« 2011年3月22日 | トップページ | 2011年3月24日 »

2011年3月23日

2011年3月23日 (水)

江戸川河川敷の男性変死 殺人容疑で近くに住む男逮捕(23日)

東京都葛飾区の江戸川河川敷で20日、男性の他殺体が見つかった事件で、警視庁捜査1課は23日、殺人の疑いで住所不定、無職、堀井澄雄容疑者(56)を逮捕した。

 同課によると、堀井容疑者と男性は、それぞれ河川敷周辺に止めた車で路上生活。騒音などをめぐりトラブルがあったといい、堀井容疑者は「日頃の鬱(うっ)憤(ぷん)が爆発した」と供述している。

 同課によると、殺害されたのは無職、赤川保さん(60)。堀井容疑者は事件発覚後、行方不明になっていたが、23日午前に「私が殺した」と自ら110番通報し、現場近くにいるところを発見された。

 逮捕容疑は19日夜から翌20日朝、河川敷で赤川さんの顔や腕を刃物で刺し、殺害したなどとしている。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110323/crm11032318230006-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

給油待ちの車列にトラック衝突 村山の国道13号(23日)

23日午前4時50分ごろ、山形県村山市●山(たもやま)の国道13号で、近くのガソリンスタンドの給油待ちをしていた車列にトラックが突っ込んだ。トラックを含め計10台の車が関係する事故になり、2人が軽傷を負った。県内では給油絡みの事故、火災が相次いでおり4件目。県警や消防は警戒を強めている。

 現場付近は、北進2車線のうち1車線が事故処理のため通行できなくなり、約4時間にわたって通行規制が敷かれた。

 村山署などによると、静岡県吉田町の男性(26)の運転するトラックが片側2車線の左車線を走行中、道路左に寄っていた車列最後尾の軽トラックの右側面に接触した後、その前に並んでいた3台にも次々と接触して止まった。その弾みで、さらに前に止まっていた計5台の車が玉突き状態となった。最後尾の軽トラックと、その前の乗用車に乗っていたともに村山市内の60歳と65歳の男性がそれぞれ右手、頭部に軽いけがをした。

 同署はトラックの男性が前をよく見ていなかったことが原因とみて、詳しく調べている。この男性は山形新聞の取材に対し「街灯が無いために暗く、止まっていた車がハザードランプを点灯していなかったため、気付くのが遅れた」などと話した。仕事で新庄市の卸会社などにマグロを運ぶ途中だった。

 事故当時、現場には約20台の車が並んでいた。事故に巻き込まれた村山市の男性会社員(64)は「ドドドドという大きな音がしたと思ったら、車が前に押し出された。危ないので、もう給油待ちで並びたくはない」と疲れた表情で話していた。

 県内では、19日に天童市で給油待ちの軽乗用車から出火し全焼。車内にバイクから取り外した燃料タンクがあり、気化したガソリンにたばこが引火したとみられる。20日に新庄市でも、携行缶のガソリン漏れが原因とみられる車両火災が発生。東根市では22日、車内に火鉢を持ち込み、暖を取っていた男性が一酸化炭素中毒とみられる症状で意識不明になった。

●は木ヘンに竹カンムリに前の旧字体

47newslogo1_2 http://www.yamagata-np.jp/news/201103/23/kj_2011032300790.php

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東北道などの交通規制、24日に解除 (23日)

警察庁は地震発生後、東北道などで実施していた通行禁止の交通規制を24日午前6時に全面解除すると発表しました。

 これまでは、東北自動車道の「宇都宮インター」から「一関インター」の区間や、磐越自動車道の「いわきジャンクション」から「津川インター」の区間などにおいて、緊急通行用のステッカーがある車両しか通行できない交通規制が行われていました。

 しかし、24日午前6時以降、規制が全面的に解除され全ての車両が通行できるようになります。東北道の「白河インター」から「本宮インター」の区間で道路修理の応急措置が完了したため、規制を全面的に解除することにしたということです

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4681801.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京は水の品切れ続出 「子供の水どうすれば…」(23日)

23日、東京都水道局の金町浄水場(葛飾区)で、水道水1キログラム当たり210ベクレルの放射性ヨウ素が検出され、都が乳児の基準100ベクレルを超えているとして、乳児が飲むのを控えるよう求めたことで、都内のスーパーなどでは、ペットボトルの飲料水が一気に売れ、品切れの店舗が続出した。

