« 入試流出、19歳予備校生の消息不明 合格者一覧に名前も(3日) | トップページ | 目黒夫妻殺傷「夢中で刺した」 強盗殺人罪で起訴へ(3日) »

2011年3月 3日 (木)

犬猫の深夜販売規制へ 環境省「健康に悪影響の可能性」(3日)

犬や猫の深夜販売は健康に悪影響を及ぼす可能性があるとして、環境省は2日、規制に乗り出す方針を固めた。店頭に並べる時間を制限する方向で、午後8時までにすることも検討する。来年の通常国会での動物愛護法改正も視野に、4月にも結論をまとめたいとしている。

 また、イベント会場などで犬や猫を売る移動販売についても、世話をする従業員の数に基準を設けるなど、何らかの規制を検討する。

 環境省によると、深夜にペットを売る店は、大都市の繁華街を中心に営業。東京都内には午前3時まで開いている店もあるという。深夜販売が犬猫の健康に与える影響について、同省は「ペットショップで売られているのは、多くが幼い犬猫。『子犬や子猫の睡眠時間は長い』といった一般常識に照らせば、健康に悪影響を及ぼす可能性は否定できない」と説明している。

 深夜販売の規制は、動物愛護団体が強く求めている。これに対し、深夜営業のペットショップを展開する企業は「人間の生活スタイルに合わせた販売が、ペットにとってストレスになるとは思わない」と反論している。(長富由希子)

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 入試流出、19歳予備校生の消息不明 合格者一覧に名前も(3日) | トップページ | 目黒夫妻殺傷「夢中で刺した」 強盗殺人罪で起訴へ(3日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬猫の深夜販売規制へ 環境省「健康に悪影響の可能性」(3日):

« 入試流出、19歳予備校生の消息不明 合格者一覧に名前も(3日) | トップページ | 目黒夫妻殺傷「夢中で刺した」 強盗殺人罪で起訴へ(3日) »