« 東京都、被災者に都営住宅など600戸提供(16日) | トップページ | 警視庁の放水車で4号機の冷却検討 警察庁(16日) »

2011年3月16日 (水)

牡鹿半島、東へ5メートル動く 東日本大震災で京大解析(16日)

東日本大震災で、震源に近い宮城県東部の牡鹿半島では陸地が東側に水平に5.2メートル動く地殻変動があり、沈降も1.1メートルあったことが、京都大の宮崎真一准教授(地球物理学)の解析でわかった。近畿地方でも3~6センチの地殻変動があった。解析には国土地理院の観測結果を使った。

 今回の地震は、太平洋プレートが沈み込む境界でひずみがたまり、耐えられなくなった陸のプレートが跳ね上がって起きた。地震後、ひずみが解消された陸のプレートは伸ばされたような形で東に動く。また、プレート境界では地殻が上昇し、陸側は逆に沈降する。この沈降によって津波の浸水域が拡大した。

 地震がマグニチュード9.0と巨大だったため、地殻変動は広範囲に及び、近畿地方も3~6センチ、東に動いていた。地殻変動は次第に回復する可能性もあるが、1年以上たっても残ることもあると宮崎さんは推定する。(瀬川茂子)

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 東京都、被災者に都営住宅など600戸提供(16日) | トップページ | 警視庁の放水車で4号機の冷却検討 警察庁(16日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牡鹿半島、東へ5メートル動く 東日本大震災で京大解析(16日):

« 東京都、被災者に都営住宅など600戸提供(16日) | トップページ | 警視庁の放水車で4号機の冷却検討 警察庁(16日) »