« 2011年3月4日 | トップページ | 2011年3月6日 »

2011年3月5日

2011年3月 5日 (土)

九電会長宅一部破損 爆発物か(5日)

福岡市で九州電力の会長の自宅のシャッターの一部が壊れているのが見つかり、警察は何者かが爆発物を爆発させたものとみています。また、大手ガス会社の社長の自宅前でも手りゅう弾のようなものが見つかり、警察は手口などから、いずれも暴力団による犯行とみて捜査しています。

5日午後2時すぎ、福岡市東区にある九州電力の松尾新吾会長の自宅の車庫が壊れているのを、家族が見つけて警察に通報しました。警察の調べによりますと、車庫はシャッターの左下の部分が25センチほどめくれ上がっていたということです。また、現場の近くに住む人が、5日午前4時ごろに大きな音がしたのを聞いているということです。警察では何者かが爆発物を爆発させたものとみて捜査しています。福岡市では5日昼すぎ、大手ガス会社「西部ガス」の田中優次社長の自宅の玄関前で、手りゅう弾のようなものが見つかり、警察が爆発物処理班を出して回収しました。西部ガスを巡っては、去年4月にも、福岡市内の事務所が入ったビルや役員の親族宅に相次いでけん銃の弾が撃ち込まれる事件がありました。警察では犯行の手口などから、2つの事件はいずれも暴力団による犯行とみて捜査しています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110305/k10014475381000.html

News_pic1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

どう考える警察官の拳銃使用 一審無罪の控訴審(5日)

【日本の議論】 奈良県大和郡山市で平成15年、逃走中の車に発砲し助手席の男性が死亡した事件で、殺人罪などに問われている県警の警察官2人の審判は裁判員裁判の対象となっている。審判では発砲が違法か否かと、殺意の有無が争点になる。市民を守るために現場に立つ警察官にどこまで拳銃使用を認めるのか。この重要な問題について市民自身が基準を示すという意味でも、注目を集める審判になりそうだ。(高久清史)

関連記事

記事本文の続き ■猛スピード、車と衝突…20キロの逃走劇  男性2人が乗った乗用車が通行中の車と次々と衝突しながら猛スピードで逃走を続けた。大和郡山市で15年9月、車上狙い事件の容疑車両だった乗用車がパトカーに追跡された。カーチェイスは約20キロに及んだ。

 県警などによると、乗用車は同市内の国道でパトカーや一般車両に挟まれて停止した。だが乗用車がさらに急発進を繰り返したため、警察官3人が計8発を発砲。助手席の男性=当時(28)=が死亡し、運転席の男性も負傷した。

 運転席の男性は窃盗罪などで有罪判決を受け、死亡した男性も窃盗などの疑いで被疑者死亡のまま書類送検された。

 助手席への発砲は違法で危害を加える意図があったとして、遺族の母親は同年11月、発砲した3人と、発砲を命令した警察官1人について殺人と特別公務員暴行陵虐致死罪で奈良地検に刑事告訴した。だが地検が不起訴処分にしたため、付審判制度に基づき、4人について審判を開くよう奈良地裁に請求した。

 警察官の暴行など公務員の職権乱用が疑われる事件を検察が不起訴にした場合、告訴、告発人は審判を開くよう地裁に請求できる。地裁が請求を認める決定をすれば起訴と同様の効力を発揮して審判が開かれ、地裁が指定した弁護士が検察官役を務める。

 地裁は4人のうち、死亡した男性を撃った萩原基文被告(34)=当時巡査部長=と、東芳弘被告(34)=同巡査長=について特別公務員暴行陵虐致死罪などで審判に付すことを決めた。さらに、今年1月には殺人罪も訴因に加えて審理することを決定し、裁判員裁判の対象となった。

 警察官の拳銃使用の要件は警察官職務執行法などにより規定されており、最近まで拳銃使用は「最後の手段」と位置づけられていた。その規定は警察官たちの殉職を経て緩和された。

 ■白昼の商店街で刃物男に刺殺される  「警察官の銃があくまでも防護的にしか使えないようになっているのが本当にいいのだろうか」

 平成13年8月28日、当時の村井仁国家公安委員長が閣議後の会見で拳銃使用に関する規定を見直す必要があるという考えを示した。この年、警察官の殉職が相次いでいた。 

 4月、宇都宮市内の会社事務所で、散弾銃を持って押し入った男を取り押さえようとした宇都宮中央署員が撃たれて死亡。6月には埼玉県三芳町のアパートで、男女間のトラブルの仲裁にあたっていた東入間署員が男に包丁で刺されて死亡した。

