« ネット犯罪に対応 改正案に懸念も(13日) | トップページ | 覚醒剤押収量、アフリカから21倍増…東京税関(13日) »

2011年2月13日 (日)

ひき逃げ後、妻を身代わりにする? 容疑で静岡県警警部補を逮捕(13日)

追突事故を起こして逃走し、妻を身代わりにしたとして、静岡県警静岡中央署は13日、自動車運転過失傷害と犯人隠避教唆などの疑いで、県警富士署刑事2課警部補、高田喜敬(きけい)容疑者(46)=静岡市葵区西瀬名町=を逮捕した。県警によると、高田容疑者は事故を起こしたことは認めているが、「(逃げたわけではなく、相手の)車を探していた」などと容疑を一部否認しているという。

 県警によると、高田容疑者は12日午後7時ごろ、同区南瀬名町の県道交差点を乗用車で右折する際、男性会社員(55)=焼津市=の乗用車に追突。そのまま逃走し、自宅から呼び寄せた妻に身代わりを頼んで事故現場に向かわせ、警察官にうその説明をさせた疑いが持たれている。

 男性と同乗の女性会社員(40)=静岡市=はいずれも約1週間のけが。高田容疑者の車には、中学生の息子が同乗していたが、ともにけがはなかった。

 この日、高田容疑者は非番で、息子のテニスの試合からの帰りだったという。妻の説明が現場の状況とかみ合わなかったため、静岡中央署員が問いただしたところ、妻が「警察官の夫が運転していた」と説明。身代わりが発覚した。

同署員が事故後に帰宅していた高田容疑者に任意同行を求めた際、高田容疑者の呼気から1リットル中0・15ミリグラム以上のアルコールを検出。同署は酒気帯び運転の可能性も視野に捜査を進めており、妻からも犯人隠避容疑で事情を聴いている。

 高田容疑者は「妻が(自分の話を)どう取ったか分からない」とも供述。身代わりを依頼したことを否定しているという。

 県警の岩崎敏警務部長は「誠に遺憾で、被害者と県民におわびする。再発防止と信頼回復のため、規律強化を図っていく」とコメントした。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110213/crm11021309440002-n2.htm

 

« ネット犯罪に対応 改正案に懸念も(13日) | トップページ | 覚醒剤押収量、アフリカから21倍増…東京税関(13日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひき逃げ後、妻を身代わりにする? 容疑で静岡県警警部補を逮捕(13日):

« ネット犯罪に対応 改正案に懸念も(13日) | トップページ | 覚醒剤押収量、アフリカから21倍増…東京税関(13日) »