« 心ちゃんの通夜、会場すすり泣き…熊本女児殺害(7日) | トップページ | NZ地震 日本人犠牲者の身元初めて判明 平内好子さん(7日) »

2011年3月 7日 (月)

予備校生、2列目左端で受験 「通路狭く見回り来ず」(7日)

京都大入試問題のネット投稿事件で、偽計業務妨害容疑で逮捕された男子予備校生(19)が、京都府警の調べに対し「試験開始時は(投稿に使った)携帯電話をマナーモードにし、ズボンのポケットに隠した」と説明していることが分かった。捜査関係者への取材で判明した。予備校生は、自席について「近くの通路が狭く、誰も見回りに来なかった」とも供述。府警は席の位置や監督態勢がカンニング行為に有利に働いた可能性があるとみて、調べている。

 捜査関係者らによると、予備校生は2月26日、試験中にカンニング行為をしたなどとして逮捕容疑の対象となった京都大の英語試験を受験。教室には5、6人の試験監督がいたという。

 監督は試験開始前、受験生に携帯電話の電源を切ってかばんに入れるよう指示。しかし、予備校生は調べに対し、試験が始まる前に着信音が鳴らないマナーモードにしてズボンのポケットに隠したと説明。問題が配られると携帯を取り出し、左手で股の間に隠すようにして操作した、と話しているという。

 教室では、受験生約120人が3人がけの席に2人ずつ、横一列に8人が座り、約15列程度に分かれて着席。各受験生の席は、左か右側が通路に面していた。しかし、予備校生の席は前から2列目の左端で、左隣の通路は狭く、試験中に監督が接近することはなかったという。

 府警は、予備校生が試験前から携帯電話を使ったカンニングを計画し、試験中に監督の隙があると判断して、投稿や解答の書き写しを繰り返したとみている。

 また、捜査関係者によると、府警が押収した携帯電話は、メーン画面を常時確認できるスライド式で、画像を読み込むスキャナー機能などはなかった。

 

 予備校生は、英数いずれも2時間あった試験時間のうち、数学は開始から41分間で設問すべてを、英語は冒頭の15分間で和文英訳2問の投稿を終了。キー操作で文字や数式を入力し、試験の後半は、主に掲示板に寄せられた解答を画面で確認し、答案用紙に書き写す時間にあてていたとみられる。

 京都大によると、予備校生が受験した2月25、26両日は、110の試験室に試験監督が計約400人、各教室では2~10人が配置された。大学側は、監督態勢について「厳正にするよう指導しているし、万全の態勢を期してきた」などと説明している。

 府警は今後、当日の試験会場の状況に加え、大学側の監督態勢などが十分だったかについても調べる。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 心ちゃんの通夜、会場すすり泣き…熊本女児殺害(7日) | トップページ | NZ地震 日本人犠牲者の身元初めて判明 平内好子さん(7日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/51054664

この記事へのトラックバック一覧です: 予備校生、2列目左端で受験 「通路狭く見回り来ず」(7日):

« 心ちゃんの通夜、会場すすり泣き…熊本女児殺害(7日) | トップページ | NZ地震 日本人犠牲者の身元初めて判明 平内好子さん(7日) »