« 元琴光喜ら26人書類送検へ 野球賭博容疑、捜査を終結(2日) | トップページ | ゴミの処分めぐりトラブルか(2日) »

2011年3月 2日 (水)

八百長問題:竹縄親方「40人かかわった」 関係者に実名(2日)

大相撲の八百長問題で、日本相撲協会に八百長への関与を認めた竹縄親方(35)=元前頭・春日錦=が「自分以外にも約40人の力士が八百長にかかわっていた」と周辺関係者に話していることが分かった。現役三役力士の名を挙げ、5年前に初めて八百長に誘われた際の状況も明らかにしているという。協会の特別調査委員会(座長=伊藤滋・早稲田大特命教授)にも実名を挙げて説明しているとみられ、八百長疑惑が持たれる力士は更に拡大する可能性が高くなった。

 周辺関係者によると、竹縄親方は「迷惑をかけて申し訳なかった」と謝罪しつつ、「八百長をしていたのは自分だけではない。他にも40人ぐらいいる。なぜ自分たちだけ責められるのか」と証言したという。一部の力士だけが責任を追及されていることに不満を漏らし、八百長にかかわった他の力士の具体名を挙げているという。

 また、番付が前頭5枚目まで上がった06年初場所で、現役三役力士の付け人から対戦前日に「転んでくれないか」と初めて八百長を持ちかけられたことも打ち明け、「この時はいけないと思って断った」とも話しているという。だが、その後は度々けがに見舞われ、幕内と十両を行き来する中で、八百長に染まっていったとみられる。

 現役三役力士は、調査委に対して八百長への関与を否定しているという。

 八百長問題は警視庁が野球賭博事件の捜査過程で押収した携帯電話のメール記録から発覚。調査委は疑惑が持たれた14人から事情聴取し、メールをやり取りしていた竹縄親方、十両・千代白鵬(27)、三段目・恵那司(31)が八百長を認めた。他の力士はいずれも否定しているが、調査委は十両・清瀬海(26)についても「関与していたと認定せざるを得ない」と判断している。

 竹縄親方は八百長をうかがわせる46通のメールのうち、22通を送信、14通を受信。「では流れで少しは踏ん張るよ」などと取組手順や勝ち星の貸し借りの打ち合わせをしていた。

 竹縄親方の証言により、角界の「八百長汚染」は深刻な状況に陥るとみられるが、竹縄親方は携帯メールの記録など新たな証拠は持っておらず、調査委は慎重に裏付けを進める方針だ。【袴田貴行】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110302k0000m040113000c.html

 

« 元琴光喜ら26人書類送検へ 野球賭博容疑、捜査を終結(2日) | トップページ | ゴミの処分めぐりトラブルか(2日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/51009228

この記事へのトラックバック一覧です: 八百長問題:竹縄親方「40人かかわった」 関係者に実名(2日):

« 元琴光喜ら26人書類送検へ 野球賭博容疑、捜査を終結(2日) | トップページ | ゴミの処分めぐりトラブルか(2日) »