 さらに8月26日昼には東京都世田谷区の商店街で、刃物を持ってうろついていた男ともみ合いになった世田谷署員が首や胸、背中など数カ所を刺されて死亡した。署員は「止まらないと撃つぞ」と警告した後、男に襲われた。

 警職法7条では武器使用の条件として、「犯人逮捕や逃走の防止、自己または他人に対する防護などのため必要であると認める相当な理由のある場合」と規定。これに加えて、国家公安委員会規則の「警察官けん銃警棒等使用および取扱い規範」では「警棒使用など他の手段がないと認められるときは、最少限度においてけん銃を構え、または撃つことができる」と定めていた。

 警察庁は「現場の警察官が拳銃使用を『最後の手段』ととらえ、過度に抑制的になっている」として見直しに着手し、同年11月に改正。警棒に関する規定を別の規範に定め、「警察官等けん銃使用及び取扱い規範」に改めた。

 この改正で警棒などが拳銃より優先するとの規定を削除。拳銃使用の判断基準を分かりやすくするため、「取り出し」「構え」「威嚇(かく)射撃等」「相手に向けて撃つ」の四つに分けて、それぞれについて判断の準則や留意事項を規定した。事態が切迫した場合には予告や威嚇射撃なく相手に向けて撃つことができることも明確化させた。

 ■「警察に何を求めるのか」市民が判断する場に  「発砲行為の目的は被害者から自分の生命、身体の安全を守ることにあったことは明らか」

 「警棒で対抗したり、応援を待たなければ、ただちに本件発砲行為が違法となるものではない」

 今年2月10日の宇都宮地裁。平成18年6月、職務質問中に抵抗して石灯籠の宝珠を振り上げた中国人男性=当時(38)=に拳銃を発砲して死亡させたとして、特別公務員暴行陵虐致死罪に問われた栃木県警の巡査長、平田学被告(35)の審判の判決で、同地裁(佐藤正信裁判長)は発砲を正当行為と認定して無罪を言い渡した。その後、検察官役の弁護士が判決を不服として東京高裁に控訴している。

 判決では、宝珠は重量が約2・85キロで打撃による威力が高いこと▽拳銃を構えた被告に後退を余儀なくさせた被害者の抵抗の激しさ▽突然行われた宝珠による攻撃を回避する時間的余裕がほとんどなく体力的にも相当困難なこと-などについて細かく指摘した上で、発砲が警職法の要件を満たしていると判断した。

 奈良の審判でも同様に警職法と照らし合わせるなどしながら、裁判員たちが警察官2人の拳銃発射が殺人罪などに該当するか判断を下すとみられる。

 渡辺修・甲南大法科大学院教授(刑事訴訟法)はこの審判を「治安が悪化する中で、犯罪から市民を守る責任がある警察官に対して何を求め、何を許すのかを市民が判断する場になる」と位置づける。

 その上で「警察官が8発も発射していることから、よほど緊迫した事態だったと思われる。警察官の弁護側にとっては写真、図面、証言で当時の現場の緊迫感をどこまで伝えられるかがポイントとなるだろう」と話している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひったくり「1日おきで1年半」 窃盗罪で起訴の2人組(5日)

千葉県警のひったくり特別捜査チームが初めて逮捕した2人組の男=ともに窃盗罪で起訴=が「1年半にわたり、2日に1件のペースでひったくりを続けた」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。県警は今年1月までに少なくとも300件に関与したとみて調べている。

 埼玉県三郷市東町、解体工別府徹哉被告(23)と、千葉県佐倉市下志津、とび職里見良二被告(23)。捜査3課は供述をもとに捜査を進めており、これまでに約40件の被害の裏付けが取れたという。順次、千葉地検に追送検する。

 2人は、昨年11月30日正午ごろ、千葉県八千代市の路上で自転車の女性(60)に後ろからバイクで近づき、前かごから現金約4万円入りのバッグをひったくったとして起訴された。

 捜査関係者によると、千葉市から同県柏、松戸の両市にかけての地域やその周辺で犯行を繰り返し、「多い日には7、8件やったこともある」と供述している。別府被告がひったくりを実行し、里見被告が車で近くに待機してバッグを受け取るなど、役割分担したこともあったという。

