« 刑務所仲間で窃盗団…被害9200万円(9日) | トップページ | 顔首に切り傷、近くに自転車 大阪の高齢女性死亡(9日) »

2011年3月 9日 (水)

DNA型鑑定の容器が汚染 警察庁が188台使用停止(9日)

全国の警察に導入された米国DNA型抽出装置で使用する消耗品の容器の一部に、製造過程で工場従業員らの細胞が混入したことが判明し、警察庁が昨年12月に同装置の使用停止を各都道府県警に通知していたことが9日、分かった。

関連記事

記事本文の続き 警察庁によると、この装置を使って鑑定した約2万5千件のDNA型を再検証した結果、7件でメーカー側が混入の可能性があるとして提供したDNA型と一致した。ただ、すべての鑑定結果は容疑者の特定や公判の証拠などに使われておらず、影響はなかったという。

 装置は米ライブテクノロジーズ社製。昨年3月に各都道府県警に計188台と、警察庁の科学警察研究所に導入された。科警研が昨年12月に研究のため使用中、異常に気付き、使用停止を通知。メーカー側は今年1月に容器の汚染を認め、混入した可能性のある複数のDNA型を提供したという。

 警察庁は「そもそも、一つの試料から複数のDNA型が検出された場合は容疑者の特定などには使っておらず、問題はなかったが、引き続き捜査に影響がないよう適切に対処する」としている。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 刑務所仲間で窃盗団…被害9200万円(9日) | トップページ | 顔首に切り傷、近くに自転車 大阪の高齢女性死亡(9日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/51075313

この記事へのトラックバック一覧です: DNA型鑑定の容器が汚染 警察庁が188台使用停止(9日):

« 刑務所仲間で窃盗団…被害9200万円(9日) | トップページ | 顔首に切り傷、近くに自転車 大阪の高齢女性死亡(9日) »