« 警察庁長官、遺体の確認作業に全力 (20日) | トップページ | 車内生活の男性死亡 殺人で捜査 東京・葛飾の河川敷(21日) »

2011年3月20日 (日)

自衛隊 がれき撤去で戦車派遣(20日)

福島第一原子力発電所では、水素爆発などの影響で原子炉の建屋の周辺に高い値の放射線を出す大量のがれきが散らばり、放水活動などの妨げになっていることから、自衛隊は、がれきを撤去するため、装甲が厚く放射線に対して一定の防護能力がある「戦車」を派遣することを決めました。

福島第一原子力発電所で、自衛隊は、東京消防庁などとともに放水活動を続けていますが、現場である3号機と4号機の原子炉の建屋の周辺には、水素爆発などの影響で高い値の放射線を出す大量のがれきが散らばっています。防衛省によりますと、これらのがれきは、隊員たちの安全を確保するうえでの大きな懸念材料となっているうえ、消防車が思うように通行できないなど、放水をはじめさまざまな活動の妨げにもなっています。このため自衛隊は、政府の了解を得たうえで、がれきを撤去するため現場に「戦車」を派遣することを決めました。派遣されるのは、静岡県御殿場市にある駒門駐屯地の74式戦車2両で、車両の前の部分にがれきを押しのける頑丈な鉄板を取り付け、作業を進めるということです。また、戦車は装甲が厚く、放射線に対しても一定の防護能力があり、隊員は、車外にでることなく作業を行えるということです。戦車はトレーラーに乗せられて、20日午後6時半ごろ、駐屯地を出発しており、21日早朝にも現場近くの活動拠点に到着する見通しです。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110320/k10014801611000.html

 

« 警察庁長官、遺体の確認作業に全力 (20日) | トップページ | 車内生活の男性死亡 殺人で捜査 東京・葛飾の河川敷(21日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊 がれき撤去で戦車派遣(20日):

« 警察庁長官、遺体の確認作業に全力 (20日) | トップページ | 車内生活の男性死亡 殺人で捜査 東京・葛飾の河川敷(21日) »