« 無人の会社で放火か オートバイや自転車燃える(22日) | トップページ | カーナビ、ケータイ狙い窃盗106件 男ら5人を最終送検(22日) »

2011年2月22日 (火)

ドコモ携帯横流し、販売代理店元店長ら取り調べ始まる 逮捕へ 400台以上か(22日)

NTTドコモ(東京都千代田区)の販売代理店が正規の手続きを経ずに他人名義の携帯電話を不正に提供したとして、警視庁捜査2課は22日、業務上横領の疑いで、販売代理店元店長(31)と職業不詳の男(33)らの取り調べを始めた。容疑が固まり次第、逮捕する方針。男の要求により不正に提供された携帯電話は平成19年以降、少なくとも計400台に上るとみられ、代理店側は違法性を認識しながら契約を繰り返していた疑いがある。

 男が入手した携帯電話は契約者と利用者が結びつかない「飛ばし」と呼ばれ、転売されたり、振り込め詐欺などの犯罪に悪用された可能性があり、同課で詳しい経緯を調べる。

 捜査関係者によると、元店長らは共謀のうえ、第三者に譲渡するなどの目的であることを知りながら、19年8月以降、身分証などの本人確認を行わずに携帯電話数台を交付し、横領した疑いが持たれている。

 男は代理店の元店員を通じ、当時現職だった代理店元店長に接触。暴力団関係者を名乗り、第三者名義で携帯電話の機種変更や新規契約を要求した。男が代理人として契約申請する際に必要な運転免許証などの身分証を示さなかったため、元店長は当初、要求を拒否した。しかし、店内に長時間居座るなどの妨害を受け、元店長の独断で、男や名義人の本人確認を行わずに申請手続きに応じるようになったという。

 男は同様の手口で、いずれも都内にあるドコモ代理店数店舗から400台以上の携帯電話を不正に入手していたとみられる。契約上の名義人から代理店側に「身に覚えのない契約が交わされている」との苦情があったことから不正が発覚したという。

 18年に施行された携帯電話不正利用防止法では、契約時に契約者や代理人の本人確認を義務付け、事業者も監督責任を負うと定めている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110222/crm11022211240007-n1.htm

 

« 無人の会社で放火か オートバイや自転車燃える(22日) | トップページ | カーナビ、ケータイ狙い窃盗106件 男ら5人を最終送検(22日) »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50939992

この記事へのトラックバック一覧です: ドコモ携帯横流し、販売代理店元店長ら取り調べ始まる 逮捕へ 400台以上か(22日):

« 無人の会社で放火か オートバイや自転車燃える(22日) | トップページ | カーナビ、ケータイ狙い窃盗106件 男ら5人を最終送検(22日) »