 千葉県は昨年のひったくり発生件数が2188件で、34年連続で全国最多だった大阪府を52件上回った。このため県警は、汚名返上を目指して今年1月12日にチームを発足させ、捜査員約40人がひったくりを集中捜査している。県警幹部は「逮捕が最大の抑止策」と話している。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

川岸で祖母?死亡、自宅には6歳女児遺体(5日)

5日午前9時10分頃、福島市

(

立子山

)

の阿武隈川の川岸で、女性が血を流して死亡しているのを、福島署員が見つけた。

近くに止めてあった軽乗用車から同市蓬莱町に住む50歳代の女性とみられ、女性の自宅から女児の遺体が見つかった。

 同署の発表によると、女児は、正木日菜ちゃん(6)。川岸で死亡していた女性は祖母とみられる。同署は、女性が阿武隈川に架かる上蓬莱橋から約50メートル下の川岸に飛び降り、自殺したとみて身元の確認を進めるとともに、日菜ちゃんの遺体を司法解剖して死因を調べる。

 日菜ちゃんはパジャマ姿でベッドの上にあおむけになっていた。目立った外傷はなく、死後数日が経過しているとみられる。自宅は団地の一室で、玄関は施錠されていた。団地の住民によると、日菜ちゃんは祖母と2人暮らしだった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(5,6日単位・レベル)

不祥事は想像力の欠如

【治安解説】
212

 京都大の入試問題がインターネットの質問掲示板に投稿された事件で逮捕された仙台市の予備校生は、犯行の動機について「母親を安心させたかった」と供述しているという。

 母子家庭で、京大受験時には早稲田大に合格していたとみられているが、早稲田に比べて国立の京大の方が学費が安いためという経済的な理由だった。

 5日のTBSラジオ「永六輔の土曜ワイド」で「想像力」を話題にしていた。今回の事件で予備校生は結果を予測する力、つまり想像力に欠けていたのではないかというのだ。永さんは、多くの事件の犯人には、それが見られるという。そしてゲストのピーコさんは、その想像力を養うのにはラジオや読書が良いと言う。

 確かに今の若者は読書を嫌い子供の時からラジオではなくテレビっ子で育てられ、想像力を養うという手段を遠ざけ、環境的にもそうだった。

 永さんの言う、「他の事件でも…」は確かに的を得た話である。特に警察官もそうだが不祥事などはまさに好例である。

 例えば、今回懲戒免職処分された滋賀県警組織犯罪対策課の男性警部(52)の場合はまさにそれだろう。なにしろ、昨年12月の歳末警戒中に、現行犯逮捕された女性の酒気帯び運転の車に同乗していたというのだ。言語道断である。

 警察官は事件の犯人を「捕まえる」のが職業。自分が捕まる側になるのは本末転倒。どうして「結果」と言う想像力が働かないのか?甚だ疑問である。

 4日夜、東京・北区の路上で帰宅途中の男性がナイフとスタンガンをもった男に襲われ、20万円が入った財布を奪われるという路上強盗事件があった。体感治安に影響する事案だが、報道が静かなので「レベル2(ブルー)」とする。
 家庭や家族に起因する事件簿http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat22497071/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

“遺体の扱いに困って遺棄”(5日)

熊本市のスーパーで3歳の女の子が行方不明になり、近くの水路から遺体で見つかった事件で、死体遺棄の疑いで逮捕された大学生の男は、「殺害したあと、遺体の扱いに困って遺棄した」と供述していることが、警察への取材で分かりました。

3日夜、熊本市のスーパー「ビック・ザ・ビックエース清水バイパス店」で、家族と一緒に買い物に来ていた、保育園児の清水心ちゃん(3)が、店内のトイレに1人で行ったあと行方が分からなくなり、4日、およそ800メートル離れた水路の中から遺体で見つかりました。死体遺棄の疑いで逮捕された、熊本市の大学2年生、山口芳寛容疑者(20)は、警察の調べに対し、「トイレの中で女の子に騒がれたので、首を絞めて殺害し、遺体を川まで運んだ」と供述しています。その後の調べで、山口容疑者は「殺害したあと、遺体の扱いに困って遺棄した」と供述していることが、警察への取材で新たに分かりました。これまでの調べによりますと、山口容疑者は、店を出てから20分余りで遺棄したとみられています。警察は犯行の動機や遺体を運んだ詳しい状況について、さらに調べています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110305/k10014470921000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・北区で路上強盗、財布奪い逃走(5日)

