« 東日本大震災:マグニチュード9.0に修正 世界最大級(13日) | トップページ | 宮城県災害対策本部会議 宮城県警本部長「死者が万の単位に及ぶことは間違いない」(13日) »

2011年3月13日 (日)

「3日以内にM7以上の余震発生確率70%」と気象庁(13日)

【東日本大震災】

 気象庁は13日、東日本大震災の今後の余震活動見通しを発表した。3日以内にマグニチュード(M)7以上の余震が発生する確率は70%で、内陸や沿岸部で発生すると震度6弱、所により6強になると予想される。16日から3日以内では50%。

関連記事

記事本文の続き 大きな余震が起きれば、警報を発表するレベルの新たな津波の恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。

 同庁地震予知情報課の横田崇課長は記者会見で「余震は岩手県沖から茨城県沖にかけての長さ約500キロ、幅約200キロの範囲で発生しており、この範囲が今回の地震の震源域とみられる。過去の地震の事例からみても、余震は極めて活発な状態」と述べた。

 もし今回の東日本大震災が起きていない平常の状態だと、東北-関東沿岸でM7以上の地震が3日以内に発生する確率は0・2%程度。70%は平常時の約350倍、50%は約250倍になる。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 東日本大震災:マグニチュード9.0に修正 世界最大級(13日) | トップページ | 宮城県災害対策本部会議 宮城県警本部長「死者が万の単位に及ぶことは間違いない」(13日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「3日以内にM7以上の余震発生確率70%」と気象庁(13日):

« 東日本大震災:マグニチュード9.0に修正 世界最大級(13日) | トップページ | 宮城県災害対策本部会議 宮城県警本部長「死者が万の単位に及ぶことは間違いない」(13日) »