« 北海道警おとり捜査、原告・道双方の控訴棄却(24日) | トップページ | 東京・練馬区で1時間に連続4件のひったくり事件 現場付近で2月に入り同様事件相次ぐ(24日) »

2011年2月24日 (木)

倒壊の語学学校ビルから数人の遺体 日本隊が救助開始(24日)

 【クライストチャーチ=藤谷健】日本の国際緊急援助隊は24日早朝、ニュージーランド南部カンタベリー地区で起きた地震で被害が最も大きかった中心都市クライストチャーチに到着、富山外国語専門学校生ら約20人の日本人を含む100人以上が閉じこめられたとみられるカンタベリーテレビ(CTV)ビルで捜索活動を開始した。地元警察は、がれきから数人の遺体が見つかったと説明した。

 警察などは23日、近隣の建物が倒壊する危険性があることなどから活動を中断していた。警察の広報担当者は、見つかった数人の遺体の身元は確認できておらず、国籍なども不明という。60~120人が閉じ込められているとみられるが、「生存者のいる兆候はない」との見方を示した。現場は倒壊が激しく、これまでに火災もあった。

 この日は日本のほか、オーストラリアやシンガポール、台湾などの救援捜索隊が到着し、活動を始めた。対策本部は、生存者の捜索活動を市内中心部から郊外に広げているが、前日以来、新しい救出はなく、がれきの下での生存可能性が急激に低くなる72時間の期限が次第に迫っている。

 警察の広報担当者は24日午後の記者会見で、76人の死亡が確認されたほか、身元確認がまだされていない遺体が数体あると述べた。その上で、今後、死者の数が増えるだろうとの見方を示した。行方不明者は238人いるという。

 CTVビルにあった語学学校キングスエデュケーションは24日朝現在の同校関係者の安否情報をウェブで公表。日本人のほか、タイやインドネシア、韓国などからの多くの留学生も巻き込まれた可能性があることを示した。

 一方、被災した富山の専門学校生の家族らが、同行する教員とともに、24日午後(日本時間同日午前)、クライストチャーチの国際空港に到着した。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 北海道警おとり捜査、原告・道双方の控訴棄却(24日) | トップページ | 東京・練馬区で1時間に連続4件のひったくり事件 現場付近で2月に入り同様事件相次ぐ(24日) »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倒壊の語学学校ビルから数人の遺体 日本隊が救助開始(24日):

« 北海道警おとり捜査、原告・道双方の控訴棄却(24日) | トップページ | 東京・練馬区で1時間に連続4件のひったくり事件 現場付近で2月に入り同様事件相次ぐ(24日) »