« 女性店員が包丁強盗を一喝、連係で63歳男逮捕(27日) | トップページ | DNA資料を家族に要請 NZ当局、身元確認へ(28日) »

2011年2月27日 (日)

ネット流出“横行の可能性”(27日)

京都大学や同志社大学などの入学試験で、問題の一部が試験中にインターネットの掲示板に投稿され、解答を教えて欲しいという書き込みがあった問題について、情報通信工学が専門の神戸大学の森井昌克教授は「今回は誰もが見られるサイトに掲載されたため明るみになったが、個人どうしのメールのやり取りなどで問題が流出するケースはすでに横行している可能性もある」と指摘しています。

今回の問題で森井教授は、受験生が試験時間中に投稿したとすれば、次の2つの方法が考えられるとしています。1つ目は、受験生が携帯電話かスマートフォンを使って、その場で直接、問題文を打ち込む方法です。ただ、この方法では、操作に慣れた人でも入力に時間がかかり、今回のように、数分の間隔で次々に、しかも周囲に気づかれずに問題文を打ち込むのは、かなり難しいとしています。2つ目は、受験生が携帯電話かスマートフォンで問題用紙を撮影し、試験会場の外にいる第三者に送信して、第三者が質問を投稿する方法です。写真を撮るだけであれば、別の問題用紙などで手元を隠して、短い時間で周囲に気づかれないように送ることもありうるとしています。また、スマートフォンの場合、スピーカーの部分を指などで塞げば、撮影の際のシャッター音を周囲に聞こえないようにすることもできるとしています。そのうえで、森井教授は「今回は、『Yahoo!知恵袋』という誰もが閲覧できる場所に掲載されたため明るみになったが、個人的にメールでやり取りするなどして回答を聞き出すようなケースは、すでに横行している可能性もある」と指摘しました。森井教授は、入試の監督官を務めたみずからの経験から、試験時間中に数十人の受験生の手元まで一瞬も欠かさずチェックすることは不可能だとしています。そのうえで、こうした問題を防ぐには、2004年に携帯電話のメールを使って回答を受け取るなど大がかりな不正が発覚した韓国と同じように、試験会場への一切の携帯端末の持ち込みを禁止するなど、抜本的な対策が必要だとしています。ただ、本当に持ち込まれていないか確認する「ボディーチェック」の態勢を整備できるか課題も多く、今後、議論が必要だとしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110227/k10014332811000.html

 

« 女性店員が包丁強盗を一喝、連係で63歳男逮捕(27日) | トップページ | DNA資料を家族に要請 NZ当局、身元確認へ(28日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50987216

この記事へのトラックバック一覧です: ネット流出“横行の可能性”(27日):

« 女性店員が包丁強盗を一喝、連係で63歳男逮捕(27日) | トップページ | DNA資料を家族に要請 NZ当局、身元確認へ(28日) »