関連記事

記事本文の続き 「子供の飲み水をどうすればいいのか…」。乳幼児を持つ母親からは不安の声が上がった。

 「東京にも影響があるなんて…」

 生後2カ月の女児がいる東京都中央区の主婦、山本佑美さん(26)は、ニュースを聞きつけて、近くのスーパーに飲料水を買いに行った。が、すでに売り切れていた。インターネットでの購入も考え、ネットショップを探したが、そこでも水は売り切れていたという。

 「急に水が飲めないと言われてもとても困る。子供も生まれたばかりなので、非常に不安です。いつになったら飲めるようになるのか」と不安がる。

 乳幼児を抱えているため、都外の店舗にも買い物に行けない。山本さんは静岡県の実家から水を送ってもらうように頼んだという。「どこに行っても買えない状況ならば、今後、どうしたらいいのか。早く対応を決めてほしい」と話した。

 保育園などでも水道水が飲めなくなるため、関係者も対応に苦慮している。都内の保育園では、まだ対応は取っていないと言うが、「園児分の飲み水を確保するのが難しい。子供が自分で飲んでしまったりするのを注意しなければ」と頭を悩ませる。子供を保育園に通わせる母親(41)は「母親同士でもとても不安に思っている。家や園でもどうしたらいいのか話し合わないといけない」と不安な気持ちを隠せない。

 都内のスーパーでは、地震後、水を購入する人が増加したという。都内のあるスーパーでは、「また、水が飲めなくなるという話が出れば、店舗の飲料水もなくなってしまう可能性がある。不安をあおることはできない」。神経をとがらせながら語った。

 東京都の調査とは別に行われた文部科学省の調査結果では、東京都(新宿)の水道の蛇口から出る水からは水1キロ当たり放射性ヨウ素19ベクレル、放射性セシウム0・31ベクレルが検出されたが、国の基準値は超えていなかった。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日単位・レベル)

爪の垢でも煎じて飲ませろ

【治安つぶやき】
212

 東京消防庁ハイパーレスキュー隊が福島第1原発で、屈折放水塔車を3号機と2㍍の距離にまで接近させ、地上22㍍の高さから実施した放水が日本の国を救った。

 任務を終えフジテレビの取材に応じた高山総括隊長は「前にいるものを救うのではなく、前にいるものは目に見えない敵であると。それを排除することによって、われわれの後ろにいる全国民に安心を与えるっていう覚悟でした」と、見えない放射能との闘いを話した。

 そして、東京都の石原知事は「本当にありがとうございました。おかげで、この国を救うことができました」と語った。国民はこの勇敢な部隊に拍手を送りたい。

 しかし、それにしても残念である。

 福島第1原発の半径20~30キロ圏内の屋内退避区域にいる入院患者について、総務省消防庁から搬送要請を受けた現地の群馬、岐阜、静岡の緊急消防援助隊が「隊員の安全に不安が残る」として断ったという。要請には法的強制力はないが、これ、同じ消防隊員? 高山隊長の爪の垢でも煎じて飲ませたいものだ。

 ★先日、孤立集団に対する物資の輸送で「道路が寸断されているから…」と困難性を言い訳にしているが、小欄ではヘリコプターによる物資の投下を提言した。案の定「日本では投下は禁止されている」と宣ったテレビ解説者もいた。

 法律なんていくらでも解釈の仕方があるんですよ。勿論、自衛隊のバートル社のV-107なんていうヘリでは危険性が伴うが、KH-4なるヘリは最適である。覚えておくように…

 今回の大震災で2日間孤立した宮古市重茂半島の避難民を救うため、地元の消防団は、立ち往生した路線バスを現地災害対策本部と決定。備え付けの無線で外部との連絡に使用した。無線で安否確認や物資不足、死傷者数、被災状況などを本部へ送り続け、13日に海上自衛隊が小型ボートが到着するまで、バスは住民の命綱となったという。
 本来なら、バスの運送事業に与えられた無線なので、今回は目的外使用(電波法第52条)となるが、災害などの緊急の場合は非常通信で除外されるのです。
 法律なんて「解釈」と「運用」のしかた…人の命を救えるなら、まず、実行。処分はその後、考えればよいのです。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。
 家庭や家族に起因する事件簿http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

