« 2月27日午前9時48分、岐阜県飛騨で震度3の地震 津波の心配なし(27日) | トップページ | 仙台の消防署で防火服盗難、制帽や手袋も(27日) »

2011年2月27日 (日)

母の遺体を風呂場に放置し損壊の疑い 長女を逮捕(27日)

茨城県つくば市で去年9月、83歳の女性が自宅風呂場で殺害されて見つかった事件で、警察は、同居する47歳の長女を死体損壊などの疑いで逮捕しました。

 つくば市の会社員・本山真百美容疑者(47)は、去年8月上旬から約1カ月にわたって母親のツヤさん(当時83)の遺体を風呂場に放置したうえ、刃物のようなもので傷をつけた疑いが持たれています。警察によると、真百美容疑者は「洗い場に居たのは知っていたが、そのような覚えはない」と容疑を否認しています。遺体には複数の傷があり、死因は胸を刺された失血死と断定されています。警察は、2人の間に何らかのトラブルがあったとみて慎重に調べを進めています。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210227003.html

 

« 2月27日午前9時48分、岐阜県飛騨で震度3の地震 津波の心配なし(27日) | トップページ | 仙台の消防署で防火服盗難、制帽や手袋も(27日) »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母の遺体を風呂場に放置し損壊の疑い 長女を逮捕(27日):

« 2月27日午前9時48分、岐阜県飛騨で震度3の地震 津波の心配なし(27日) | トップページ | 仙台の消防署で防火服盗難、制帽や手袋も(27日) »