« 特捜事件の可視化、自白確認場面のみ 最高検が方針(22日) | トップページ | カード式ロック:ホテル窃盗被害20件 容疑の中国人逮捕(22日) »

2011年2月22日 (火)

DV被害で転居したのに…住民票を夫に誤交付(22日)

兵庫県姫路市は21日、夫から家庭内暴力(DV)の被害を受けた女性の転居先の住民票を、誤って夫に交付したと発表した。

市は精神的な苦痛を与えたとして、女性に慰謝料30万円を支払うことで同日、示談が成立した。

 市によると、女性は夫から逃れるため転居後の昨年9月、住民基本台帳法に基づいて交付制限を申し出た。しかし、10月1日、夫が窓口で女性の住民票の交付を申請した際、臨時職員が端末画面に制限を示す警告が出ていたのを見落として、住民票を渡したという。翌日、夫が女性の新住所を訪ね、女性が通報した姫路署から市に連絡があった。

 

« 特捜事件の可視化、自白確認場面のみ 最高検が方針(22日) | トップページ | カード式ロック:ホテル窃盗被害20件 容疑の中国人逮捕(22日) »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50938059

この記事へのトラックバック一覧です: DV被害で転居したのに…住民票を夫に誤交付(22日):

« 特捜事件の可視化、自白確認場面のみ 最高検が方針(22日) | トップページ | カード式ロック:ホテル窃盗被害20件 容疑の中国人逮捕(22日) »