« タンカー襲撃海賊、初の日本移送へ…米軍が拘束(8日) | トップページ | 交通事故:中学生9割が自転車で…他世代より突出(8日) »

2011年3月 8日 (火)

岡崎市:公園の植木500本、植え替え…盗難と思い被害届(8日)

愛知県岡崎市は7日、市管理の公園で植木500本以上が何者かに引き抜かれた、と県警岡崎署に被害届を出した。同署は窃盗事件として捜査を開始。ところが、市の発注を受けた業者が植え替えのために抜いていたことが分かった。市は「関係機関にご迷惑をおかけした」と平謝りしている。

 7日午前10時半ごろ、岡崎市欠町の東公園で、ツツジやヒサカキ、ヤマザクラ、エゴノキ、コナラなど16種計531本(時価85万円相当)が抜かれているのを市職員が見つけた。市は午後2時に岡崎署に被害届を提出。署員4人が午後4時から実況見分し、神谷博幸署長も事態を重くみて現場を訪れた。しかし実況見分終了後の午後5時15分ごろ、盗難でないと判明し、市は被害届を取り下げた。

 市によると、引き抜いた業者は市の発注を受けて10年5月に植栽工事をした。契約に「枯れた木は植え替えるように」とあり、市は今月末までの植え替えを指示していた。業者は今月5日に枯れた木を抜いたが、市に連絡がなかったため盗難と勘違いしたという。【中村宰和】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110308k0000m040100000c.html

 

« タンカー襲撃海賊、初の日本移送へ…米軍が拘束(8日) | トップページ | 交通事故:中学生9割が自転車で…他世代より突出(8日) »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡崎市:公園の植木500本、植え替え…盗難と思い被害届(8日):

« タンカー襲撃海賊、初の日本移送へ…米軍が拘束(8日) | トップページ | 交通事故:中学生9割が自転車で…他世代より突出(8日) »