« 巡査長、酒気帯びで当て逃げ…父親が身代わりに(10日) | トップページ | 茨城県警:酒気帯び当て逃げ容疑の巡査長 懲戒免職に(11日) »

2011年2月10日 (木)

比逃亡の小向美奈子容疑者、闇組織が手引き…海路で上陸か(10日)夕刊フジ

逃亡の手引きをしているのは闇組織か-。フィリピン・マニラに“潜伏中”とみられているタレント、小向美奈子容疑者(25)=覚せい剤取締法違反(譲り受け)容疑で逮捕状=が、11日の成田便のチケットを現地でキャンセルしていたことが分かった。観光ビザが切れる10日までに出国しなければ不法滞在となるが、小向容疑者はこのままマニラに滞在を続けるのか。(夕刊フジ

 関係者によると、マニラにある航空会社の店舗に9日、小向容疑者を名乗る女性が訪れ、11日の成田行きのチケットをキャンセルしたという。その後、新たな便を予約したかどうかは分かっていない。

 捜査関係者によると、小向容疑者は1月21日に出国。渡航先はフィリピン・マニラだった。観光目的による「査証免除」での渡航で、フィリピンに滞在できるのは21日間。1月21日を起点にすると、10日で期限が切れ、その後、延長の手続きを取らなければ、不法滞在になる。

 そもそも、捜査当局が内偵していたとされる小向容疑者は、どうやってマニラに上陸していたのか。

 「指定暴力団などの息がかかった“高飛び”を斡旋する闇組織がパイプを持っているようだ。近年、フィリピン政府は出入国管理を厳しくしているが、“袖の下”として50万ペソ(約120万円)をつかまされ、入国させた係官の不正疑惑を国会で追及した議員もいる」(六本木の事情通)

 昨年、都内でイラン国籍の男らから覚醒剤を購入した疑いがあるとして逮捕状を請求している警視庁では、小向容疑者が帰国次第、同法違反容疑で取り調べを行うが、現時点ではいつ帰国するか不明だ。

 小向容疑者をめぐっては国外逃亡前に北九州での目撃情報もあり、出入国管理が空港より手薄な海路で上陸した可能性もある。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110210/crm11021021090031-n1.htm

 

« 巡査長、酒気帯びで当て逃げ…父親が身代わりに(10日) | トップページ | 茨城県警:酒気帯び当て逃げ容疑の巡査長 懲戒免職に(11日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50831861

この記事へのトラックバック一覧です: 比逃亡の小向美奈子容疑者、闇組織が手引き…海路で上陸か(10日)夕刊フジ:

« 巡査長、酒気帯びで当て逃げ…父親が身代わりに(10日) | トップページ | 茨城県警:酒気帯び当て逃げ容疑の巡査長 懲戒免職に(11日) »