« 輸送艦おおすみが仙台港入港 救援物資を陸揚げ(19日) | トップページ | 死者・行方不明者1万8千人超…物資到着始まる(19日) »

2011年3月19日 (土)

双葉病院長「責任ない」 患者置き去り、21人死亡問題(19日)

 福島第一原発の半径20キロ圏内にあり、避難指示を受けた双葉病院(福島県大熊町)の患者21人が搬送中や搬送後に死亡した問題で、同病院の院長が18日、朝日新聞の取材に応じた。自衛隊による救出前に病院を離れて患者を置き去りにしたことを認めたうえで、「一緒にいた地元警察署幹部に避難を迫られた」などと釈明した。

 同病院には14日時点で病状が重い患者146人が残され、自衛隊などが14日と15日に3回に分けて搬送。院長は15日の搬送前に他の病院関係者数人と病院を離れたことを認めたが、21人が亡くなったことについては「搬送に長時間かけたためで、国や県の責任。自分に責任はない」と主張した。

 県によると、同病院の患者らは移動時に患者の病状が確認できない状態で、搬送中や搬送後に計21人が亡くなったという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 輸送艦おおすみが仙台港入港 救援物資を陸揚げ(19日) | トップページ | 死者・行方不明者1万8千人超…物資到着始まる(19日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 双葉病院長「責任ない」 患者置き去り、21人死亡問題(19日):

« 輸送艦おおすみが仙台港入港 救援物資を陸揚げ(19日) | トップページ | 死者・行方不明者1万8千人超…物資到着始まる(19日) »