« ガソリン配送に影響出ている地域も (13日) | トップページ | 計画停電で影響が出る主な鉄道(14日) »

2011年3月13日 (日)

14日朝から計画停電を実施(13日)

東京電力は、今回の東北関東大震災で運転を停止している原子力発電所や火力発電所があるため、必要な電力を確保するのが難しくなったとして14日午前6時すぎから午後10時にかけて、東京電力の管内を5つのグループに分けて、およそ3時間程度計画的に止める、いわゆる「計画停電」を実施すると発表しました。

これは東京電力の清水正孝社長が、13日午後8時すぎに記者会見して明らかにしたものです。東京電力によりますと、今回の東北関東大震災の影響で、東京電力の東北地方や関東地方にある原子力発電所や火力発電所が運転を停止しています。東京電力によりますと、13日は休日で、工場の操業を行っていない企業が多いことなどから電力の供給に影響はないとしています。しかし、14日は、企業の活動なども始まるため、電力需要のピークが見込まれる午後6時から7時にかけて、必要とみられる4100万キロワットに対して供給できるのは3100万キロワットにどどまる見通しになりました。このため東京電力は、必要な電力を確保するのが難しくなり、東京などを含めた首都圏で大規模な停電が起きるおそれもあるとして、14日、あらかじめ地域を区切ったうえで順番に一定時間、電気の供給を止める「計画停電」を実施することを決めました。東京電力では、14日午前6時20分から、午後10時まで、東京電力の管内を5つのグループに分けて、およそ3時間程度ずつ電気の供給を止めることにしています。東京電力は、15日以降についても翌日の電力需要の見込みや発電所の復旧状況をみながら、当面の間、「計画停電」を続けていくことにしています。東京電力によりますと、「計画停電」が実施されるのは、昭和26年に会社が設立されて以来、初めてのことです。東京電力では、工場など大口の利用者に対して電気の使用を抑えるよう求めるとともに、家庭でもできるだけ電気の使用を控えるよう節電を呼びかけています。電力会社は、通常、企業や工場、家庭の電力需要を見極めながら原子力発電所や火力発電所などを稼働させ、必要な電力を供給しています。しかし、地震などの影響などで発電所が停止して需要を到底賄えない水準まで供給量が大幅に落ち込むと、電力不足によって、東京などを含めた首都圏で停電するおそれがあります。こうした事態を防ぐために、電力会社は、あらかじめ停電させる地域を決め、順番に電気の供給を止めていく「計画停電」を行います。停電させる順番や時間や地域などは、電力会社がどれくらい電力供給が不足するかの見込みに基づいて判断します。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110313/t10014649821000.html

 

« ガソリン配送に影響出ている地域も (13日) | トップページ | 計画停電で影響が出る主な鉄道(14日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14日朝から計画停電を実施(13日):

« ガソリン配送に影響出ている地域も (13日) | トップページ | 計画停電で影響が出る主な鉄道(14日) »