 4日夜、東京・北区の路上で帰宅途中の男性がナイフとスタンガンをもった男に襲われ、現金が入った財布を奪われました。警視庁は、強盗事件として逃げた男の行方を追っています。

 4日午後11時過ぎ、北区赤羽台の路上で帰宅途中の30代の男性が後ろから来た男に道を尋ねられ、振り向いたところいきなり顔面を殴られました。

 男はナイフとスタンガンを出して男性を脅し、男性が持っていた財布を奪い、走って逃げました。男性は顔に軽傷を負いました。

 警視庁によりますと、財布の中には現金20万円が入っていたということです。警視庁は、強盗事件として逃げた男の行方を追っています

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4665563.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

熊本市3歳女児遺体発見事件 逮捕した20歳大学生、女児連れ去った店内を4時間歩き回る(5日)

熊本市のスーパーで3歳の女の子が行方不明になり、遺体で見つかった事件で、警察は5日朝から、死体遺棄の容疑で逮捕した20歳の大学生の男の取り調べを続けている。
近くの男性は「かわいそうですよ。あってはいけない、こういうことは。絶対あってはいけない、こういうことは。絶対いけない」と話した。
この事件は3日午後8時ごろ、熊本市高平のスーパーに買い物に来ていた清水 心(ここ)ちゃん(3)が、1人でトイレに行ったあと行方不明になっていたもので、警察は、防犯カメラに映っていた熊本市兎谷の熊本学園大学2年・山口芳寛容疑者(20)の身柄を確保、供述に基づき捜索したところ、4日夕方、近くの坪井川で心ちゃんの遺体を発見し、山口容疑者を死体遺棄の疑いで逮捕した。
警察は4日夜、山口容疑者の自宅の家宅捜索を行い、遺体を運んだとみられる自転車や、遺体を入れていたとみられるリュックサック、犯行時に身に着けていた洋服なども押収するとともに、山口容疑者は、店内をおよそ4時間歩き回っていたこともわかった。
警察は5日朝から心ちゃんの司法解剖を行い、死因を調べるとともに、山口容疑者の取り調べも午後から再開し、殺人容疑についても調べを進めることにしている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00194176.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

覆面パトから逃げる車に衝突され、女性が死亡(5日)

4日午後8時45分頃、栃木県足利市上渋垂町の県道で、パトカーに追跡されていた盗難車が対向車線に飛び出し、近くに住む牧島愛子さん(42)の乗用車に衝突。

牧島さんは胸などを強く打ち死亡した。足利署は盗難車を運転していた自称宇都宮市双葉、無職鈴木雅之容疑者(46)を自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕し、容疑を同致死に切り替えて調べている。

 発表によると、同日午後8時半頃、同県佐野市高橋町の国道50号で、県警機動捜査隊の覆面パトカーが、盗難届の出ている乗用車を発見した。追跡して停止を呼びかけたが、盗難車は時速約100キロ前後で逃走。パトカーは約4キロ走ったところで追跡を断念したが、そこから約1キロ先の県道で鈴木容疑者が衝突事故を起こしているのを見つけた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

入試ネット投稿:「母を安心させたかった」予備校生供述(5日)

京都大の入試問題が試験時間中にインターネットの質問掲示板「ヤフー知恵袋」に投稿された事件で、京都府警は5日、偽計業務妨害容疑で逮捕された仙台市の男子予備校生(19)が「母親を安心させたかった」と供述していることを明らかにした。予備校生は約2年前に父親を亡くし母子家庭だった。京大受験時には早稲田大に合格していたとみられるが、京大の方が学費が安いため、府警は不正行為の背景に経済的な事情があるとみて調べる。

 容疑は2月26日に実施された京大の英語の入試で、携帯電話を使い掲示板に試験問題を投稿。閲覧者に回答してもらうなどして、公正な入試の実施を害したり混乱させたりして大学の業務を妨害したとされる。

 府警によると、予備校生は3日に逮捕された際、携帯電話と財布しか持っておらず、所持金は1000円ほどだった。逮捕前日は「仙台市内のホテルに泊まった」と話しているという。

 府警は5日午前、同容疑で予備校生を京都地検に送検した。【望月亮一】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110305k0000e040050000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒気帯び同乗警官を懲戒免 滋賀県警(5日)

滋賀県警組織犯罪対策課の男性警部(52)が昨年12月の歳末警戒中、酒気帯び運転の車に同乗していた問題で、県警は4日、道路交通法違反の疑いで、警部を書類送検し、懲戒免職処分にした。所属先の課長は本部長注意処分とした。