自殺のガンマニアを送検 ナイフ150本、実弾5千発など所持容疑 警視庁(23日)

東京都町田市で昨年7月、警視庁が武器等製造法違反容疑で家宅捜索に入ろうとした民家で、男性会社員=当時(43)=が小銃自殺した事件で、警視庁組織犯罪対策5課は23日、銃刀法(加重所持)と火薬類取締法違反の疑いで、男性を被疑者死亡のまま書類送検した。

 同課の調べによると、男は昨年7月26日、捜査員が家宅捜索に訪れた際、旧日本軍で使用された99式小銃で自殺。敷地内の作業所などに、発射できるように改造した米国製小銃2丁のほか、ダガーナイフなど約150本、小銃や散弾銃などの実弾約5千発を所持した疑いが持たれている。

 同課は男がガンマニアだったとみており、銃や実弾を鑑定したところ、殺傷能力があると判明した。男が自殺した当日、警視庁や愛知、愛媛両県警などは、別の機関銃部品の密輸入事件に絡み、愛媛県西条市消防本部の職員らを逮捕している。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110323/crm11032312250003-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

“震災泥棒”横行 「日本人は誇り失ったか」(23日)

震災で東北地方の石油精製所が大きな被害を受け、食料や水を被災地へ車で運ぶのに欠かせないガソリンが不足する中、宮城県南三陸町で、自称・震災ボランティアの男が横転した乗用車からガソリンを抜き取るところを目撃した。被災地では車内の金品を狙う車上荒らしも横行しているといい、南三陸町では有志の住民が自警団を結成し、パトロールに乗り出した。(本間英士)

関連記事

記事本文の続き あたり一面ががれきと化し、住民の姿は見えず自衛隊員や消防隊員らしかいない南三陸町の沿岸部。取材していた21日午後2時ごろ、若い男が路上に横転した白いワゴン車の底部をバールで打ちつけているのに気づいた。

 しばらく見ていると、男は燃料タンクに穴を開け、灯油ポンプを差し込んで、中身を携行缶に移し始めた。

 近づいて「何をしているんですか?」と声をかけると、男は驚いた様子で言葉に詰まり、「ちょっと使うんです」。「あなたの車ですか」と尋ねると、目をそむけながら首を振った。

 そこに偶然、宮城県警のパトカーが通りかかり、異変に気づいた警察官2人が約10分間、男に職務質問。

 男は解放されると、近くに止めていた軽トラックに足早に乗り込み、記者をにらみつけて立ち去った。

 県警によると、男は職務質問に対し、「ボランティアとして県外から来た。ガソリンを使うつもりだった」と説明。車がもともと壊れていたことや男が反省の態度を示したことから、厳重注意にとどめたという。軽トラックには「新潟県中越沖地震支援」と記したステッカーが貼ってあった。

 今回の震災では、東北地方の石油精製所が被害を受け、ガソリンが不足している。警察や消防など緊急車両の燃料は優先的に確保されるが、一般車向けの燃料は行き渡らず、被災者は開店しているガソリンスタンドを苦労して探し出し、4、5時間並んで給油している。

 南三陸町では車内の金品を狙った車上荒らしも横行。約1500人が集まる「町スポーツ交流村ベイサイドアリーナ」駐車場で約10台のドアガラスが割られ、地元の芳賀善隆さん(67)らが自警団を結成しパトロールをしている。

 芳賀さんは「こんな大変な時なのに。日本人は誇りを失ってしまったのか」と寂しげにつぶやいた。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京で「ガソリン盗」多発…未遂も含め40件(23日)

【東日本大震災】

 東日本大震災が発生した11日以降、東京都内で駐車された車やバイクなどからガソリンが抜き取られる窃盗被害が多発していることが23日、警視庁への取材で分かった。捜査3課の調べでは、未遂も含め約40件の被害が発生しており、窃盗事件として捜査している。

関連記事

記事本文の続き 同課によると、主な犯行の手口は、車両の給油口をこじ開け、ホースなどで燃料を抜き取るもの。11日以降、多摩地区や葛飾、練馬、中央、杉並各区などで相次いでいる。

 八王子市別所では17日、20代の大学生の男性が、駐車場に止めた車のガソリン約6リットルを盗まれているのに気付き、南大沢署に通報。同署管内では、22日までに計14件の同様の被害が発生しているという。

