« “白煙” 場所は3号機付近か(16日) | トップページ | 4号機の火災について災害対策本部では (16日) »

2011年3月16日 (水)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(16、17日単位・レベル)

買い占めは止めよう

【治安つぶやき】 201103161020000_3

 なんで、並ばなければならないのか?理解に苦しむ。
 16日午前10時。たまたま通りかかったら、武蔵野市の武蔵境駅前のイトーヨーカドーに

212_2

できた行列。トイレットぺーパーやティッシュペーパー、カップ麺などを買いに来た行列だという。写真を撮影している時だった。客の一人が、整理していた店員に噛みついた。

 「こんなに並んでいるが、品物は有るのか?」これに対して店員が「今、現在、間に合うと思います」と答えたことから、「俺たちが買えるのかと聞いてるんだよ。並ばせやがって…今、現在とはどう言う意味だ」と口論が始まった。

 物不足でもないのに、なんで、こんな事象がおきるのか。今、国民として最も大事なのは、被災地の人々のために食料や燃料、薬品を確保してやること。その食料を、被害もなく、テレビを見てヌクヌクと生活している都民がなんで買い占めるのか?

 これ、全て危機意識過剰の欲の突っ張りにすぎない「愚かな行為」と違いますかな?
 それとも、チェーンメールか何かインチキ情報があったのかな。政府はしっかり広報しなさい。暴動がおきてからでは遅いですぞ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 家庭や家族に起因する事件簿http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html
 

 

★【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下
   【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等     80~50 
路上殺人や続強盗・強姦70~60
広域重要事件           50~40
肉親殺人事件(家族皆殺し事件) 40~50
放火殺人                50~30
強盗殺人                50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合  +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から-50から-10とする。その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり全くの「平穏」(レベル1)をはずしています

 

« “白煙” 場所は3号機付近か(16日) | トップページ | 4号機の火災について災害対策本部では (16日) »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« “白煙” 場所は3号機付近か(16日) | トップページ | 4号機の火災について災害対策本部では (16日) »