 送検容疑は、昨年12月22日夜、近江八幡市で、酒気帯び運転で現行犯逮捕された知人女性(39)の車に同乗した疑い。警部は「大変申し訳ない」と容疑を認めており、それまでに何度か同様の行為を行ったと供述しているという。

 県警監察官室によると、2人は22日、近江八幡市内の居酒屋に女性の車で行き、午後7時半から3時間酒を飲んだ後、車で移動していた。懲戒免職処分の理由には、知人女性との不倫関係も含まれるという。

 村瀬孝首席監察官は「誠に遺憾。再発防止に努める」とコメントした。

47newslogo1 http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20110304000149

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ノミ行為の疑い 男ら6人逮捕 (5日)

東京・大田区に店を構え、競艇や競輪のレースでノミ行為をしたとして、69歳の男ら6人が警視庁に逮捕されました。

 モーターボート競走法違反などの疑いで逮捕されたのは、店長の入江嘉洋容疑者(69)と従業員の本村光浩容疑者(41)ら6人です。入江容疑者らは2日、店内に設置された6台のモニターに各地の競艇や競輪レースを流し、客に1口100円で申し込みをさせた疑いが持たれています。

 警視庁によりますと、これまでにおよそ2500万円の売上げがあったということで、警視庁は店の売上げが暴力団に流れていた可能性もあるとみて調べています。取り調べに対し、入江容疑者らはいずれも容疑を認めているということです

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4665014.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官など装い、だまし取ったキャッシュカードで現金124万円を盗んだとして男3人逮捕(5日)

警察官などになりすまし、「キャッシュカード情報が漏れている」などとうそを言ってだまし取ったキャッシュカードを使い、現金124万円を盗んだとして、男3人が山梨県警に逮捕された。
逮捕されたのは、埼玉・川口市の無職・塩島克巳容疑者(25)ら男3人。
塩島容疑者らは2010年12月、警察官や金融庁の職員を装い、「キャッシュカードの情報が漏れているので暗証番号を変えたほうがいい。カードを預かりに伺います」などとうそを言って、山梨・甲府市に住む80代の女性からキャッシュカードをだまし取り、現金124万円をATM(現金自動預払機)で引き出し盗んだ疑いが持たれている。
同様の手口の詐欺事件が高知県などでも発生していることから、警察は、余罪があるとみて調べることにしている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00194154.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

入試ネット投稿:股間に携帯、片手で操作 文字を手打ち(5日)

京都大の入試問題投稿事件で偽計業務妨害容疑で逮捕された仙台市の予備校生(19)が、京都府警の調べに対し「自席の机の下で、股の間に隠した携帯電話から投稿した」と説明していることが4日、府警への取材で分かった。同志社、立教、早稲田の3私大の入試中にも「掲示板に投稿した」と供述。予備校生の携帯電話は投稿に使われた1台だけで、撮影した画像を文字化する機能のない一般的な機種であることも捜査で分かり、単独で文字を手打ちして投稿した可能性が高まった。

 京都府警は、予備校生が説明した方法で、周囲に気付かれずに携帯電話を操作できるか確認するため、受験した教室の座席や試験監督の配置状況などを踏まえて再現実験をする方針。試験監督からも事情を聴く。

 府警によると、予備校生は2月26日にあった京大の英語の試験中、机の下で股の間に挟むような形で携帯電話を隠し、片手で操作したという趣旨の説明をしている。視線を下に落として携帯電話の画面を確認し、掲示板に寄せられた回答をもう一方の手に持った鉛筆などで答案に書き写したとみられる。

 京大によると、英語の試験は110の教室で約8000人が受験し、試験監督は約400人。受験者40人程度の教室に2、3人、最も大きい300人弱の教室には約10人を配置していたという。隣り合う受験生同士は1人分の間隔を置いて着席。予備校生が受験した教室の大きさや受験者数、試験監督の数は明かしていない。

 府警は5日、予備校生を京都地検に送検する。【太田裕之、林哲平】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110305k0000m040145000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

減らない子供への強制わいせつ被害(5日)

今回の事件では、山口芳寛容疑者(20)はわいせつ目的で心ちゃん(3)に近づいた可能性が高い。子供に対する性犯罪被害をめぐっては、警察当局が対策を強化しているが、被害は横ばい傾向が続いている。

