごしたとみられ、木村容疑者も「たまたま目に付いた家に入った」と供述していた。

 捜査関係者によると、防犯カメラの映像分析などで、木村容疑者は着替えなどが入ったバッグを恵比寿駅のコインロッカーに預け、午後2時半ごろから約1時間、隣の中目黒駅周辺の住宅街を物色していたことが分かった。その後、恵比寿駅に戻ってバッグを取り出して現場に向かった。木村容疑者は調べに下見を認めているという。【山本太一、内橋寿明、小泉大士】Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110301k0000m040146000c.html

 

« 入試投稿、警視庁も捜査へ 偽計業務妨害などの疑い(1日) | トップページ | アルプス・剱岳で富山県警の山岳警備隊員3人が雪崩に巻き込まれる 2人重体(1日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目黒夫妻殺傷:木村容疑者が事件直前現場下見 死角狙う?(1日):

« 入試投稿、警視庁も捜査へ 偽計業務妨害などの疑い(1日) | トップページ | アルプス・剱岳で富山県警の山岳警備隊員3人が雪崩に巻き込まれる 2人重体(1日) »