 震災の発生以前は、都内で車両のガソリンが盗まれる被害はほとんどなかったといい、警視庁で注意を呼びかけている。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元警察署長、教習所指導員に不正証明書発行か(23日)

京都府井手町の山城自動車教習所のトップにあたる管理者の元京都府警南署長(63)が2009年、観光バスなどの運転に必要な「大型2種免許」の取得を目指していた同教習所の指導員に対し、必要な講習を受けたとする虚偽の終了証明書を発行、同免許を取得させた疑いが浮上し、府警が公印不正使用、道交法違反(運転免許不正取得)容疑などで捜査していることがわかった。

 元署長は任意の調べに、この1件について「責任は私にある」などと供述したという。府警は、他の不正発行や関与者の有無を詳しく調べる。

 捜査関係者によると、元署長は09年12月、運転免許試験場で同免許の技能試験に合格した指導員が、同免許の取得に必要な「応急救護処置講習」(6時限)などを受講していないのに受けたとする府公安委員会の公印を押した終了証明書を発行、この際、指示もしくは黙認して、同免許を不正取得させた疑いが持たれている。今月上旬、府警への匿名の情報提供で発覚した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「微力ながら頑張る」母さん予備自衛官、招集(23日)

「微力ながら、多くの被災者のために頑張りたい」。

 自らも被災しながら、即応予備自衛官として招集を受けた仙台市の元自衛官、昆野敬子さん(45)は23日朝、宮城県多賀城市の陸上自衛隊多賀城駐屯地に出頭した。午後から開かれる編成完結式に臨み、正式任務に就く。

 高校卒業後に陸上自衛官になったが、結婚を機に4年で退官。現在、携帯電話サービス会社に勤め、仙台市のマンションで元自衛官で会社員の夫、大学生と高校生の娘2人と暮らす。

 地震当時は会社におり、家族全員と再会できたのは、翌日の12日未明だった。マンションにはひびが入り、近くの沿岸では津波で多数の死者、行方不明者が出た。会社の同僚は家族を亡くし、長女も連絡が取れない友人がいる。

 出動要請を受けたことを伝えると、娘たちは当初、不安げな表情を見せたが、「大変な時だからこそ、やらなければ」という昆野さんの強い思いに押され、「私もボランティアで頑張る」と、笑顔で送り出してくれた。

 建物の一部に浸水の跡が残る多賀城駐屯地。正門脇には流されてきた乗用車が放置されたままだ。昆野さんは「皆が大変な状況になっている。私も被災者だが、大したことはないので、少しでも役に立ちたい」と決意を語り、隊舎に向かった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

専門家「大人は飲んでも心配ない」 浄水場の放射性濃度(23日)

 東京都の金町浄水場から乳児の飲用に適さない濃度の放射性ヨウ素が検出されたことについて、大桃洋一郎・環境科学技術研究所特別顧問(環境放射生態学)は「指標値の倍になっているので、乳幼児に飲ませるのはやめた方がよい。授乳中の母親も避けた方が好ましい。検出されているのがヨウ素だけなら、大人は飲んでも心配することはない」と話している。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

都内の浄水場から放射性ヨウ素 乳児飲用に適さぬ濃度

東京都水道局は23日、金町浄水場(葛飾区)から乳児の飲用に適さない濃度の放射性ヨウ素が検出されたと発表した。検出濃度は1リットル当たり210ベクレルで、厚生労働省が21日に示した乳児の飲用に関する指標値の100ベクレルを110ベクレル上回っていた。

 都は23区と武蔵野、町田、多摩、稲城、三鷹各市での乳児の飲用を控えるよう呼びかけている。ただ、「厚労省設定の数値は長期間飲用した場合の健康被害を考慮したもので、代替飲用水が確保できない場合は摂取しても差し支えない」としている。

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

避難者、16都県26万990人〈23日午後3時〉(23日)

 警察庁のまとめでは、23日午後3時現在の避難者数は、16都県で計26万990人だった。

 確認されている避難者数は宮城10万4792人、福島8万3778人、岩手4万4426人、新潟7491人、山形3654人、埼玉3361人、茨城3248人、栃木3136人、群馬3063人、千葉1383人、東京740人、神奈川531人、山梨483人、青森367人、長野294人、静岡243人。

 このうち宮城、新潟、栃木、茨城、千葉、神奈川、長野、静岡の8県には福島県から避難した人が、山形、群馬、東京、山梨の4都県には宮城、福島の両県から避難した人が含まれている。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

