« 日韓密航5百人超 主犯格を入管法違反容疑で国際手配へ(28日) | トップページ | 京大入試ネット流出、偽計業務妨害容疑で捜査へ(28日) »

2011年2月28日 (月)

中国、デモ封じ込め…日本人カメラマンら拘束(28日)

【北京=大木聖馬、ウルムチ=関泰晴】中国の胡錦濤政権は27日、中東や北アフリカの民衆抗議行動に倣い、中国各都市で2週連続で呼びかけられた民主化要求集会を、圧倒的な警察力による厳戒態勢で抑え込んだ。

 ただ、ネットでは日曜ごとの行動が呼びかけられており、政権は3月5日開幕する全国人民代表大会(全人代=国会)を控え、警戒強化を続ける構えだ。

 海外あるいは香港発とみられる呼びかけは、前回20日の13都市から27市に拡大した。「我々が欲しいのは、食べ物、仕事、住宅、公平、正義だ。一党独裁の終結、報道の自由を要求する」などとの内容は、政権が絶対に容認できないものだ。

 27日午後、指定場所となった北京の繁華街・

王府井

(

ワンフーチン

)

では、制服・私服の警官1000人以上が警戒し、一帯を封鎖。散水車4両が道路に水をまいて清掃作業したり、警官が歩行者を立ち止まらせないよう指示したりした。上海の指定場所でも清掃作業が行われ、水をかけられるなどした群衆数千人が警官隊を取り囲む騒ぎも起きた。現場で取材していた日本人カメラマンや、写真撮影した中国人が拘束され、香港メディアなどによると、各地で計約10人が連行された。

 

« 日韓密航5百人超 主犯格を入管法違反容疑で国際手配へ(28日) | トップページ | 京大入試ネット流出、偽計業務妨害容疑で捜査へ(28日) »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国、デモ封じ込め…日本人カメラマンら拘束(28日):

« 日韓密航5百人超 主犯格を入管法違反容疑で国際手配へ(28日) | トップページ | 京大入試ネット流出、偽計業務妨害容疑で捜査へ(28日) »