 警察庁によると、平成22年に全国で強制わいせつの被害に遭った13歳未満の子供は前年比127人増の1063人(うち6歳未満は67人)。15年の2087人からほぼ半減しているが、18年以降は微増減を繰り返している。

関連記事

記事本文の続き こうした下げ止まり傾向を受け、警察庁は子供や女性を性犯罪の被害から守るため、21年春に全国の警察に「子ども女性安全対策班」を設置。性犯罪の前兆とみられる声かけやつきまとい行為者の摘発、警告などに取り組んでいる。

 なかでも子供に対する性犯罪は再犯率が高いことを受け、今年4月からは出所者の所在確認を強化、同意を得たうえで訪問や面談を実施する方針を決定。一方で、宮城県と大阪府が性犯罪の前歴者にGPS(全地球測位システム)機能付き携帯電話の所持を義務付ける条例の制定を検討するなど、再犯の防止をめぐる議論も高まっている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女児遺棄の容疑者、1年秋から大学に姿見せず(5日)

女児遺棄事件を受け、山口芳寛容疑者(20)が通う熊本市の熊本学園大は4日夜、緊急記者会見を開いた。

 岡本

悳也

(

とくや

)

学長は何度も頭を下げ、「大変驚いた。学生が重大な問題を引き起こし、被害者の方に申し訳ない。早急に交友関係や学園生活の実態を把握したい」と謝罪した。

 同大などによると、山口容疑者は推薦入学で同大社会福祉学部福祉環境学科に入学したが、1年生の秋頃から学校には姿を見せなくなったという。

 自宅近くに住む60歳代の男性によると、山口容疑者は4人家族で両親と弟と暮らしているという。男性は「以前は礼儀正しく、明るくあいさつをする子供だったが、最近1年間は姿を見かけなかった」と話していた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察公表前にネットで情報拡散 熊本・女児遺棄事件(5日)

 熊本市で3歳の女児が行方不明になり、遺体で見つかった事件では、簡易投稿サイト「ツイッター」で、被害者の着衣の特徴など、事件に関する書き込みが相次いだ。

 熊本県警が記者会見をして、事件が明るみに出たのは4日午後3時15分。その約6時間前の午前9時ごろとみられる投稿では、子どもが熊本市内のスーパーで3日午後8時ごろに行方不明になった事実関係が書き込まれた上で、「ツイッター上で呼びかけて」と記されていた。

 「熊本市内の皆様へ」の書き出しで始まる別の投稿では、「身長100センチ・髪肩まで・上が白で赤ちゃん柄」など、清水心(ここ)ちゃんの背格好や着衣の特徴を記した上で、「ビッグザビッグで19時30分頃不明。見つけられたら警察まで」としていた。「先ほど会社に警察の方が来られて」という書き込みもあった。

 誘拐事件が発生したとき、被害者の安全を確保する目的で、警察は報道機関に取材や報道の自粛を求める場合がある。熊本県警の要請を受け、地元の報道各社は4日午前から協議を始めていた。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

八百長関与、20人超の可能性 3力士が具体名挙げる(5日)

 大相撲の八百長への関与を認めている3人の力士らが、日本相撲協会の特別調査委員会(座長=伊藤滋・早大特命教授)の聞き取りに対し、疑惑が持たれている14人のほかに数人の具体的な力士名を挙げ、「八百長にかかわった」と話していることが4日、わかった。関与が疑われる力士らは、計20人を超える可能性が出てきた。

 八百長問題では、竹縄親方(元幕内春日錦)、十両千代白鵬、幕下恵那司が協会に関与を認めている。関係者によると、この3人は調査委のこれまでの事情聴取に、自分らを含め携帯電話のメールで名前が挙がった14人のほかに数人がかかわっていると証言したという。

 八百長関与が疑われる力士の数については、伊藤座長もこの日、国技館であった調査委の会合後、報道陣に対し「(関与が疑われる)グレーはたくさんいる」と述べ、さらに増える可能性を示唆した。調査委は、14人以外に名前が挙がった力士らについても、今後さらに詳しく事情を聴くなどして調べを進めることにしている。

 一方、調査委が力士ら10人から提出を受けた携帯電話のうち、専門業者に解析を依頼している数台について、伊藤座長は「(解析作業に)まだ1カ月以上かかる」との見通しを示した。伊藤座長は「携帯電話で出てくる事実が一番重い。なるべく携帯に固執したい」と述べた。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月4日 | トップページ | 2011年3月6日 »