立ち往生、路線バスの無線 孤立集落の声届ける 宮古(23日)

 東日本大震災で2日間孤立した宮古市重茂(おもえ)半島。地元の消防団は、立ち往生した路線バスを現地災害対策本部に使用し、備え付けの無線で外部と連絡を取り合った。

 11日の津波で半島の太平洋側の集落から北に通じる橋が崩落。山田町へ抜ける南側の道路も決壊し、姉吉、千鶏(ちけい)、石浜、川代の4集落は孤立状態となった。無線機を積んだ消防のポンプ車も津波をかぶって使用不能になり、外部への連絡手段を完全に失った。
 この時、宮古市消防団第25分団の目に留まったのが、宮古駅前発川代行きの路線バス。千鶏から石浜にさしかかったところで地震に遭い、避難してきた住民を乗せて高台の定置網置き場へ避難し、津波の被害を免れた。
 分団は「バスの無線を外部への連絡に使わせてほしい」とバスの運転手に要請。快諾した岩手県北バスの宮古営業所は半島の別の待機所にいたバスに“中継局”になるよう連絡、他のポンプ車の無線を経由して市消防本部に情報を伝えた。
 50人乗りのバスは分団の「南地区災害対策本部」になり、安否確認や物資不足、死傷者数、被災状況などを本部へ送り続けた。車内は電気が付き、暖房もあることから、けが人の収容場所としても利用。13日に海上自衛隊が小型ボートで石浜に到着するまで、バスは住民の命綱となった。
 中村卓郎分団長(56)は「地区の施設が壊れ、バスだけが唯一、災害対策本部を置ける場所だった」と振り返る。
 重茂半島の人々の生活を支える路線バス。大震災でもしっかり住民約400人の声を届けた。
(野内貴史)

http://www.kahoku.co.jp/news/2011/03/20110323t33056.htm

47newslogo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

静岡・岐阜の援助隊、屋内退避区域の搬送せず(23日)

福島第一原子力発電所の事故で、屋内退避区域となっている原発から半径20~30キロ・メートル圏内にある病院に入院する患者の搬送要請を、静岡、岐阜両県の緊急消防援助隊が「安全が確実に確保されていない」として断っていたことが22日、わかった。

 屋内退避区域について、経済産業省原子力安全・保安院は「特別な装備は必要なく、マスクをして肌の露出を避ければ搬送作業は可能」としており、実際に地元の相馬地方広域消防本部など福島県内の消防隊は活動している。

 総務省消防庁は今月17日、福島県からの依頼を受け、同県内で活動中だった静岡、岐阜両県の援助隊を率いる静岡市消防局と岐阜市消防本部に患者搬送への協力を要請。当時、静岡県からは救急隊が計11隊33人が出動していたが、各消防本部の総意として「事前準備もなく、詳しい状況が分からない中、出動させることに不安を感じる」と消防庁に伝えた。岐阜市消防本部も、市長や消防長、市民病院長らが協議し、「隊員の安全を考えて苦渋の選択をした」として、搬送は困難との考えを示したという。

 福島県によると、屋内退避区域には、7病院に約780人の患者がいたが、21日までに自衛隊などによって、全員搬送された。静岡、岐阜両県の援助隊はその後、自衛隊などによって30キロ圏外に移送され、放射性物質を洗い流す除染を受けた患者らの搬送を担っている。防災システム研究所の山村武彦所長は「東京消防庁などが原発への放水活動をしていることを考えると釈然としない部分はある。トップが決めた判断とはいえ、隊員は活動したかっただろう」と疑問を呈した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「さまぁ~ず」三村さん方で不審火 三村さん自ら消火、花壇など焼ける(23日)

お笑いコンビ「さまぁ~ず」の三村マサカズさん(43)の自宅で21日未明、花壇などが燃える不審火があり、警視庁玉川署が出火原因を調べている。

 同署によると、21日午前2時5分ごろ、東京都世田谷区の三村さん方の敷地内の花壇で火の手があがっているのを、近所の住民が発見。知らせを受けた三村さん自身が、直後に消火器で消し止めた。花壇のほか、建物の外壁が燃えたが、けが人はなかった。

 現場に火の気はなく、同署は放火の疑いもあるとみて捜査している。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110322/crm11032220250010-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大麻でなくハーブ…兵庫県警、検査誤り謝罪(23日)

兵庫県警生田署は23日、大麻取締法違反(所持)容疑で22日に現行犯逮捕した神戸市中央区の無職の男性(31)について、所持していた植物が大麻でないと判明したため釈放したと発表した。検査結果を見誤り、大麻と判断していた。

 同署によると、22日午後1時すぎ、「薬物のようなものを持った男がいる」との通報を受け中央区内のホテルに駆けつけた生田署組織犯罪対策課の巡査部長が男性に職務質問。葉巻の中身を試薬で2度検査し、大麻の反応が出たとして午後2時ごろ現行犯逮捕した。

 男性が逮捕後、「ハーブのつもりで買った」と話したため、県警科学捜査研究所で鑑定し、大麻ではないと判明。男性に謝罪し、午後8時前に釈放した。

 同署によると、現場が暗く、試薬が変化したと見間違えていた。窪田雅彦副署長は「指導を徹底したい」とコメントした。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110323/crm11032303070000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

制服警官、被災地へ派遣 7道府県から120人(23日)

東日本大震災の被災地で防犯活動に携わるため、7道府県の警察本部が制服警官計約120人とパトカー約50台を岩手、福島両県に派遣する。23日中に現地入りする見通し。

 警察庁によると、被災地の犯罪件数は多くないが、22日には津波で外壁が損壊した宮城県気仙沼市の信用金庫で、金庫室の現金4000万円が盗まれていたことが判明。

 避難所に身を寄せる住民には「制服警官を見ると安心する」との声があり、派遣は治安の維持だけでなく、市民の不安を和らげる狙いもある。

 福島県へは大阪府警と愛知、静岡両県警から、岩手県へは北海道警と秋田、埼玉、神奈川の各県警から派遣される。宮城県では18日に警視庁と埼玉県警の警察官計63人が到着。既にパトロールを始めている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110323/dst11032303240004-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

死者・不明者、明治三陸沖地震を上回る (23日)

東日本大震災による死者・行方不明者の数は合わせて2万3000人近くにのぼり、津波による犠牲者で過去最大だった明治三陸沖地震を上回りました。

 警察庁のまとめによりますと、22日午後11時現在、地震で亡くなった人は警察が把握できているだけでおよそ9200人にのぼっています。届け出のあった行方不明者、1万3000人余りと合わせると2万2985人にのぼり、津波による犠牲者では過去最高だった明治三陸沖地震を上回っています。

 一方、避難所生活を強いられている人は、16都県のおよそ1800か所の避難所で26万3900人あまりとなっています。また、全半壊した建物は合わせておよそ1万9700戸、一部損壊した建物がおよそ10万2600戸、道路の損壊は1700か所あまりにのぼっています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4680944.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・日野市で内縁の妻の2歳の子に暴行加え死亡させたとして保育士の28歳男を逮捕(23日)

東京・日野市で、内縁の妻の2歳の子に暴行し、死亡させたとして保育士の男が逮捕された。
逮捕された保育士の天雲玲央容疑者(28)は20日、東京・日野市の自宅で、内縁の妻の子どもの佐藤依輝ちゃん(2)の腹を数回殴るなどの暴行を加え、死亡させた傷害致死の疑いが持たれている。
依輝ちゃんの額などにはあざがあったということで、警視庁は、日常的に暴行が行われていなかったか、天雲容疑者を追及している。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00195809.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺害遺体脇で笑う米兵 独誌、虐待写真を掲載(23日)

 ドイツ週刊誌シュピーゲルは22日までに、アフガニスタンに駐留する米兵がアフガン市民を殺害後に虐待し、その遺体の脇で笑っている写真を掲載した。同誌は「イラクの旧アブグレイブ刑務所でイラク人収容者を虐待した事件以来のスキャンダル」として問題視している。

関連記事

記事本文の続き 同誌によると、アフガン南部カンダハル近郊で2010年ごろ、米兵が近くにいたアフガンの若者を呼び寄せ、いきなり手りゅう弾で攻撃。これを若者の犯行として偽装し、仲間の米兵とともにこの若者を射殺した。

 複数の米兵は犯行後、血まみれでほぼ裸の状態だった遺体の髪をつかみ、男性の顔をカメラに向けるようにした。この際、米兵は白い歯を出して笑っていた。

 欧米メディアによると、米軍は22日までに、米兵の行為について謝罪。捜査を開始したことを明らかした。(共同)

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

NHK元カメラマン、金沢主婦殺害で再逮捕(23日)

石川県内灘町の海岸で、金沢市の主婦福田春奈さん(27)の遺体が見つかった事件で、県警金沢西署捜査本部は22日、死体遺棄容疑で逮捕したNHK金沢放送局の元外部委託カメラマン若生康貴容疑者(35)(金沢市三口町)を強盗殺人の疑いで再逮捕した。

若生容疑者は否認しているという。

 発表によると、若生容疑者は2月6日夜、金沢市内のショッピングセンター駐車場で福田さんと会った後、預かっていた800万円の返済を免れようと、刃物で福田さんの首を刺して殺害した疑い。

 捜査関係者によると、若生容疑者の車内からは、福田さんのDNAと一致する大量の血痕が見つかった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

がれきの中のアルバムや記念品…保管か廃棄か(23日)

 津波で流された思い出のアルバムや記念品、位牌

)

などは「価値のないもの」なのか――。

 東日本巨大地震の津波で発生した大量のがれきの撤去をめぐり、政府が頭を悩ませている。がれきは原則として「無価物(価値のないもの)」として市町村が廃棄できることとし、貴金属などの「有価物」は自治体が一定期間保管する指針を策定する方向だ。が、被災者にとって何が価値があるのかは、政府内でも意見が分かれており、実際は現場の判断に委ねる方針となりそうだ。

 政府は「災害廃棄物の処理等に係る法的問題に関する検討会議」(座長・小川敏夫法務副大臣)で21日から指針の検討を始めた。被災地の自治体からは早急にがれき撤去に着手したいとの要望が強く、同会議は23日にも指針をまとめ、関係市町村に通知する予定だ。

 今回の震災対応で難しいのは、津波によって家屋や建物が元の敷地から流されたため、所有者の不明なものが大量にがれきとなっていることだ。通知では、災害対策基本法などの法令に基づき、流れ着いて来た建物の残骸や、水没した家具や電化製品などは、所有権が喪失した「無価物」と判断し、自治体が敷地に立ち入って撤去し廃棄できるとする。

 一方、現金や宝石、使用できる腕時計など、財産としての「経済的価値」があると判断された「有価物」は所有権が残っていると判断し、遺失物法などに基づき、自治体が警察に届けてリストなどを公表、持ち主を捜すよう求める方向だ。

 ただ、水にぬれた写真類や記念品、仏具などは、経済的価値がなくても人によって大切な場合がある。そうした「精神的価値」のある物を一律に自治体が処分できるのかどうか。政府は、最終的な判断を自治体に委ねる方針だ。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

灯油:豊田でも4700リットル盗まれる 一宮と関連捜査(23日)

22日午前8時半ごろ、愛知県豊田市本新町のあいち豊田農協豊田営農センター施設の地下タンクから、灯油4700リットル(約30万円相当)が盗まれているのを職員が見つけた。同県一宮市内でも21日に灯油8400リットルの盗難があり、県警豊田署が関連を調べている。

 モミなどの乾燥に使う灯油。同署によると、今月1日に約8200リットルが残っていたが、一宮市での灯油盗難事件を知った職員が22日確認したところ、盗まれていたことがわかった。タンクの南京錠が切断されていたという。同施設は市道に面しており、柵などはない。【中島幸男】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110323k0000m040161000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺:鈴鹿の警官を逮捕 預金通帳を詐取容疑…三重県警(23日)

他人に譲渡する目的で口座を開設し通帳などをだまし取ったとして、三重県警捜査2課は22日、県警鈴鹿署地域課の旭が丘交番に勤務する巡査部長、向井純一容疑者(59)=伊勢市中須町=を詐欺の疑いで逮捕した。県警監察課によると、振り込め詐欺の送金記録を調べたところ、向井容疑者が浮上した。

 容疑は2月3日、譲渡目的で津市内の銀行に自分名義の口座を開設し、預金通帳などをだまし取ったとしている。容疑を認めているという。勤続34年で来年3月に定年退職の予定だった。消費者金融などに約1000万円の借金があったらしい。【大野友嘉子】

 監察課の話 県民を守る警察官としてあるまじき行為を深くおわびします。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110323k0000m040163000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月22日 | トップページ | 2011年3月24日 »