« 阪神高速:パンク修理中にはねられ2人が死亡、1人重傷(6日) | トップページ | 警察が別人の遺体を引き渡し(6日) »

2011年3月 6日 (日)

振り込め詐欺:38件未然に防ぐ 2月の撲滅月間、職員らの声かけで /東京(6日)

警視庁の振り込め詐欺緊急対策本部は4日、2月の振り込め詐欺撲滅月間中、金融機関の職員や警察官による声かけで38件の被害を未然に防止したことを明らかにした。

 対策本部によると、未然防止された被害額は38件で約9400万円。青梅市内の金融機関では、1000万円を振り込もうとしていた70代の女性に職員が窓口で声をかけ、被害を防いだという。

 2月中の振り込め詐欺の認知件数は160件だった。このうち155件がオレオレ詐欺で、最近は警察官や銀行協会の職員を名乗ってカードをだまし取るケースが増えているという。警視庁は「詐欺グループは留守番電話にはメッセージを吹き込まない。掛かってきた電話に、いったん留守番電話機能で対応するのも被害を防ぐ有効な手段」と話している。【川崎桂吾】

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20110305ddlk13040257000c.html

 

« 阪神高速:パンク修理中にはねられ2人が死亡、1人重傷(6日) | トップページ | 警察が別人の遺体を引き渡し(6日) »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/51044040

この記事へのトラックバック一覧です: 振り込め詐欺:38件未然に防ぐ 2月の撲滅月間、職員らの声かけで /東京(6日):

« 阪神高速:パンク修理中にはねられ2人が死亡、1人重傷(6日) | トップページ | 警察が別人の遺体を引き渡し(6日) »