« 警視庁、停電時の犯罪に注意呼びかけ (16日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2011年3月16日 (水)

“白煙” 場所は3号機付近か(16日)

16日午前10時前、NHKのヘリコプターが福島第一原子力発電所付近から白い煙のようなものが上がっているのを確認しました。これについて、東京電力福島事務所は記者会見し、「現場は確認できていない。映像で見るかぎり、場所は3号機の付近とみられる。水蒸気の可能性があるが、詳しくは今後調査したい」と話しました。そのうえで、「現地の従業員からの話では、建物の外に出ることができないので、今のところ、現地では煙のようなものが出ているか、確認することはできない」と述べました。映像からは、煙のようなものは断続的に吹き出しているように見えます。NHKのヘリコプターは、原子力発電所から30キロ以上離れた上空から撮影しています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110316/t10014707621000.html

“白い煙は水蒸気の可能性”

16日午前10時前、福島第一原子力発電所付近から白い煙のようなものが上がり、東京電力は記者会見で、「映像で見るかぎり、3号機付近とみられ、水蒸気の可能性がある」と話しました。

東京電力によりますと、3号機の使用済み燃料を保管しているプールは冷却できない状態だということで、プールの温度が上がって水が蒸発している可能性があるとしています。16日午前10時前、NHKのヘリコプターが、福島第一原子力発電所付近から白い煙のようなものが上がっているのを確認しました。これについて、東京電力が記者会見し、「現場は確認できていない。映像で見るかぎり、場所は3号機の付近とみられ、水蒸気の可能性があるが、詳しくは今後調査したい」と話しました。東京電力によりますと、水蒸気が出る可能性としては、使用済み燃料が保管されているプールの水が蒸発していることが考えられるということです。3号機のプールには514体の燃料集合体が保管されていますが、現在、冷却できなくなっているということで、プールの水が下がって燃料が露出している可能性もあるとしています。映像からは、煙のようなものは断続的に吹き出しているように見えます。NHKのヘリコプターは、原子力発電所から30キロ以上離れた上空から撮影しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110316/t10014708651000.html

 

« 警視庁、停電時の犯罪に注意呼びかけ (16日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “白煙” 場所は3号機付近か(16日):

« 警視庁、停電時の犯罪に注意呼びかけ (16日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »