« 留置場で知り合った男性名義で口座開設 容疑の組員逮捕(7日) | トップページ | 万引き容疑者、捕まえてみれば暴力団組員(7日) »

2011年3月 7日 (月)

迷惑広告、警察マークで対抗…撤去正当性示す(7日)

東京都昭島市は、迷惑広告の貼り付けをストップさせるため、警察のシンボルマーク「旭日章」を付けた標識プレート100枚を製作し、11日から市内の電柱や街路灯に設置する。

 警察との協力を分かりやすく示すことで、市は「市民ボランティアらの撤去作業が円滑になる」と期待している。

 プラスチック製で縦30センチ、横21センチ。黒字で「迷惑広告貼付禁止」と記してある。市内の看板メーカーが作り、上からビラを貼ろうとしても滑り落ちてしまう特殊加工が施してある。

 市は2004年から市民ボランティア約100人と迷惑広告を撤去してきた。市民ボランティアは、犬の散歩や買い物の途中などで迷惑広告を見かけた際、市が支給した金属製ヘラではがすなどしてきたが、広告を貼る業者から、「警察でもないのになぜはがすのか」と詰め寄られた事例があったという。このため、昭島署の協力で旭日章の使用許可を取り付けた。

 市によると、電柱に貼られるなどした迷惑広告は04年以来、年々増加。10年に撤去されたのは約9600枚で、前年に比べて約1700枚も多いという。

 

« 留置場で知り合った男性名義で口座開設 容疑の組員逮捕(7日) | トップページ | 万引き容疑者、捕まえてみれば暴力団組員(7日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷惑広告、警察マークで対抗…撤去正当性示す(7日):

« 留置場で知り合った男性名義で口座開設 容疑の組員逮捕(7日) | トップページ | 万引き容疑者、捕まえてみれば暴力団組員(7日) »