« 農水省係長を逮捕、電車内で痴漢容疑(23日) | トップページ | 信号待ちタクシーの窓ガラス割り…かばん奪い逃走(23日) »

2011年2月23日 (水)

逮捕の男 かばんの血痕が一致(23日)

先月、東京・目黒区の住宅で80代の夫婦が殺傷された事件で逮捕された65歳の男のかばんに血痕が付着し、DNA鑑定の結果、被害者の男性のものと一致したことが警視庁への取材で分かりました。警視庁は、男が男性を殺害したことを裏づける重要な証拠とみて調べています。

この事件は、先月10日、東京・目黒区上目黒の住宅で大原道夫さん(87)が刃物で刺されて死亡し、妻もけがをしたもので、福島県いわき市に住む自称、無職の木村義昭容疑者(65)が10日、殺人などの疑いで逮捕されました。警視庁によりますと、木村容疑者は、逮捕当時の調べに対して「高級住宅地で金をとろうと思ったが、抵抗されたので刺した」と供述していましたが、今は黙秘しているということです。これまでの調べで木村容疑者が事件の際に身に着けていた衣服や靴は見つかっておらず、警視庁は、証拠隠滅を図ったとみて、木村容疑者の自宅を捜索するなど、容疑の裏づけを進めてきました。その結果、押収された木村容疑者のかばんに血痕が付着し、DNA鑑定を行ったところ、大原さんのものと型が一致したことが分かりました。警視庁は、木村容疑者が大原さんを殺害したことを裏づける重要な証拠とみて、さらに調べることにしています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110223/k10014249611000.html

 

« 農水省係長を逮捕、電車内で痴漢容疑(23日) | トップページ | 信号待ちタクシーの窓ガラス割り…かばん奪い逃走(23日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逮捕の男 かばんの血痕が一致(23日):

« 農水省係長を逮捕、電車内で痴漢容疑(23日) | トップページ | 信号待ちタクシーの窓ガラス割り…かばん奪い逃走(23日) »