« 女性死亡:36歳の男を殺人容疑で緊急逮捕 北九州市(20日) | トップページ | 重体患者より「先に診ろ」…院内暴力が深刻化(20日) »

2011年2月20日 (日)

振り込め詐欺:三重銀星川支店の女子行員3人、被害を未然に防止 /三重(20日)

桑名市星川の三重銀行星川支店(鈴木博美支店長)で先月、厚生労働省の職員をかたる男に「お金が戻るから」と指示され訪ねてきた女性を行員3人が説得、「振り込め詐欺」の被害を未然に防いでいたことが分かった。同支店では「高齢者を狙う新しい手口が次々と出てくる。おかしいなと思ったらまず身近な人に相談を」と呼びかけている。

 同支店によると、先月中旬、チラシを持った女性が「どうしたらいい」と来店し、行員の高橋ひとみさん(26)と森田登紀さん(46)が応対した。85歳だという女性が「厚労省の職員から電話で『10月に、お金が返ってくる内容の手紙を出した』と言われた」と見せたチラシの裏に、同支店の住所とともに、振り込み先の別の銀行口座番号やキャッシュカードの暗証番号、相手の電話番号と名前など、女性が記したメモが書いてあった。

 高橋さんらは、同行本部から送られてきた「還付金詐欺」の内容とピタリと当てはまるため、機転を利かし詳しく話を聞いた。女性はお金が戻ってくると信じており、鈴木支店長も加わり3人で本部からの文章を見せるなどして、お金を振り込まないよう約30分間にわたり説得した。

 最初は「これは振り込め詐欺とは違う」と言っていた女性も最後には「娘に相談する」と言って帰ったという。鈴木支店長は「私たちが対応したことで、被害に遭わずよかった」と話していた。

 桑名署管内では昨年、振り込め詐欺の被害が8件発生し、約642万円の被害があった。【沢木繁夫】

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20110219ddlk24040192000c.html

 

« 女性死亡:36歳の男を殺人容疑で緊急逮捕 北九州市(20日) | トップページ | 重体患者より「先に診ろ」…院内暴力が深刻化(20日) »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50920621

この記事へのトラックバック一覧です: 振り込め詐欺:三重銀星川支店の女子行員3人、被害を未然に防止 /三重(20日):

« 女性死亡:36歳の男を殺人容疑で緊急逮捕 北九州市(20日) | トップページ | 重体患者より「先に診ろ」…院内暴力が深刻化(20日) »